通俗正教教話/信経/第四か條

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
wikisource:宗教 > カテキズム > 通俗正教教話

(四)第四か條[編集]

われためポンテイピラトときじふ字架じかくぎうたれくるしみほうむられ』

問 イイスス ハリストスおんおこなひになったことおよび、そのつたへになったをしへは、たれいてもてもみな感心かんしんするやうをしへおこなひ御座ございましたのに、何故なぜイイスス ハリストスのち十字架はりつけばしらくぎうたれるやうなことにおりになったので御座ございますか。

答 それつねせいことばかりして当時ときユデヤこくたみつかさ学者がくしゃどもイイスス ハリストスによってじやうそのぎやうせきめられましたために、イイススうらみ、又其またそれどう人民じんみんどもぶんよりもイイスス ハリストスうやまやうになりましたので、其事そのことねたましく、れがためイイスス ハリストス讒言ざんげんして裁判さいばんくわんまってかれはりつけけいしょしたので御座ございます。

問 『ポンテイピラトときじふ字架じかくぎうたれ』ともんうちポンテイピラトふのはなんこと御座ございますか。

答 これイイスス ハリストスじふ字架じかおんくぎうたれになった時代ときロマ皇帝くわうていより使つかはされてイウデヤこくをさめてました全権ぜんけんしゃ名前なまへ御座ございます、当時たうじイウデヤこくロマこく属国ぞくこくとなってたので御座ございます。

問 信経しんけいうちただに『じふ字架じかくぎうたれ』とばかりでなく『くるしみけ』とことば特更ことさらくはへて御座ございますのはなに意味いみるので御座ございますか。

答 御座ございます、このことば特更ことさらくはへましたのは、ある学者がくしゃハリストスじふ字架じかかかりになったのは啻一ただひとつの形式けいしきくるしみなんにもかったなどととなへましたせつしりぞけ、かれまことくるしみともなったものるとふことをしやうだつるため御座ございます。

問 それでは『ほうむられ』と言葉ことばなんためへられたので御座ございますか。

答 これハリストスまことじふ字架じかうへしにになったことと三日みっかはかより復活ふくくわつなさったことをしやうだつるため御座ございます。

問 イイスス ハリストスくるしみをおしのびになったのはみづからあまんじておしのびになったので御座ございますか、それとも強制的むりひとからひられたためむをずおしのびになったので御座ございますか。

答 イイスス ハリストスくるしみをおしのびになったのは勿論もちろんかみとしてではなくひととしてで御座ございますけれども、イイスス ハリストスがおくるしみをおしのびになることを、おいとひになったならば、くるしみをおのがれになることは幾何いくらでもお出来できになったので御座ございます、それにもかかはらずくるしみをおしのびになったのはまったあまんじてみづかひとためくるしみをおしのびになったので御座ございます、聖書せいしょうちしゅみづか此事このことおほせられてりますには『われ生命いのちつ……われみづかこれつ、われつるのけんあり、またこれくるのけんあり』〔イオアン十の十七、十八〕。

問 イイスス ハリストスわたくしどもをおすくひになるためじふ字架じかくぎうたれになったと仰有おっしゃいましたが、わたくしどもなにからおすくひになるためなので御座ございましたか。

答 わたくしどもそのじふ字架じかもって『つみ』と『のろひ』と『』のうちよりすくいだためなので御座ございます、此事このこといては聖書せいしょうち処々ところどころはれて御座ございますが、ここりゃくしてただ其内そのうちいちしょもんもうしぐることにいたします、せい使徒しとパエルエヘス(エペソ)びとおくりましたしょうちことば御座ございます『われそのもっあがなひかふむ諸罪しょざいゆるしるなり』〔エヘス一の七〕、おなじくガラテヤびとおくったしょうちに『ハリストスわれためのろひとなりてわれあがなひて律法りつぱふのろひよりまぬがれしめたり』〔ガラテヤ三の十三〕。

問 イイスス ハリストスじふ字架じかうへにおしにになったことがうしてわたくしどもつみのろひ救贖あがなひになったので御座ございますか。

答 神様かみさまいつくしふかかた如何いかなる罪人つみびとでもおのれつみあらためたならばおゆるしなさらぬとふことはいので御座ございます、しかまた神様かみさまこうきはまりなきかた御座ございますからそのそむやうなことはけっしておこのみにならぬので御座ございます。それ御座ございますからはじめひとアダムエワつみをかして自分じぶんつみのろひとをばつとしてけたときあいなる神様かみさまうかしてかれゆるしてやりいとこころ充分じゅうぶんりになったので御座ございますが、なにあがなひもなくそれゆるすとふことは神様かみさまとして出来できなかったので御座ございます、それ御座ございまするから神様かみさまその満足まんぞくさせてひとつみのろひうちよりといてやらうと御思召おぼしめしからしてアダムエワ後世こうせいへびかしらくだいて』(あくほろぼす)ひとつみうちよりすくところ救主すくひぬしくだすことをお約束やくそくなさったので御座ございます、この約束やくそくつひ実行じつかうされてかみイイススハリストス救主すくひぬしとしてこのにおくだりになったので御座ございます、してかれたふと神様かみさまひとりのお身分みぶんで、しか御自ごじぶん些少すこしのおとがもなくひと犠牲みがはりとなっておそるべきじふ字架じかをおしのびになったので御座ございまするのでそのとくなんとももうやうほどおほきく、神様かみさまじつこのとくでてひとつみをおゆるしになったので御座ございます。

問 イイスス ハリストスがおくるしみをおけになったのは、わたくしどもすべてのひとため御座ございますか、それともあるかぎられたるひとため御座ございますか。

答 イイスス ハリストスろんわたくしどもすべてのひとためにおくるしみになったので御座ございますから、たれでもみなそのおんめぐみよくすること出来できるので御座ございますが、しかそのめぐみくるとけないとは人々ひとびと勝手かって御座ございまして、けっして神様かみさまそのめぐみひとにおひになるやうなことはなさらないので御座ございます、で御座ございまするから神様かみさまのおめぐみくるにはわたくしどもはうからすすんでそのめぐみちかづくとともに、しゅのおくるしみになったくるしみ自分じぶんにもわかち、しゅのおしにになった『その』にみづかならはなければおんめぐみくるわけにはかないので御座ございます。

問 それならばわたくしどもいたしましたならばしゅならひ、しゅのおくるしみ自分じぶんわかつことが出来できるので御座ございますか。

答 イイスス ハリストスならふにはわたくしども肉体からだにあるじやうよくとをころせばよろしいので、しゅのおくるしみわかつには、イイスス ハリストス救贖すくひそのくるしみとをねんするみつしんえずそのみつあづかればしゅのおくるしみわかつことが出来できるので御座ございます、聖書せいしょうち此事このことあかしてもうしまするには、『およハリストスぞくするもの肉体にくたいそのじやうおよよくともじふ字架じかていせり』〔ガラテヤ五の二十四またなんぢぱんくらこのさかづきごとしゅしめしてそのきたときおよばん』〔コリンフ前十一の二十六〕。

問 じやうよくとをころしまするには、いたしましたならばよろしいので御座ございますか。

答 じやうよくとを節制せっせいしてことこころくればよろしいので御座ございます、たとへばいかりじやうがむらむらとおこってわたくしどもひとそしらうとしましたときにはじっそのじやうおさへて、イイスス ハリストスじふ字架じかうへ其敵そのてきためとうをなさったことおもおこし、わたくしども其敵そのてきためとうをするやうにいたせばよろしいので御座ございます。