通俗正教教話/主の御祈祷

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
wikisource:宗教 > カテキズム > 通俗正教教話

(二)しゅたう[編集]

(唱名・七請願・讃揚)

問 基督教徒クリスチヤニンつねになすべきたうほんとなるやうなものは御座ございますでせうか。

答 御座ございますとも、『しゅ祈祷いのり』として聖書せいしょ〔馬太六の九 - 十三〕にしるして御座ございまするのがそれ御座ございます。

問 『しゅ祈祷いのり』ともうしますのはなんこと御座ございますか。

答 しゅたうもうしまするのは、我主わがしゅイイスス・ハリストスくちづからその御弟子おでしおんおしへになりお弟子でしすべての信者しんじゃつたらせましたたう御座ございます。

問 それではそのたうもん如何どんもんなので御座ございますか。

答 それは次の様なもん御座ございます。
てんましまわれちちよ、ねがはくばなんぢせいとせられ、なんぢくにきたり、なんぢむねてんおこなはるるごとにもおこなはれん、わが日用にちようかて今日こんにちわれあたたまへ、われおひめあるものわれゆるすがごとわれおひめゆるたまへ、われいざなひみちびかず、なほわれきょうあくよりすくたまへ、けだしくに権能ちから光栄さかえなんぢ世々よよす「アミン」』〔馬太六の九 - 十三〕。

問 『しゅたう』をくはしくしらその意味いみきはめまするにはいたしましたならばよろしう御座ございませうか。

答 それには『しゅたう』を『唱名しやうみやう』と『七つの請願ねがひ』と『讃揚ほめあげ』の三つにぶんして各々おのおのそれいてしらべましたならばくはしい意味いみわかるので御座ございます。
唱名しやうめうのこと
<<てんましまわれちちよ>>

問 わけ神様かみさまわたくしどもが『ちち』ととなへるので御座ございますか。

答 わたくしども人間にんげんしゅイイスス ハリストスこのにおくだりになって救贖あがなひみちをおてになるまであくおもとほりになるあくれい御座ございましたが、しかし一度しゅによってわたくしどもあがなはれましたのちその恩寵めぐみによってしゅしんずるものことごとく神様のあいとなったので御座ございます、其処そこで神様をぶにも『ちち』とばるるぶんとなったので御座ございます、聖書せいしょ此事このこともうして御座ございますには『イイススをそのしんずるものにはしゅかみるのけんたまへり』〔イオアン一の十二〕『なんぢみなハリストス・イイススしんずるによりてかみなり』〔ガラテヤ三の二十六〕と。

問 大勢おほぜいひといち御祈ごきたうをするときなれば『われちちよ』ともうしまするのもきこへたはなし御座ございますが、ただ一人ひとりわたくしどもが神様に御祈祷をするときでも矢張やっぱり『我父わがちち』よとはず『われちちよ』とつねもうしまするのはわけ御座ございますか。

答 それ基督信者ハリスチヤニンたるものはつね自己おのればかりをかんがへず、自分じぶんことかんがふるとどう他人ひとうへのこともかんがへて、神様にものをおねがひするときにもつねに自分のばかりでなく他人ひとめにもおねがひする義務つとめもつりまするので一人ひとり祈祷をするときでも何時いつも『われちちよ』ともうすので御座ございます。

問 何為なぜ神様をときに『てんまします』とことば其上そのうへかぶらせるので御座ございますか。

答 それず神様に御祈祷をするにさきだって此塵このちりおもひことごとおもひきよめてこころてんげ、神様のくにことこころうちおもかべしむるがため御座ございます。
第一だいいち請願せいがん
<<ねがはくはなんぢせいとせられ>>

