通俗正教教話/信経/第三か條

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
wikisource:宗教 > カテキズム > 通俗正教教話

(三)第三か條[編集]

われひとびとまたわれすくひためてんよりくだり、せいしんおよしょぢょマリヤよりひととなり』

問 しんけいだいさんでうに『てんよりくだり』とございますが、いったいてんからだれくだったのでございますか。

答 それかみみこがおくだりになったのでございます。

問 しかかみさまどこにでもおでになるおかたではございませぬか、してればてんよりおくだりになるなどとふことはまことめうなこととおもひまするがどんなものでございませう。

答 なるほどかみさまらざるところなくいづこにでもおでになるのでございます、かみさまてんにもおでになればにもおでになります、それございまするからてんからおくだりになったともうしまするとまことめうございまするがことここてんからおくだりになったともうしまするのは、いままでひとることのできなかったかみさまひとからだをおりになってることのできるおかたにおりになりましたことなのでございます。

問 なんために、それではかみさまてんよりおくだりになってひとにおりになったのでございますか。

答 それしんけいの第三か條にもうしてございまするとほり、わたくしどもめ、ことわたくしどもつみあがなひめにてんよりおくだりになったのでございます。

問 『われひとびとためてんよりくだり』ともうしてございますることばうちわれひとびとめ』とことばたれでもかれでもおよひといたものみなしたものでございませうか、れともあるいっこくひとしたものございませうか。

答 『われひとびとめ』とことばけっしていっこくひとや、あるさんこくひとしたものではございませぬ、どこくにひとでもおよひといたものみなのこらずこのことばうちふくんでるのでございます、でございますからこのことばいみは『かみがおくだりになりましたのは、わたくしどもひとぜんたいためけっしていつこくすうこくひとためでない』といみなのでございます。

問 『われすくひめ』ともうしますると、ふことのすくひなのでございますか。

答 つみのろひよりわたくしどもすくふことでございます。

問 つみもうしまするとことなのでございますか。

答 教会でつみもうしまするのはなにけんつみもうしまするやうせっとうをしたりさぎをしたりすることばかりではないのでございます、すべかみさまおたてになったごきそくをかすことはどんなことでもみなつみとするのでございます。

問 かみさまつみとかけがれとかもうやうなもののございませぬこともはあきらかなことでございますが、そんかたのおつくりになりましたひとうしてつみたのでございませうか。

答 それまへにももうしましたところあくものためなのでございます。

問 れではあくからうしてひとつみつたはったのでございますか。

答 それうなのでございます、かみさまひとをおつくりになりましてこれエデムたのしいそのうちにおきになりましたときたべてもくだものと、たべてはならぬ、『ぜんあく』とをおつくりになりまして、このふたつのひとにおあたへになってもうされましたには『そのもろもろのままにくらふことをしかれどもぜんあくるのなんぢそのくらふべからず、なんぢこれくらにはかならすべければなり』と。やうかみさまはおいましめひとにおあたへになりましたのでございます、れでりまするのにあくアダムエワいざなってかみさまのおいましめそのかれくらはせたのでございます、これひとつみをかしたはじめで、それからつみだいだいひとつたはっていまいたったのでございます、ひとぬるやうになったのもまったそれためございます。

問 ぜんあくるのくらったためひとやうになったとおっしゃいまするが、それわけなのでございます、なにそのどくでもったのでございますか。

答 いいえどくなにったわけではございませぬ、いったいひとつみをかさないまへにはひとそこなやうものなにひとかったのでございまして、なかものすべみんひとえきになったのでございます、ぜんあくってひとやうものになったのは、まったかみさまってはならぬとおいましめになったそのいましめそむいたためなのでございます。かみさまのおいましめそむくことはかみさまおんわすれることとおなことございまして、つみうちでもこのつみくらいひとかみさまあひだとほざくるつみほかございませぬ、ひとじつそんつみをかしためにしぬやうなさけないものになったのでございます。

問 なぜそのに『ぜんあくるの』などとやうめうつけたのでございますか。

答 それひとかみさまめいしたがってそのはずにたならば、ぜんなるものとなり、これはんしてそのめいそむいてそのへば、あくしきものになるとふことをこのによってりましたので、さうなづけたわけございます。

問 かみさまなぜひとあくおちいやうなものにおつくりになったのでございますか、いっそのことひとことばかりするやうなものにおつくりになったならばいではございませぬか。

