通俗正教教話/信経/第六か條

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
wikisource:宗教 > カテキズム > 通俗正教教話

(六)第六か條[編集]

てんのぼちちみぎし』

問 信経しんけいこの第六か條のことばは、第五か條のことばやう矢張やはり何処どこ聖書せいしょからことばでは御座ございませぬか。

答 左様さう御座ございます矢張やはり聖書せいしょうちからとっことばエフェスしょうちことば御座ございます『くだりしものかれすなは諸天しょてんうえのぼりしものなり』萬有ばんゆうみたさんためなり』〔四の十またエウレイ(ヘブル)しょうちに『われくのごと祭長さいちょうありかれてんおいげんほうみぎせり』〔八の一信経しんけいの第六か條のことばじつこのふたつことばあはせたもので御座ございます。

問 イイスス ハリストスにはかみせいひとせいがおりになったのですが、てんにおのぼりになったのはれではかみせいによってですかまたひとせいってですか。

答 それ勿論もちろんひとせいってお昇天しょうてんなさったのでけっしてかみせいってではいので御座ございます、なんとなればかみせいによってはイイスス ハリストスつねてんにおでになるので御座ございますから、てんにおのぼりになるまでもないので御座ございます。

問 一体いったい神様かみさまらざるところなく何処どこにでもおでになるかた御座ございますのにこと其右そのみぎはうイイスス ハリストスがおすわりになるとふのはまことめうことでは御座ございませぬか。

答 左様さう御座ございます、このことば字義じぎどほりに解釈かいしゃくしますれば全然まっためうことになりますが、このことばけっして其様そんな字義じぎどほりに解釈かいしゃくすべきことばでは御座ございませぬ、『ちちみぎす』とふは神父かみちちおな能力ちから光栄ほまれとをイイスス ハリストスがおちになっておでになるとふことをもうしたもので御座ございます。