問 『なんぢせいとせられ』とわたくしどももうさずともしゅ御名みな永久とこしへけがれなくせいなるものでは御座ございませぬか。

答 やう御座ございますとも聖書に『権能ちからあるものせいなり』〔ルカ一の四十九〕ともうして御座ございますとほり、しゅ御名みなわたくしどものぞまずとも永久とこしへせいなるものでは御座ございますが、しか其聖そのせいなる御名みなわたくしどもは自分のせいおこなひによっておそおほくも屡々しばしばけがすので御座ございます、で『なんぢせいとせられ』ともうしまするのは畢竟つまりそれためもうしまするのでこのことばけつして神様のけがれてるからそれせいにしやうとふのでわたくしどもぶるのではく、神様の御名みな何時いつでもせい御座ございまするが、其聖そのせいなる御名みなわたくしどもわることおこなってはどろりまするので、うか其様そのやうな神様の御名みなけがやうおこなひつつしまうとふのでぶるだいなので御座ございます、すなはち第一にはわたくしどもこころうちつねに神様の御名みなわすれないやうきざけて、その御名みなけがさぬやうおこなひつねして神様をぐること、第二にはにんそのわたくしどもおこなひて『有繋さすが基督信者ハリスチヤニンである』とわたくしども感服かんぷくするとともに神様の御名みなぐるやうつとむるので御座ございます、うすればここはじめて『なんぢせいとせられ』とわたくしどもとなへた御祈祷のしゅとほわけなので御座ございます、聖書せいしょもうして御座ございまするには『なんぢひかり人々ひとびとまへるべし、かれなんぢおこなひてんいまなんぢちち讃栄さんえいせんためなり』〔馬太五の十六〕とわたくしども日常いつでも此様このやうこころけをたねばなりませぬ。
第二だいに請願せいがん
<<なんぢくにきたり>>

問 ここもうして御座ございまする『なんぢくに』とは何様どんなくにことなので御座ございますか。

答 それこの俗界よのなかはなれたれいなる社会よのなかのことなので御座ございます、くはしくこれもうしますればそのなんぢくに』ともうしまする神様のめぐみあるくにわたくしどもつねこころうちのぞえがいて社会しゃくわい御座ございまして其処そこにはたたかいもなければ争論あらそひもないきはめてへいしてただしいうつくしいなかで、ぞくもうしますれば畢竟つまりすべてが順序じゅんじょよくおこなはれている黄金世界なので御座ございます、せい使徒しとパエルそのてがみうちかくごとなかことあかしてもうしましたには『かみくに飲食いんしょくらず、すなはへい聖神せいしんよろこびとにるなり』〔ロマ十四の十七[1]

問 では其様そのやう社会よのなか何時いつるもので御座ございませうか。

答 それあへ何時いつまってわけでは御座ございません其様そんな『くに』のるとないとは人々ひとびとこころがけだいで、ひとが神様のむねかなただしいおこなひつねしてるならば、神様のくに其人そのひとこころなかつねのぞんでるので御座ございます、これはんかみむねもとやうおこなひをしてりまするひとには神様のめぐみあるくに永久とこしへのぞいたらぬので御座ございます。

問 それでは神様のさちある其様そんくに人々ひとびとこころうちのぞきたときにはなにかわったことでもるので御座ございますか。

答 いいえなにかわったことわけでは御座ございません、かみくにもっと奥床おくゆかしくひとらざるうちのぞるもので御座ございまして、此事このことは聖書にも『かみくにあらはきたらず』〔ルカ十七の二十〕とあきらかしるして御座ございます。

問 『なんぢくにきたり』ともうしますることばもつわたくしどもは神様の『おめぐみくに』のほかまたなにもとめなければなりませぬか。

答 それ光栄さかえくにすなはつねわたくしども死後しごかうとのぞんでところさいはひおほ天国てんごくもとめなければなりませぬ、せい使徒しとパエルの『かれて(死して)ハリストスともらんことをねがふ』〔フィリッピ一の二十三〕とったことばじつこののぞみあらはしたおな意味いみこと御座ございます。
第三だいさん請願せいがん
<<なんぢむねてんおこなはるるごとにもおこなはれん>>

