通俗正教教話/望を得る方法

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
wikisource:宗教 > カテキズム > 通俗正教教話

通俗正教教話下巻(望と愛の巻)  加島あきら編

のぞみのこと

(一)のぞみる方法[編集]

(祈祷と眞の教)

問 基督信者ハリスチヤニンつねつてりますところ希望のぞみんな希望のぞみ御座ございますか。

答 私共わたくしども信者しんじゃ希望のぞみは、神様が人々のためおもんばかって被下くださ救贖あがなひと人類に約束やくそくなさった幸福さいはひとをかたこころしんじて神様を一重ひとへたのんでこころやすんずることなので御座ございます、聖書にこの希望のぞみのことをやうもうして御座ございます『しゅイイスス・ハリストスわれのぞみなり』〔テイモヘイ前書一の一〕『ゆえなんぢこころこしつかね、敬醒けいせいしてイイスス・ハリストス顕現あらはれときなんぢたまところ恩寵おんちようまったのぞめ』〔ペトル前一の十三

問 では其様そんさいはひ希望のぞみるにはいたしましたならばよろしいので御座ございませうか。

答 それるにはづ第一にはたうをなし、第二には幸福さいはひきたまことおしへ誠心まごころもつしたがふので御座ございます。

問 神様にたうささぐることが希望のぞみひとつ方法しかたることは聖書せいしょしるして御座ございますか。

答 しるして御座ございますしゅイイスス・ハリストスおほせられましたことばうちもん御座ございます。
もとめよしからばなんぢあたへられん、たづねよしからばはん、もんたたけよしからばなんぢためひらかれん、けだおよもとむるものたづぬるものひ、もんたたものにはひらかれん』〔馬太マトフェイ七の七、八またなんぢわがりてもとめんものわれおこなはん』〔イオアン四の十四〕『もとむる』とはたううちもとむることなので御座ございます。

問 たうふのはうことなので御座ございますか。

答 たうふのは智慧ちえこころを神様にけますることで、これそとあらはため種々いろいろうやまひことばべるので御座ございます。

問 それでは智慧ちえこころを神様にけてことをしなければなりませぬか。

答 第一には神様が何事なにごとにもそくなき立派りっぱいたって円満えんまんかたることをたたへ第二には神様がわたくしども被下くださおん恩恵めぐみおん慈愛いつくしみたいしてれいもうしげ、第三には自分がこのおくるに必要くべからざるものたまはやうねがいたすので御座ございます、それ御座ございまするからたうには讃揚さんやう(ほめあげ)と感謝かんしゃ御礼おれい)と請願せいがん御願おねがひ)との三つのものくてはならぬものなので御座ございます。

問 たうなに御座ございますか。ことばさずこころうち出来できないもので御座ございますか。

答 いいえことばくちさなくとも智慧ちえこころもつて祈祷しらるるので御座ございます、たとへば旧約時代のモイセイがイズライリ人を引率ひきつれて阿拉比亜アラヒヤ紅海こうかいわたりまするときしました祈祷はこころなかの祈祷でけつしてくち言葉ことばしたものでは御座ございませぬ〔埃及出記エギペトをいづるき四の十五〕。

問 其様そんな祈祷はなんとかべつりますので御座ございますか。

答 御座ございます、其様そんな祈祷を『こころなかたう』又は『黙祷もくたう』ともうしてります、で、くちことばしましたり種々いろいろ形容かたちをしまする祈祷はこれくちたう又は外貌おもてたうもうします。

問 こころなかの祈祷をせずただ外貌おもてばかりの祈祷をすることが出来できませうか。

答 出来できますとも、すこしも真面目まじめこころたず只表ただうはそらで祈祷をしたならばそれ外貌おもてばかりの祈祷で、其様そんな祈祷は神様のこころもちわるくするほかには何等なん甲斐かひもないので御座ございます、神様は其様そんうはそらの祈祷をする人をいかつて聖書せいしょうちまうされてります『たみくちにてわれちかづきくちびるにてわれうやまへどもそのこころとほわれはなる』〔馬太十五の八〕。

問 それではわたくしども外貌おもてあらはるる祈祷をせずにこころなかの祈祷ばかりをったならばそれ充分じゅうぶんでは御座ございませんか。

答 いいえけつして充分じゅうぶんでは御座ございません、なんとなれば人間にんげんもうしまするものは霊魂たましひばかりのものでは身体からだ霊魂たましひあひがつしてはじめて出来できあがってるもので御座ございますから祈祷をしまするにはただこころばかりでなく身体からだこころともに祈祷しなければなりませぬ、こころことくち外貌うはべあらはるる〔馬太十二の三十四〕のは自然しぜんで、たましひからだつねあひともなってくもので御座ございます、で御座ございますから我主わがしゅイイスス・ハリストス其父そのちちに御祈祷をなさいましたときには、ただこころばかりの祈祷でなくつねことばいだ姿勢すがたただしくし、てんあふひざかがまた俯伏ふふくして御祈ごきたうをなさったので御座ございます〔イオアン十七の一、ルカ二十二の四十一、馬太二十六の三十九参照〕。