通俗正教教話/信経/第六か條

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
wikisource:宗教 > カテキズム > 通俗正教教話

(六)第六か條[編集]

てんのぼちちみぎし』

問 しんけいこの第六か條のことばは、第五か條のことばやうやはりどこせいしょからことばではございませぬか。

答 さうございますやはりせいしょうちからとっことばエフェスしょうちことばございます『くだりしものかれすなはしょてんうえのぼりしものなり』ばんゆうみたさんためなり』〔四の十またエウレイ(ヘブル)しょうちに『われくのごとさいちょうありかれてんおいげんほうみぎせり』〔八の一しんけいの第六か條のことばじつこのふたつことばあはせたものでございます。

問 イイスス ハリストスにはかみせいひとせいがおりになったのですが、てんにおのぼりになったのはれではかみせいによってですかまたひとせいってですか。

答 それもちろんひとせいっておしょうてんなさったのでけっしてかみせいってではいのでございます、なんとなればかみせいによってはイイスス ハリストスつねてんにおでになるのでございますから、てんにおのぼりになるまでもないのでございます。

問 いったいかみさまらざるところなくどこにでもおでになるかたございますのにことそのみぎはうイイスス ハリストスがおすわりになるとふのはまことめうことではございませぬか。

答 さうございます、このことばじぎどほりにかいしゃくしますればまっためうことになりますが、このことばけっしてそんなじぎどほりにかいしゃくすべきことばではございませぬ、『ちちみぎす』とふはかみちちおなちからほまれとをイイスス ハリストスがおちになっておでになるとふことをもうしたものでございます。