問 第三だいさん請願せいがんのぞみあらはしたもの御座ございますか。

答 第三だいさん請願せいがんもうして御座ございまするのぞみのぞみなので御座ございます、わたくしどもおこなひますることしくは偶然ぐうぜんわたくしどもうへおこってまするすべてのことみなわたくしどものぞみどほりでなく、唯々ただただ神様のむねどほりにおこなはるるやうにとののぞみあらはしたものなので御座ございます。

問 何為なぜ其様そのやうことを神様にねがひいたすので御座ございますか。

答 何為なぜもうしましてわたくしどものぞみますることにはろくこといので人間にんげんかんがへまこと浅薄あさはかなもので御座ございまするからそののぞみかなへたことがかへつ往々ままがいになる様なことが屡々しばしばるので御座ございます、しかるに神様は些少すこしつみもなく過去かこ現在げんざいらいすべてごぞんじのかた御座ございまするからそのむねまかせすることははるかわたくしどもぶんねがひするよりもおほくのさいはひるので御座ございます、聖書に此事このことを『(神は)われおよもとむるところあるひおもところよりもきわめておほすを』〔エヘス三の二十〕ともうして御座ございます。

問 何為なぜそれでは神様のむねが『てんおこなはるるごとにもおこなはるる』ことをねがふので御座ございますか。

答 それてんすなはち神様のくにおいてはもろもろてん使およ諸義人ぎじんたちすべて神様のむねどほりに物事ものごとおこなってりますので、うかこのおいてもわたくしどもかんがふることおこなふことがあくむねでなく神様のむねかなやうにとため此事このことねがいたすので御座ございます。
第四だいし請願せいがん
<<わが日用にちようかて今日こんにちわれあたたまへ>>

問 『日用にちようかて』とはなんこと御座ございますか。

答 『日用にちようかて』とふのは人間にんげん生命いのちささへてくに日々ひび必要ひつようくべからざるものたとへばこめとかみづとかやうものもうすので御座ございます。

問 何為なぜ其様そんな日用にちようかてを神様にねがいたすので御座ございますか。

答 それ我主わがしゅイイスス ハリストスのおおしたまひし御誡いましめしたがってねがいたすのでけつして自分勝手にぶるのでは御座ございません、しゅかつその弟子でしに、なんぢただ生活のため必要ひつえうくべからざるもののみをかみねがったならばそれ充分じうぶんる、そのものみなかみむねまかせてけばよろしい、してかみなんぢ被下くださったならばそれ感謝かんしゃしていただ被下くださらなければべつ其事そのこと心配しんぱいする必要ことい、なんとなればかみなになんぢ必要ひつえうで、なにった方がよいとことは『なんぢねがはざるさきなんぢもとむるところる』〔マトヘイ五の八〕ともうされたことが御座ございます。

問 それではなんために『日用にちようかて』をただ今日こんにちのみねがいたすので御座ございますか。

答 それわたくしどもこころつねったりんだりする事許ことばかりにかたむくのをふせためで、わたくしどもそのそのなんゆうもなくくらしてったならばなんの一年も二年もさきこと心配しんぱいせずともいので、先々さきざきことは『わたくしどももとむるよりさきぞんじて御居おいでになる』神様にまかせしてけばすこしも心配しんぱいすることなくたのしくこのすごごすことが出来できるので御座ございます、『日用にちようかて』を今日こんにちのみねがふのはわけなので御座ございます。