答 さうすればなるほどやうおもはれまするがしかかみさまめぐみふかきおかたございまするから、そんかいやうものひとをおつくりにならなかったのでございます、かみさまひとをおつくりになるとどうひとに『ゆう』とこころままになるもっとりっぱものをおあたへになったのでございます、それでりまするにひとそのりっぱかみさまくだされものわるはうもちいてつみおちいったのでございます、かみさまひとかいやうものにおつくりにならなかったのは、ひともっともおうやまひになったためなのでございます。

問 あくアダムエワやういざなったのでございますか。

答 エワひとりらくえんましたるときあくへびからだりてエワもうしまするには、ひとぜんあくくらふならばかみごとぜんあくやうなものになるだろうと、エワじつこのへびことばまよはされてかみさまのおいましめうたがひ、つひそのくらひ、そしてアダムにもすすめてそれくらはせたのでございます。

問 アダムつみをかしたためなかものあたらしくうまましたか。

答 それのろひとでございます。

問 のろひふのはなんございますか。

答 のろひもうしまするのはもっとてみじかもうしますると、ひとつみをかしたためこのじやうできましたさまざまわざはひくるしみしたものでございます。

問 それではひまするのはなんございますか。

答 ひまするのはたましひひとからだよりはなれることでございまするが、ひとつみおちいったためおこってましたただからだばかりではございませぬ、たましひまたおこってたのでございます、ここたましひもうしまするのはなにからだのやうにたましひくなってまうといみではございませぬ、たましひかみさまからはなれてそのうつくしいひかりさいはひうしなってまうことなのでございます。

問 なぜアダムばかりにとどまらず、すべてひとまでおよんだのでございますか。

答 それにごったみなもとからまするかはいつでもにごってりまするやうに、わたくしどもひとみなもととももうしまするアダムつみをかしたためけましたるの、そのすえであるいっぱんひとつたはるのはぜんむをぬことでございます、せいしょにはことを『ひとりりてつみり……またことごとくのひとうちれり』〔ロマ五の十二〕ともうしてございます。

問 アダムエワりましたエデムそのうちには『ぜんあく』のほかなにべつかったのでございますか。

答 ございました、『いのち』とったのでございます、ひとそのをさへってますればいつまできてられたのでございます、しかアダムエワつみをかしてらくえんいだされましたのでございますから、そのやうなんやくにもたなかったのでございます。

問 アダムエワつみをかしたためばっせられて、するやうなさけないものになりましたときかれふたりしつばうしなかったのですか。

答 いいえしつばうしなかったのでございます、なんとなればアダムエワじやうぶんつみあらためましたるときいつくしみふかかみさまかれに『をんなすえへびあたまくだかん』〔創世記三の十五〕とのおことばをおあたへになってかれおんなぐさめになり、のちのよおいすくひぬしあらはれてあくち、ひとつみうちよりふたたすくいだすとふおやくそくかれにおさづけになりましたのでかれそののぞみためしつばうしなかったのでございます。

問 『をんなすえへびあたまくだかん』とふのはなんことなのでございますか。

答 『をんなすえ』とふのはひとびとすくひためにおくだりになったイイスス ハリストスことございます、『へびあたま』とふのはあくたとへたることばで、『あたまくだく』とふのはイイスス ハリストスかみひととなってこのにおくだりになり、あくやぶり、つみのろひうちよりひとびとをおすくしになることなのでございます。
ひとかみさまからそんなおやくそくいただいてからは、つねそのすくひぬしのぞみくことができましたので、つねおのれくるしみわすれてあんしんすることができたのでございます。

問 それではいにしへひとみなひとすくひためにおくだりになったかみすくひぬししんじたのでございますか。

答 いいえさうではございません、それしんじたものは、ほんのわづかおほくのひとかみすくひぬしにおくだりになるとのおやくそくわすれてまったのでございます。

問 かみさまなんございますか、そんなおやくそくただいちよりほかひとにおげにならなかったのでございますか。

答 いいえさうではございません、いくとなくあるひじんあるひげんしゃにおげになってそのひとびともってんばんみんにおつたへになったのでございます、たとへばかみさまアブラアムむかって『なんぢそんによりててんたみさいはひべし』〔創世記二十二の十八〕ともうされまたダビトむかっては、われなんぢよりいづなんぢなんぢあとててそのくにかたふせんなんぢいへなんぢくになんぢまへながたもつべしなんぢくらいながかたうせらるべし』〔サムイル後書七の十二、十六〕とそのほかにもやうなことはたくさんるのでございます。

