通俗正教教話/信経/第五か條

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
wikisource:宗教 > カテキズム > 通俗正教教話

(五)第五か條[編集]

第三日だいさんじつ聖書せいしょかなふて復活ふくくわつし』

問 イイスス ハリストスより復活ふくくわつなさったことはそのくるしみそのわたくしども人間にんげんすくったたしかかなしやうであると仰有おっしゃいますが、左様さう御座ございますか。

答 左様さうですとも、復活ふくくわつかったならば、わたくしどもイイスス ハリストスのお救贖すくひしんずることが出来できないので御座ございます。

問 イイスス ハリストスがおしにになってから、その復活ふくくわつになるまであひだそのおんたましひうなってたので御座ございますか。

答 其事そのことは教会でうた復活ふくくわつうたうちによくかれて御座ございます、そのうたつぎやううた御座ございます。
かたどがたハリストスよ、なんぢからだにてはかり、たましひにてかみとしてごくり、盗賊たうぞくとも天堂てんだうり、ちちおよ聖神せいしんともほうりて一切いっさいたまへり』

問 ごくもうしまするのはところなので御座ございますか。

答 わたくしどもの正教会でごくもうしまするのは、仏教ぶつけうもうしまするやうな、いけがあったりつるぎやまったりするやうな、其様そんなものでは御座ございませぬ、教会でごくもうしまするのは神様かみさままへることの出来できやう大罪だいざいをかしながらすこしあらたむるところなくんだひとたましひところで、さいはひのない永遠えいえんくるしみのある擯斥ひんせき[1]すべきところもうすので、教会ではまたそのところ幽暗くらやみところイウダ(ユダ)一の六〕とももうしてます。

問 なんためイイスス ハリストスそのしにになったとき其様そんところにおくだりになったので御座ございますか。

答 それハリストスじやうにおくだりになってひとあがなひをなさるまで如何いかなるじんたましひかみまへづることが出来できみなごくうちほかたましひ一所いっしょましたので御座ございましたから、しゅじつ其様そのやう救主すくひぬしのおくだりってましたじんたましひあがなひったことをらせ、かれくるしみうちよりすくってたのしきところうつらせんため御座ございました。
答 聖書せいしょうち此事このことかしてつぎやうもうされて御座ございます『ハリストス一次ひとたびわれつみため義者ぎしゃにして不義ふぎしゃかはりてくるしみけたり、われきてかみいたらんためなり、かれにてころされ、しんにてかされ、しんもっくだりてひとや諸神しょしん宣傳せんでんせり』〔ペトル前三の十八、十九

問 『第三日だいさんじつ聖書せいしょかなふて復活ふくくわつし』とことば何処どこからことばで『聖書せいしょかなふ』とことばなに意味いみしたもので御座ございますか。

答 このことばせい使徒しとパエルがコリンフじんおくったしょうちりまする『かれほうむられ、第三日だいさんじつ復活ふくくわつせり、聖書せいしょしるせるがごとし』〔コリンフ前書十五の四〕とことば其儘そのまま引用いんようしたもので、『聖書せいしょかなふ』とは、イイスス ハリストス三日みっか復活ふくくわつなさったことは旧約きうやく聖書せいしょちう屡々しばしばげんされてったことすこしもちがひなく適應てきおうしたものでるとの意味いみ御座ございます。

問 旧約きうやく聖書せいしょちうはれてあったげんもうしますると何様どんなげん御座ございますか。

答 それ沢山たくさんありますからここに『しゅ復活ふくくわつあらはしたげん』をひとふたいて御目おめけることにいたします。
イサイヤしょうち御座ございます、『かれわれあやまちためきづつけられ、、われ不義ふぎためくだかれ、みづか懲罰こらしめけてわれ平安へいあんあたふ、そのたれしきづによりてわれいやされたり』〔イサイヤ(イザヤ)五十三の五このイイスス ハリストスのおくるしみをおけになることをげんしたもので御座ございます、イオナ(ヨナ)のしょうちに『イオナ三日みっか三夜みやうをはらうちりき』〔イオナ(ヨナ)一の十七このことばしゅ三日みっかあひだはかにおでになったことのあらかじめのかたどり御座ございます。

問 イイスス ハリストス三日みっか復活ふくくわつなさったことはうして人々ひとびとれたので御座ございますか。

答 しゅはかまもっておほくの兵卒へいそつハリストス復活ふくくわつなさるまへかみ使つかひあらはれてはかおほってあったいしまろばし、それどうおほいなるしんったために、イイスス ハリストスがお復活よみがへりになったことをさとりましたし、マリヤ「マグダリナ」およその数人すうにんかみ使つかひからしゅのお復活よみがへりなさったこときましたので其事そのことり、ペトルおよその三人さんにんしゅみづか復活ふくくわつにおあらはれになって自分じぶん復活ふくくわつなさったことをおげになりましたし、その使徒しとおよしん徒等とらも、あるひもんことばによりあるひしゅみづからのおあらはれにってしゅ復活ふくくわつしんじたので御座ございます、そして其様そのやうなるおんあらはれは一日いちにちに五百にんまへしゅ自分じぶんのお姿すがたをおあらはしになったことも御座ございます〔コリンフ前十五の六〕。

問 イイスス ハリストス復活ふくくわつのち十日じふにちあひだその弟子でしあひだ屡々しばしば自分じぶんのお姿すがたをおあらはしになったのはなんためなので御座ございますか。

答 それかれ天国てんごくふかをしへしらせんためおんあらはれになったので御座ございます〔行実ぎやうじつ(使徒行伝)一の三〕。

脚注 [編集]

  1. 編集者注:のけものにすること。排斥。追放。