イェルサリム大主教聖キリール教訓/第一講話

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
wikisource:宗教 > イェルサリム大主教聖キリール教訓

正教のおもなる定理[編集]

<< かみちちの事。 >>

けいしんためわれらはひとつにてれり、かみすなわどくいつかみあることをこれなり、かみものかつえいえんものにして[1]つねみづかびょうどういちようなるものなれば、なにものかれにはちちたらず、なにものかれよりゆうりょくなるはなく、いかなるしぎょうしゃかれくにうばはざるなり、かみはそのほんたいにはいるいのものをえてれざるめいにしてぜんのうなるものなり。けだしかれぜんなるものなるものぜんさいしゃばんぐんしゅづけらるれば、しゅじゅことなるものはかれにあるべからず、すなはどういつそんざいして、しんせいすうちからをあらはしかれあまりありて、これとぼしきあるにあらず[2]、すべてにみづかいちようびょうどうそんざいして、ただじんおいだいにして、えいおいしょうなるにあらず、えいじんへいきんきんいつなるなり。ただいちぶんて、ぶんるのちからうばはるるにあらず、すべては、すべてはみみ、すべてはちえなり。ただいちぶんかいして、ぶんらざること、われらのごとくなるにあらず。かくのごとけんかいかみけがすものにして、かみほんたいあたらざるなり。かみところばんぶつぜんするものかれせいなるものかれぜんのうなるものじんじおいてはあらゆるものえ、あらゆるものよりだいにして、あらゆるものよりえいちなり。そのはじめもそのかたちもそのありさまわれらはめいじょうすることあたはず。かみしょにいふ『なんじらいまだそのこえかず、いまだそのかたちず』〔イオアン五の三十七〕。ゆえモイセイはイズライリ人につげて『なんじふかみづかつつしめよ、なんじいまなんかたちをもざりしなり』〔ふくでんりつれい四の十五〕といへり。それかたちをさへまったそうぞうするあたはずんば、いかんしてほんたいおもちかづくことをんや。

かれひといづこにもあらざるなし、……すべてを、すべてをさとり、すべてをハリストスによりてつるなり、けだし『ばんぶつかれによりてつくられ、かれなくしてつくられしものはいつもあらず』〔イオアン一の三〕。かれんでつききざることごとくのぜんいづみなり、めぐみかわなり、きずしてらすえいえんひかりなり。われらのれつじゃくてきおうするがたちからなり。われらがためにはかれをさへくことかたし。イオフふ『なんじかみふかこときわむるをんや、ぜんのうしゃつくりしものまったきわむるをんや』〔イオフ十一の七〕。それぞうぶついたりてなるものをさへりかいするあたはずんば、いかんしてばんぶつつくたまひしものりかいするをんや、『かみおのれあいするものためそなたまひしものいまだず、みみいまだかず、ひとこころいまだおもはざるものなり』〔コリンフ前二の九〕。それかみによりてそなえられしものだもわれらのりかいためおよばずんば、これをそなたまひしものをいかんぞじんもっりかいするをんや。『アアかみしきとのとみふかいかな、そのさだめはかりがたく、そのみちもとめがたし』〔ローマ十一の三十三〕。それそのさだめみちをさへりかいするあたはずんば、いかんぞじこりかいんや。

しかれどもわれらはどくいつかみしんずるをようするのみならず、どくいつかみわれらがしゅイイスス ハリストスどくせいしゃちちたることをもけいけんこころもってうけんことをようするなり。かみほんらいをいへばしゅうじんちちにあらず、ほんせいり、じっさいおいてただいつどくせいわれらがしゅイイスス ハリストスちちなり。かれちちたることはいちこれをたるにあらずして、つねかれどくせいしゃちちたるなり。

かみしょおよしんりおしへはどくいつかみしょうにんするなり、かれおのれちからもっばんぶつふぢし、にんいしゅうじんようにんたまふ。

いちぶつとしてしんりょくはたらきほかにあるものはあらず。せいしょかみことをいふて『ことごとなんじつかふ』〔せいえい百十八の九十一(詩編百十九の九十一)〕といへり。さりながら『ことごとなんじつかふる』も、ただかれとただかれせいしんとはことごとくのものほかにあり、さらばすべてかれつかふるものどくいつせいしんとによりてしゅさいつかへまつらんとす。

脚注[編集]

  1. 原文注1:いふこころは、かみおのれにそんざいゆうしてえいえんそんざいすとなり。
  2. 原文注2:かみしゅいたようかんぜんいちようへいきんにあらはし、かれたいしてこれまさるあるにあらず。