通俗正教教話/信経/第四か條

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
wikisource:宗教 > カテキズム > 通俗正教教話

(四)第四か條[編集]

われためポンテイピラトときじふじかくぎうたれくるしみほうむられ』

問 イイスス ハリストスおんおこなひになったことおよび、そのつたへになったをしへは、たれいてもてもみなかんしんするやうをしへおこなひございましたのに、なぜイイスス ハリストスのちはりつけばしらくぎうたれるやうなことにおりになったのでございますか。

答 それつねせいことばかりしてときユデヤこくたみつかさがくしゃどもイイスス ハリストスによってじやうそのぎやうせきめられましたために、イイススうらみ、またそれどうじんみんどもぶんよりもイイスス ハリストスうやまやうになりましたので、そのことねたましく、れがためイイスス ハリストスざんげんしてさいばんくわんまってかれはりつけけいしょしたのでございます。

問 『ポンテイピラトときじふじかくぎうたれ』ともんうちポンテイピラトふのはなんことございますか。

答 これイイスス ハリストスじふじかおんくぎうたれになったときロマくわうていよりつかはされてイウデヤこくをさめてましたぜんけんしゃなまへございます、たうじイウデヤこくロマこくぞくこくとなってたのでございます。

問 しんけいうちただに『じふじかくぎうたれ』とばかりでなく『くるしみけ』とことばことさらくはへてございますのはなにいみるのでございますか。

答 ございます、このことばことさらくはへましたのは、あるがくしゃハリストスじふじかかかりになったのはただひとつのけいしきくるしみなんにもかったなどととなへましたせつしりぞけ、かれまことくるしみともなったものるとふことをしやうだつるためございます。

問 それでは『ほうむられ』とことばなんためへられたのでございますか。

答 これハリストスまことじふじかうへしにになったこととみっかはかよりふくくわつなさったことをしやうだつるためございます。

問 イイスス ハリストスくるしみをおしのびになったのはみづからあまんじておしのびになったのでございますか、それともむりひとからひられたためむをずおしのびになったのでございますか。

答 イイスス ハリストスくるしみをおしのびになったのはもちろんかみとしてではなくひととしてでございますけれども、イイスス ハリストスがおくるしみをおしのびになることを、おいとひになったならば、くるしみをおのがれになることはいくらでもおできになったのでございます、それにもかかはらずくるしみをおしのびになったのはまったあまんじてみづかひとためくるしみをおしのびになったのでございます、せいしょうちしゅみづかこのことおほせられてりますには『われいのちつ……われみづかこれつ、われつるのけんあり、またこれくるのけんあり』〔イオアン十の十七、十八〕。

問 イイスス ハリストスわたくしどもをおすくひになるためじふじかくぎうたれになったとおっしゃいましたが、わたくしどもなにからおすくひになるためなのでございましたか。

答 わたくしどもそのじふじかもって『つみ』と『のろひ』と『』のうちよりすくいだためなのでございます、このこといてはせいしょうちところどころはれてございますが、ここりゃくしてただそのうちいちしょもんもうしぐることにいたします、せいしとパエルエヘス(エペソ)びとおくりましたしょうちことばございます『われそのもっあがなひかふむしょざいゆるしるなり』〔エヘス一の七〕、おなじくガラテヤびとおくったしょうちに『ハリストスわれためのろひとなりてわれあがなひてりつぱふのろひよりまぬがれしめたり』〔ガラテヤ三の十三〕。

問 イイスス ハリストスじふじかうへにおしにになったことがうしてわたくしどもつみのろひあがなひになったのでございますか。

答 かみさまいつくしふかかたいかなるつみびとでもおのれつみあらためたならばおゆるしなさらぬとふことはいのでございます、しかまたかみさまこうきはまりなきかたございますからそのそむやうなことはけっしておこのみにならぬのでございます。それございますからはじめひとアダムエワつみをかしてじぶんつみのろひとをばつとしてけたときあいなるかみさまうかしてかれゆるしてやりいとこころじゅうぶんりになったのでございますが、なにあがなひもなくそれゆるすとふことはかみさまとしてできなかったのでございます、それございまするからかみさまそのまんぞくさせてひとつみのろひうちよりといてやらうとおぼしめしからしてアダムエワこうせいへびかしらくだいて』(あくほろぼす)ひとつみうちよりすくところすくひぬしくだすことをおやくそくなさったのでございます、このやくそくつひじつかうされてかみイイススハリストスすくひぬしとしてこのにおくだりになったのでございます、してかれたふとかみさまひとりのおみぶんで、しかごじぶんすこしのおとがもなくひとみがはりとなっておそるべきじふじかをおしのびになったのでございまするのでそのとくなんとももうやうほどおほきく、かみさまじつこのとくでてひとつみをおゆるしになったのでございます。

問 イイスス ハリストスがおくるしみをおけになったのは、わたくしどもすべてのひとためございますか、それともあるかぎられたるひとためございますか。

答 イイスス ハリストスろんわたくしどもすべてのひとためにおくるしみになったのでございますから、たれでもみなそのおんめぐみよくすることできるのでございますが、しかそのめぐみくるとけないとはひとびとかってございまして、けっしてかみさまそのめぐみひとにおひになるやうなことはなさらないのでございます、でございまするからかみさまのおめぐみくるにはわたくしどもはうからすすんでそのめぐみちかづくとともに、しゅのおくるしみになったくるしみじぶんにもわかち、しゅのおしにになった『その』にみづかならはなければおんめぐみくるわけにはかないのでございます。

問 それならばわたくしどもいたしましたならばしゅならひ、しゅのおくるしみじぶんわかつことができるのでございますか。

答 イイスス ハリストスならふにはわたくしどもからだにあるじやうよくとをころせばよろしいので、しゅのおくるしみわかつには、イイスス ハリストスすくひそのくるしみとをねんするみつしんえずそのみつあづかればしゅのおくるしみわかつことができるのでございます、せいしょうちこのことあかしてもうしまするには、『およハリストスぞくするものにくたいそのじやうおよよくともじふじかていせり』〔ガラテヤ五の二十四またなんぢぱんくらこのさかづきごとしゅしめしてそのきたときおよばん』〔コリンフ前十一の二十六〕。

問 じやうよくとをころしまするには、いたしましたならばよろしいのでございますか。

答 じやうよくとをせっせいしてことこころくればよろしいのでございます、たとへばいかりじやうがむらむらとおこってわたくしどもひとそしらうとしましたときにはじっそのじやうおさへて、イイスス ハリストスじふじかうへそのてきためとうをなさったことおもおこし、わたくしどもそのてきためとうをするやうにいたせばよろしいのでございます。