問 『日用にちようかて今日こんにちわれあたたまへ』といのりをもつわたくしどもこめしおほかまた何物なにものもとめなければなりませぬか。

答 霊魂たましひやしなってかてもとめなければなりませぬ、其様そのやうかてかったならばたましひうえて死んでまうので御座ございます。

問 ではたましひかてとは何様どんなもので御座ございますか。

答 それは神様のことば我主わがしゅイイスス ハリストス救贖あがない御建おたてになったたい御座ございます聖書せいしょもうして御座ございます『ひとただぱんのみをもつくべきにあらず、すなはちおよかみくちよりづることばもつてす』〔馬太四の四〕、『しゅたいまことかてなりそのまこと飲物のみものなり』〔イオアン六の五十五〕。
第五だいご請願せいがん
<<われおひめあるものわれゆるすがごとわれおひめゆるたまへ>>

問 ここもうして御座ございまする『われおひめ』とはなんことなので御座ございますか。

答 それわたくしどもつみこと御座ございます。

問 それではなんで『わたくしどもつみ』を『おひめ』ともうすので御座ございますか。

答 それわたくしども人間にんげんは神様からばんおいつくされぬめぐみけてりながらその恩返おんがえしをいたすことができないばかりでなく屡々しばしば神様の御誡いましめそむそのむねさからやうなことをなしまするので、畢竟つまり神様にたいしてじやう借金かりわけ御座ございます、それ御座ございますから『わたくしどもつみ』を『おひめ』ともうしたので御座ございます。

問 『われおひめあるもの』ともうしまするとひとことなので御座ございますか。

答 それには種々いろいろ種類しゅるい御座ございます、かねしてってそれかへさぬ人もおひめあるもの御座ございますれば、種々いろいろ世話せわをしてっても其恩そのおんかへすことをしらひとおひめあるもの御座ございます、要するにわたくしどもたいして当然たうぜんになすべきことをさぬひとみなわれおひめひとなので御座ございます。

問 其様そのやうわたくしどもは神様のまへおひめるとしましたならば神様のお審判さばきときそれではそのおひめわたくしどもうしてのがれるので御座ございますか。

答 それのがれるには我主わがしゅイイスス ハリストスたのんでその中保なかだちって神様に自分じぶんおひめゆるしねがいたすので御座ございます、聖書せいしょには其事そのことやうもうされて御座ございます。
かみいつなり、かみひととのあいだには中保者なかだちまたひとりなり、すなはちひとハリストス・イイスス衆人しゅうじんあがなひのためおのれあたへしものなり』〔テモエイ前書二の五、六

問 それではわたくしどもが神様に自分じぶんつみゆるしねがひしながら他人ひとをかした過失あやまちゆるさなかったならばうで御座ございませうか。

答 其時そのときには神様もわたくしどもつみゆるして被下くださらないので御座ございます、此事このことあきらか聖書せいしょもうされて御座ございます『なんぢひとそのあやまちゆるさばなんぢてんちちなんぢにもゆるさん、ひとそのあやまちゆるさずばなんぢちちなんぢあやまちゆるさざらん』〔馬太六の十四、十五

問 神様は何為なぜわたくしども他人ひとあやまちゆるさなければわたくしどもつみをもゆるしては被下くださらないのですか。

答 何為なぜもうしまして、わたくしども他人ひとあやまちゆるさなかったならばわたくしどもとりなをさず慈悲じひきわまる悪者わるもの御座ございますから神様のめぐみあづかけんいので御座ございます。

問 わたくしどもが神様においのりをして『われおひめあるものわれゆるすがごとわれおひめゆるたまへ』ととなへまするときにはこころがけってらなければなりませぬか。

答 このことばとなへまするときにはこころうちすこしのうらみいかり他人ひとかまへず、こころおだやかにして何人なんびとともぼくして人々ひとびと親切しんせつなるこころがけたねばなりませぬ。聖書せいしょ此事このこといましめて『なんぢ礼物れいぶつ祭壇さいだんたづさいたり(神様にささぐる為に)彼処かしこおいなんぢ兄弟けいていなんぢひまあるをおもおこさばなんぢ礼物れいぶつ祭壇さいだんまへきてきてなんぢ兄弟けいていやわらのちきたりてなんぢ礼物れいもつけんぜよ』〔馬太五の二十三、二十四〕ともうして御座ございます。

