通俗正教教話/信経/第七か條

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
wikisource:宗教 > カテキズム > 通俗正教教話

(七)第七か條[編集]

光栄くわうえいあらはしてけるものせしもの審判しんぱんするためまたきた其国そのくにをはりなからんを』

問 聖書せいしょうちイイスス ハリストスふたたすえこのにおくだりになることにいて如何いかやうもうして御座ございますか。

答 せい使徒しと行実ぎやうじつ(使徒行伝)のうちもうして御座ございます、『イイススなんぢ其天そのてんのぼるをごとくのごとまたきたらん』〔一の十一このことばしゅのお昇天しょうてんときかみ使つかひあらはれて、むなしくしゅ昇天しようてんなさったあとながめ使徒等しとらもうしたことば御座ございます。

問 それではをわりときおそるべき審判しんぱんついては如何いかやうもうして御座ございますか。

答 イオアン福音ふくいんうちもうして御座ございます『あやしなかけだしとききたる、およはかうちものかみこえかん、しかしてぜんおこなひしもの生命いのち復活ふくくわつで、あくししもの定罪ていざい復活ふくくわつでん』〔イオアン五の二十八、二十九このことばしゅみづからのおほせられたことば御座ございます。

問 れでは『をわりなきくに』のことにいてはもうして御座ございますか。

答 それルカしょうちもうして御座ございます『かれにおくだりになったかみ)はおほいなるものとなりてじやうしゃとなへられん、しゅかみかれそのダビトくらいあたへん、かれ世々よよイアコフいへわうとなりて、其国そのくにをわりなからん』〔ルカ一の三十二〕とこのことば神様かみさまのお使つかひせいマリヤその誕生たんじやうになるかみ将来しやうらいのことをおらせしたことば御座ございます。

問 イイスス ハリストスこのをわりふたたびおくだりになるときには、矢張やはり二千年許ねんばかまへにおくだりになったときやう有様ありさまもっくだりになるので御座ございませうか。

答 左様さうでは御座ございませぬ、まったちがつた有様ありさまもっておくだりになるので御座ございます。二千年前ねんまへにおくだりになったのはわたくしどもつみあがなはんがためにおくだりになったので御座ございますからもっといやしきさまもっこのにおくだりになりましたけれどもこのすえふたたびおいでになりまするときは、わたくしども善悪ぜんあくをお審判さばきになるためにおいでになるので御座ございますから、聖書せいしょもうされてりまするとほり『光栄くわうえいもって、もろもろせいなる天使てんしともに』〔馬太マトフェイ二十五の三十一もっとおごそかなるさまもっこのにおくだりなるので御座ございます。

問 ひとをお審判さばきになるためにおくだりになると仰有おっしゃいますが、みなひとをお審判さばきになるので御座ございますか、れとも或人あるひとをお審判さばきになるためにおいでになるので御座ございますか。

答 それひとひとみなのこらずお審判さばきになるためにおいでになるので御座ございます。

問 其時そのときかみことをお審判さばきになるので御座ございますか。

答 それわたくしども人間にんげんいつ生涯せうがいうちおいおこなったすべてのおこない勿論もちろんのこと、くちったことおよこころおもったことまでもみなのこりなくその善悪ぜんあくをお審判さばきになるので御座ございます、此事このことコリンフしょうちやうもうして御座ございます『しゅ幽暗くらやみかくれたることてらこころはかりごとあらはさん』〔前書四の五〕。

問 それでは其様そんかみのお審判さばき何時いつごろるので御座ございますか。

答 何時いつるかわからないので御座ございます、聖書せいしょもうされてりまするとほり、其様そのやう審判さばきあたかも『ぬすびとよるるがごとく』〔ペトル後公書三の十すこしもひとらないうち不意ふいますもので御座ございますから、わたくしどもつね其時そのとき心掛こころがけをして、其時そのとき神様かみさまのお審判さばきこた出来できやううつくしくこの日々ひびわたやうにしなければなりませぬ、聖書せいしょ矢張やはり此事このこといましめて御座ございますには『儆醒さめおきよ、けだしなんぢなんなんときひときたることをらず』〔馬太二十五の十三〕。

問 をわりわたくしどもをお審判さばきになるためかみ突然とつぜんひとらぬあひだこのにおくだりになると仰有おっしゃいましたが、しか神様かみさま御子みこのおいでになることはわからないにせよ、そのくだりになるちかくになった事丈ことだけうにかしてわかりさうなものでは御座ございませんか。

答 かみふたたこのにおくだりになるときちかづいたことだけあるあらかじめかたどりによってることが出来できるので御座ございます、そのあらかじめかたどりこといて聖書せいしょもうして御座ございますには『おほくのものをかしてきたり、われハリストスなりとひておほくのものまどはさん、またなんぢたたかひたたかひ風声うわさとをかんつつしみておそるるなかれ、けだしみなるべしただ末期をはりあらず、けだしたみたみめ、くにくにめんきん疫病えきべうしん処々ところどころらんみななんはじめなり、』〔マトフェイ二十四の七〕。

問 『われハリストスなりとひておほくのものまどはす』ものると仰有おっしゃいますが、其様そんものつひにはものになるので御座ございますか。

答 其様そんもの教会けうくわいでは又別またべつアンチハリストスもうしてりますが、かれハリストスをしへほろぼためあらゆるじゅつもちしかつひその目的もくてきたっせず、くもおそろしき有様ありさまもっみづかほろびてまうので御座ございます。

問 『ハリストスくに』とふのはくに御座ございますか。

答 一体いったいハリストスくにもうしまするのはこのぜんかいすなは天然てんねんくにもうしまするものと、このじやうきてところ信者しんじゃすなはこれべつことばもうしますれば恩寵おんちょうくにもうしまするものと、最早もはやこのおはってかみもとったじん聖人せいじん一団ひとかたまりこれを『光栄くわうえいくに』ともうしてりますが、このつのくに総括さうくわつしたものを『ハリストスくに』ともうすので御座ございます、しか信経しんけいる『をはりなきハリストスくに』とふのはこのつのくに第三だいさんの『光栄くわうえいくに』をしたもの御座ございます。