問 しんけいの第三か條のにうちる『る』とことばなんいみなのでございますか。

答 これかみさまだいにいなるかみひとからだぶんにおりになってひとあひだにおくだりになったことをもうしたのでございます。

問 しんけいかみみとり』とそのうへまたていねいに『ひとり』ことばえてございますのはいみなのでございますか。

答 これかみが『ひとった』とふとただひとからだばかりたのでらうなどとひとないやうわざえたことばございまして、このことばこのにおくだりになったかみさまのおただにくたいばかりでなくひとたましひをもあはせておりになったまことかみさままたまことひとったとふことをしめしたものでございます。

問 してますればかみイイスス ハリストスうちにはいったいかみひとせいしつったのでございますか。

答 さうございます、このふたつせいしつわかれずまたこんぜずイイスス ハリストスうちったのでございます。

問 イイスス ハリストスかみひととのふたつせいったとおっしゃいまするが、しまするとせいさんしゃくらいひとつなるかみくらいふたつあるとふやうなわけにはなりませぬか。

答 いいえさうわけにはならないのでございます、せいふたつあってもそのくらいひとつよりほかいのでございます、つまりかみそのくらいかみひととのけつがふしたもので、ちぢめてもうしますればかみびとなのでございます。

問 かみしょぢょマリヤよりりたることをせいしょにはやういてございますか。

答 せいふくいんしゃルカところによりますれば、かみさまのおつかひしょぢょマリヤぢょイイススかみそのはらやどしたことをげましたるときせいマリヤかみさまのおつかひむかってもうされましたには『ひとかざるにいかにしてこのことあらん』じつせいマリヤかみさまのおせきにはすくなからずおおどろきになったのでございます、そのときかみさまのおつかひせいつまびらかかみさまぼしめしつたへてもうしまするには『せいしんなんぢのぞみ、いとたかきものちからなんぢおほはゆえところせいなるものかみたたへられん』〔ルカ一の三十五

問 せいマリヤおっしゃるおかたぶんかたなのでございますか。

答 ごみぶんもうやうなものはべつったのではございませぬが、そのせんアブラアムおよダビトぞくからかたで、そのおとうさまイオアキムおかあさまアンナもうすおかたもっとけいけんなおかたございました、せいマリヤをさなときからかみさまのおみやつとめておでになり、いつしやうどこへもおかたきにならぬちかひかみさまになさったのでございます、それございますからせいマリヤいつしやうひとりみけっしてどこへもおかたきにならなかったのでございます、もっとをんなひとりみることのでききびしいはふりつましたるときそのはふりつじやうぎむのがるるイオシフとしったひとりじんもといひなづけめいで、しばらそのかんとくをおけになりましたことがございましたが、それまへにももうしましたとほほんめいばかりのことでございますからせいマリヤみさほにはなんくわんけいいのでございます。

問 それではせいマリヤぬるまでひとりみみさほただしかったのでございますか。

答 さうございます、イイスス ハリストスをおやどしになったまへも、そのかみをおみになるときも、おみになりましたのちも、おかくれになるまですこしもかはらぬをとめったのでございます。

問 正教会ではせいしょぢょマリヤまたべつなんもうげまするか。

答 かみさまをおみになったかたございまするからしやうしんぢょもうげます、このことばおこりげんしゃイサイヤしょうちうちからったものでございます、『おとめはらみてまん、そのエムマヌイルとなへられん、やくすればかみわれともにするなり』〔イサイヤ七の十四馬太一の二十三

問 かみさまいつでもなかにおいでになるものでございます、それりまするのにかみをんななどとせいどうぢょマリヤもうすのはまことめうではございませぬか。

答 なるほどいつでもえいきうなかにおいでになるかみさまをおみになったともうしまするとはなはめうございますがしかせいどうぢょマリヤがおみになったのはもちろんかみそのものではいので、イイスス ハリストスひととしてのからだをおみになったのでございます、しかそのひととしてのイイスス ハリストスまたかみさまだいにいなるかみせいをおちになっておでになったのでございますから、せいどうぢょかみむだともうしましてもべつめうわけではございませぬ、もちろんしやうしんぢょもうしますることばにんげんのやうもうしたことばなのでございます。

問 しやうしんぢょマリヤかみさまおんまへほどたふとせきっておでになりませうねえ。

答 せいどうぢょマリヤかみさまをおもうしたくらいですもの、かみさまおんめぐみのおほいことと、かみさまちかことろんことございます、正教会ではせいどうぢょマリヤかみさまのおつかひかしらなるヘルビムセラヒムよりもうへそのくらいをおちになっておでになるものをしへてります。