問 しかわたくしども幾何いくらひとぼくしませうとおもひましてもむかふのひとわたくしども仲直なかなをりをするがなくまた其人そのひと遠国えんごくためすみやか仲直なかなほりをすることが出来できないあいにはいたしましたならばよろしいので御座ございますか。

答 其時そのときにはざるところなき神様のまへおいこころなかその人々ひとびとぼくしたならばよろしいので御座ございます、聖書せいしょに『くすべくばなんぢちからつくして衆人しゅうじんあひせよ』〔ロマ十二の十七〕ともうして御座ございますとほ出来得できうかぎぼくつと出来得できえざるところは神様のまへぼくしたならばそれよろしいので御座ございます。
第六だいろく請願せいがん
<<われいざなひみちびかず>>

問 ここもうして御座ございまする『いざなひ』とは何様どのやういざないなので御座ございますか。

答 それは神様にたいする信仰しんかううしなはせたり、またおもつみおとしいれんとするやうあぶな誘惑いざなひ御座ございます。

問 では其様そのやういざなひたれたくらむので御座ございますか。

答 それたくらむものはわたくしどもこの肉体からだけんすなはにんひとまどはさうまどはさうとつねおもってあくとで御座ございます。

問 それでは『われいざなひみちびかず』といのりことばもつわたくしども何様どのやうなことを神様におねがいたすので御座ございますか。

答 それは第一にわたくしどもいざなひおちいったとき神様がわたくしどもかへりみてそのいざなひわたくしどもしたがはぬやうにして被下くださることと、第二には神様がわたくしどもこころりになるため故意わざ種々いろいろいざなひわたくしどもくだしになったあいわたくしどもそのいざないけてほろぶるやうなことのやうあらかじめ神様にねがいたしてくので御座ございます。
第七だいしち請願せいがん
<<なほわれきょうあくよりすくたまへ>>

問 ここもうして御座ございまする『われきょうあくよりすくたまへ』とことばもつわたくしども何事なにごとを神様にねがいたすので御座ございますか。

答 それは神様がわたくしどもあく奸悪かんあくなるはかりごとよりすくいだたまことなので御座ございます、かいばん初人しょじんアダムつみおちいったらいみなあくふくする』〔イオアン一書五の十九ものとなってつねわたくしども罪悪ざいあくおとしいやうたくらんでるので御座ございますからわたくしどもそのはかりごとかからないやうに神様にたすけもとむるので御座ございます。
讃揚ほめあげのこと
<<けだしくに権能ちから光栄さかえなんぢ世々よよす「アミン」>>

問 しゅ祈祷いのりうちに神様をぐることばへて御座ございまするのはなんためなので御座ございますか。

答 それは第一にわたくしどもてんまします神様にこのことばもつ尊敬うやまひあらはし、第二には神様のかぎりなき権能ちから光栄さかえとをつねこころうちおもうかべて、神様はかならわたくしどもねがひききれて被下くださるとかた信仰しんかうこころうちつがため御座ございます。

問 『アミン』とことば意味いみことば御座ございますか。

答 『アミン』とことばはエウレイ(ヘブライ)のことば御座ございますがこれを日本語に翻訳やくしてもうしますれば『まこと其通そのとほりで御座ございます』とかまたは『そのとほりになることのぞんでります』とかもう意味いみなので御座ございます。

問 それではなんためこのことば讃揚ほめあげことばをはりけるので御座ございますか。

答 それせい使徒しとヤコフその公書てがみうちおいおしへてりまするとほり『しんもつすこしうたがはずして』〔一の六〕神様にそのねがひぶるがため御座ございます。

脚注 [編集]

  1. 原文は「ロマ十五の十七」ですが、明らかに誤植と思われるので「ロマ十四の十七」に訂正しました。