イェルサリム大主教聖キリール教訓/第二講話

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
wikisource:宗教 > イェルサリム大主教聖キリール教訓

正教のおもなる定理[編集]

<< 神の子の事。 >>

どくいつかみちちしんずるをまなたるものは、どくせいをもしんぜんことをようす。けだし『こばものちちをもたず』〔イオアン一書二の二十三〕といへばなり。イイススいはく『われもんなり』〔イオアン十の九〕。『たれわれによらずしてはちちいたるものあらず』〔イオアン十四の六〕といへり。さらばもしもんつるときは、ちちいたるのしきなんじためざされん、『およけいしするものほかちちものなし』〔マトフェイ十一の二十七〕といへり。さらばもしけいしあたふるものこばむときは、むちにしてそんせん。ふくいんきょうにはだんていしていへり、いはく『しんぜざるものいのちじ、かえりかみいかりはかれうえとどまる』〔イオアン三の三十六〕。

たれけいけんにしてかみそんぽうせんとほっせば、かならずはいすべし、しからずんば、ちちはそのつとめをうけざらん。ちちてんよりたいせいげて『これあいしよろこところなり』〔マトフェイ三の十七〕といへり、ちちよろこたまへり。もしなんじよろこばずんばおのれにいのちたざらん……

ハリストスはかみどくせいにして、せかいぞうぶつしゅなり。けだしふくいんしゃわれらをおしふるがごとし、いはく『かれにあり、かれもっつくられたり。かれおのれりょうぶんのぞめり』〔イオアン一の十、十一〕。しかれどもハリストスはちちうなづきにより、ただゆるものぞうぶつしゅなるのみならず、えざるものぞうぶつしゅなり。けだししとふがごとし、いはく『ばんぶつかれよつつくられたり、てんにあるもの、にあるもの、ひとることをるもの、ることをざるもの、あるいくらいあるものあるいしゅたるものあるいまつりごとものあるいけんいあるものばんぶつかれりてつくられたり、かつかれためつくられたり、かればんぶつよりさきにあり、ばんぶつかれりてつことをるなり』〔コロス一の十六〕。もしそれもろもろせかいはば、そのぞうせいしゃも、ちちうなづきにより、イイスス ハリストスなり。けだし『このまつじつには、そのりて、われらにげたまへり、かみかれててばんぶつよつぎとなし、かつかれもっもろもろせかいつくれり』〔エウレイ一の二〕。こうえいそんきけんぺい、はちちおよせいしんと共にかれす、今もいつよよに。