問 しやうしんぢょマリヤイイスス ハリストスをおたんじやうなさるときひとやうはりくるしみなさったでせうか。

答 いいえすこしさんのおくるしみかったのでございます、なんとなればせいマリヤにはつみがおりになりませぬし、それそのおんハリストスすくひぬしたるべきおかたございますからかみさまのおめぐみろんったのでございます、いったいさんくるしみもうしまするものは、ひとつみをかしましたためばつで、はじめひとエワつみをかしたときかみさまが『なんぢくるしみてうまん』とはれましたおことばもとづきまするものでございまするから、つみさへなかったならばそんくるしみいのでございます、せいさんくるしみのなかったのはつみのなかったためなのでございます。

問 イイスス ハリストスこのにおくだりになることはすうひゃくねんまへからひとれてやうおっしゃいますが、たれいったいそんらいできできごとなどをひとしらせたのでございますか。

答 れにはげんしゃもうしまして、かみさまのおめぐみによってらいのことをちからってかたきうやくだいおほあらはれまして、すくひぬしにおうまれになってつみなくしてわたくしどもただあがなひためじふじかうへくるしみけてすることをつまびらかにひとつたへて、すくひぬしむかへやうひとたくしたのでございます。そんげんしゃうちもっといちじるしいのはげんしゃイサイヤ(イザヤ)とかたで、つぎミヘイ(ミカ)、ザハリヤ(ゼカリヤ)、ダビト(ダビデ)、ダニイルなどもみなすくひぬしのおうまれになることをそれぞれげんしたのでございます。

問 イイスス ハリストスこのにおうまれになったときおほくのひとハリストスむかしからひとびとやくそくせられたところまことすくひぬしることをしんじなかったさうでございますが、しかそのうちにはまたかれかみすくひぬしみとめたものございますでせうね。

答 それございますとも、たとへひがしくにはかせハリストスのおうまれひがしはうあらはれたほしひとばかりで、このやくそくせられたすくひぬしのおくだりになったことみとめましたし、ビフレイム(ベツレヘム)のぼくしゃかみつかひうたよろこびのうたいてすくひぬしのおうまれになったことかたしんじましたし、じんシメオンおよアンナごときはかみさまのおしめしによって、ハリストスこのにおうまれになってからじうにちかみさまのおみやにおまいりなさったときあきらかにそのかみすくひぬしることをうたったのでございます、またハリストスせんれいをおさづけしたイオアンハリストスかみはじめからみとめたひといちにんございます、そのほかのちハリストスでんどうなさったときそのことばいてかれたしかすくひぬしみとめたものかぞへませうならばそのすうじつすくなからぬものとなるのでございませう。

問 かみさまのおなるイイスス ハリストスひとじやうのおちからっておでになったのでいろいろふしぎわざおこなひになったさうでございますが、いったいやうことおんおこなひになったのでございますか。

答 それはやなほらぬやうびやうきかかってものただひとこともったちどころいやしたり、んだひとふつくわつせしめたり、いつつぱんせんにんべてもあまほどのものになさったりなどそのやうことおこなひなさったのでございます、こんふかしぎわざけうくわいではせきもうしてるのでございます。

問 わたくしどもすくひためにおくだりになったかみは、わたくしどもやうにしてつみうちよりおすくひになったのでございますか。

答 わたくしどもをおすくひになりますには、そのおんをしへぶんおんおこなひと、そのふつくわつとをもっわたくしどもをおすくひになったのでございます。

問 ハリストスおんをしへひますると、それではおんをしへなのでございますか。

答 そのおんをしへいまわたくしどもの正教会でみなさまおんをしいたしてりまするをしへございまして、ひとおのれつみあがなひけて、きはまりなきかうふくるにはうしたらいでせうか、そのみちすじしめしたものございます。

問 それではそのやうハリストスおんをしへけば、それおすくひるのでございますか。

答 いいえいたばかりではいけません、そのをしへくとともそのをしへかれてことみづかおこなはねばなんにもなりませぬ、そのおんをしへおこなってこそはじめてつみすくひけるのでございます。

問 ハリストスごじしんおこなひうしてわたくしどもすくひになるのでございますか。

答 これもはりわたくしどもハリストスおんおこなひそれならっておこなひをなしますからなので、つまりハリストスおんおこなひわたくしどもほんとなってわたくしどもはげますのでございます。