通俗正教教話/信経/第七か條

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
wikisource:宗教 > カテキズム > 通俗正教教話

(七)第七か條[編集]

くわうえいあらはしてけるものせしものしんぱんするためまたきたそのくにをはりなからんを』

問 せいしょうちイイスス ハリストスふたたすえこのにおくだりになることにいていかやうもうしてございますか。

答 せいしとぎやうじつ(使徒行伝)のうちもうしてございます、『イイススなんぢそのてんのぼるをごとくのごとまたきたらん』〔一の十一このことばしゅのおしょうてんときかみつかひあらはれて、むなしくしゅしようてんなさったあとながめしとらもうしたことばございます。

問 それではをわりときおそるべきしんぱんついてはいかやうもうしてございますか。

答 イオアンふくいんうちもうしてございます『あやしなかけだしとききたる、およはかうちものかみこえかん、しかしてぜんおこなひしものいのちふくくわつで、あくししものていざいふくくわつでん』〔イオアン五の二十八、二十九このことばしゅみづからのおほせられたことばございます。

問 れでは『をわりなきくに』のことにいてはもうしてございますか。

答 それルカしょうちもうしてございます『かれにおくだりになったかみ)はおほいなるものとなりてじやうしゃとなへられん、しゅかみかれそのダビトくらいあたへん、かれよよイアコフいへわうとなりて、そのくにをわりなからん』〔ルカ一の三十二〕とこのことばかみさまのおつかひせいマリヤそのたんじやうになるかみしやうらいのことをおらせしたことばございます。

問 イイスス ハリストスこのをわりふたたびおくだりになるときには、やはり二千ねんばかまへにおくだりになったときやうありさまもっくだりになるのでございませうか。

答 さうではございませぬ、まったちがつたありさまもっておくだりになるのでございます。二千ねんまへにおくだりになったのはわたくしどもつみあがなはんがためにおくだりになったのでございますからもっといやしきさまもっこのにおくだりになりましたけれどもこのすえふたたびおいでになりまするときは、わたくしどもぜんあくをおさばきになるためにおいでになるのでございますから、せいしょもうされてりまするとほり『くわうえいもって、もろもろせいなるてんしともに』〔マトフェイ二十五の三十一もっとおごそかなるさまもっこのにおくだりなるのでございます。

問 ひとをおさばきになるためにおくだりになるとおっしゃいますが、みなひとをおさばきになるのでございますか、れともあるひとをおさばきになるためにおいでになるのでございますか。

答 それひとひとみなのこらずおさばきになるためにおいでになるのでございます。

問 そのときかみことをおさばきになるのでございますか。

答 それわたくしどもにんげんいつせうがいうちおいおこなったすべてのおこないもちろんのこと、くちったことおよこころおもったことまでもみなのこりなくそのぜんあくをおさばきになるのでございます、このことコリンフしょうちやうもうしてございます『しゅくらやみかくれたることてらこころはかりごとあらはさん』〔前書四の五〕。

問 それではそんかみのおさばきいつごろるのでございますか。

答 いつるかわからないのでございます、せいしょもうされてりまするとほり、そのやうさばきあたかも『ぬすびとよるるがごとく』〔ペトル後公書三の十すこしもひとらないうちふいますものでございますから、わたくしどもつねそのときこころがけをして、そのときかみさまのおさばきこたできやううつくしくこのひびわたやうにしなければなりませぬ、せいしょやはりこのこといましめてございますには『さめおきよ、けだしなんぢなんなんときひときたることをらず』〔馬太二十五の十三〕。

問 をわりわたくしどもをおさばきになるためかみとつぜんひとらぬあひだこのにおくだりになるとおっしゃいましたが、しかかみさまみこのおいでになることはわからないにせよ、そのくだりになるちかくになったことだけうにかしてわかりさうなものではございませんか。

答 かみふたたこのにおくだりになるときちかづいたことだけあるあらかじめかたどりによってることができるのでございます、そのあらかじめかたどりこといてせいしょもうしてございますには『おほくのものをかしてきたり、われハリストスなりとひておほくのものまどはさん、またなんぢたたかひたたかひうわさとをかんつつしみておそるるなかれ、けだしみなるべしただをはりあらず、けだしたみたみめ、くにくにめんきんえきべうしんところどころらんみななんはじめなり、』〔マトフェイ二十四の七〕。

問 『われハリストスなりとひておほくのものまどはす』ものるとおっしゃいますが、そんものつひにはものになるのでございますか。

答 そんものけうくわいではまたべつアンチハリストスもうしてりますが、かれハリストスをしへほろぼためあらゆるじゅつもちしかつひそのもくてきたっせず、くもおそろしきありさまもっみづかほろびてまうのでございます。

問 『ハリストスくに』とふのはくにございますか。

答 いったいハリストスくにもうしまするのはこのぜんかいすなはてんねんくにもうしまするものと、このじやうきてところしんじゃすなはこれべつことばもうしますればおんちょうくにもうしまするものと、もはやこのおはってかみもとったじんせいじんひとかたまりこれを『くわうえいくに』ともうしてりますが、このつのくにさうくわつしたものを『ハリストスくに』ともうすのでございます、しかしんけいる『をはりなきハリストスくに』とふのはこのつのくにだいさんの『くわうえいくに』をしたものございます。