通俗正教教話/信と望と愛の活用

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
wikisource:宗教 > カテキズム > 通俗正教教話
▲結論

しんのぞみあいの活用[編集]

問 わたくしどもクリスチヤニンかみたいひとたいおのれたいしていかなることつねおこなはねばならぬかそのこときましてはわたくしどもいままできたりましただけつくしてりますがそれならばこのおぼえたおしへもつおのれとくたかひとおこなひをなすにはうしたならばよろしいので御座いますか。

答 それつねこころけていままでおぼえたおしへこんどじっちおこなふやうにつとむるので御座いますいくらいことをってましたところそれおこなはなければなんやくにもたないので御座いますせいしょにも『なんぢこれりておこなはばさいはひなり』(イオアン十三の十七)とります。

問 それではわたくしどもしづかおのれおこなひかへりみていままでふことをってたかそのことおもしてぶんいままでってたことがいままでんでおしへちがってたとったならばうしたらよろしう御座いますか。

答 そのときにはだんぜんこころあらためていままでわるおこなひみなててまってあらたかみいましめかなやうおこなひをなせばよろしいので御座います、神様はいつくしみふかかたで御座いますからしんじつこころうちからおのれつみあらためさへすればどんだいざいあくにんでもそのつみゆるしておのれとなしてめぐみさづけになるので御座います。

問 それではわたくしどもさいはひにして神様のおんいましめひとつでもみづかおこなったときにはいかがしたならばよろしいので御座います。

答 そのときにはそのおこなったことをひとほこらずつねくだって神様にそのおんしゃつねせいしょもうしてりまするとほり『われえきぼくなりおこなふべきことおこなひしのみ』(ルカ十七の十)ととなますますすすんでおのれとくやうこころけねばなりませぬ。
(望と愛のこと終)
<<完>>

通俗正教教話下巻(望と愛の巻)終