通俗正教教話/幸福を得る御教

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
wikisource:宗教 > カテキズム > 通俗正教教話

(三)幸福さいはひおんおしへ[編集]

真福しんぷく九端きうたんのこと)

問 基督教徒ハリスチアニンつねしたってりまする救贖すくひさいはひ希望のぞみまするにはたうほかに又何様どのやうなことをせなければなりませぬか。

答 それまへにももうしましたとほ幸福さいはひきたまことおしへごころもつしたがひ、そのいましめただしくおこなはなければなりませぬ、聖書にもうして御座ございまするには『およわれしゅしゅよとものただいたづらに神様に祈祷をなす様な者)はかならずしも天国てんごくるにあらず、ただてんいま我父わがちちむねおこなものらん』(馬太七の二十一

問 それではそのわたくしどもしたがふべきまことおしへ何様どのやうおしへ御座ございます。

答 それ我主わがしゅイイスス・ハリストスもっと簡約かんやくべられました九箇くかでうおんおしへ御座ございます
一 こころまづしきものさいはひなり天国てんごくかれものなればなり、
二 ものさいはひなり彼等はなぐさめんとすればなり、
三 温柔すなほなるものさいはひなり彼等はがんとすればなり、
四 かはものさいはひなり彼等はくをんとすればなり、
五 矜恤あはれみあるものさいはひなり彼等は矜恤あはれみんとすればなり、
六 こころきよものさいはひなり彼等はかみんとすればなり、
七 へいおこなものさいはひなり彼等はかみづけられんとすればなり、
八 ため窘逐きんちくせらるるものさいはひなり天国てんごくは彼等のものなればなり、
九 ひとわれためなんぢののし窘逐きんちくなんぢこといつはりてもろもろしきことばはんときなんぢさいはひなりよろこたのしめよてんにはなんぢむくひおほければなり、(馬太五の三 - 十二

問 このおしへを正しく解釈しまするにはこと最初はじめこころけねばなりませぬか。

答 それこのおしへけつして神様の命令めいれいではなく神様のおすすめでるとことふかこころをさめて私共わたくしどもすすんで、たれにもいられずこのいましめふくさなければなりませぬ。
幸福さいはひの第一誡命かいめい
<<こころまづしきものさいはひなり天国てんごく彼等かれらものなればなり>>

問 私共わたくしどもまこと幸福さいはひるがために守るべき第一の誡命いましめどん誡命いましめ御座ございますか。

答 それは『こころまづしくすること』なので御座ございます。

問 『こころまづしくする』ともうしまするとふことなので御座ございますか。

答 それは人間とふ人間にはたれにも自惚うぬぼれこころのぞいて、只管ひたすら神様のちからたのみますることでほかことばもつもうしますれば謙遜へりくだることなので御座ございます、つまびらかこれもうしますれば『こころまづしくする』とは自分がって才能さいのうとかとみとか、ちからとかをすこしもたのまず、これすべて神様の被下くださったもので自分の手でつくしたものでないとおもこころひくふしてつねに神様をたのむことで御座ございます。

問 それでは金満家かねもちも『こころまづしくすること』が出来できるので御座ございますか。

答 ろんのことで御座ございます設令たと幾萬いくまん幾億いくおくの財産をってりまする富豪かねもちでも、其人そのひとつね聖書せいしょうちもうして御座ございまする『ひとぜんかいるともおのれたましひそこなはばなんえきかあらんそもひとなにあたへてそのたましひあがなひとなさんや』(馬太十六の二十六)とことばこころうちとどめて、自分のってたからこのばかりのもので、こころ幸福さいはひるには一文いちもんあたひもなきものでるとふことをさとり、熱心に神様をたのむなれば設令たと其人そのひと幾億いくおくの財産がってもこころばかりはまづしくしてられるので御座ございます。

問 それではこのまづしくくらすことは『こころまづしくする』うへなにかの効能かうのうるので御座ございますか。

答 『こころまづしくする』といなとは其人そのひと心掛こころがけで、かならずしもまづしい生活くらしをしてるからこころまづしくなるとわけいので御座ございます、しかしながら基督教徒クリスチヤニンみづかすすんでごころからとみはしねんててまづしき生活よわたりえらんだならば、そのまづしい生活くらしたしかに『こころまづしくする』うへおいだいえきるので御座ございます、我主わがしゅイイスス・ハリストス富者ふうしゃもうされましたことばうちやうなことが御座ございます、『なんぢ完全かんぜんならんとほつせばきてなんぢ所有もちものりて貧者ひんしゃほどこしからばざいてんたもたんかつきたりてわれしたがへ』(馬太十九の二十一

問 それでは『こころまづしきものに』何為なぜ神様は天国てんごく約束やくそくなさったので御座ございますか。

答 それすでもうしましたとほこころまづしきものおのれてて神様をはかたのんでひと御座ございますから、其様そんひとこころうちには又神様をしんずるこころざしと、来世らいせいおいじんくべき神の国の幸福かうふくに対する希望が充満みちみちしたがって其人そのひとこころなかには天国てんごく種子たねこのおいすでめざしにるので御座ございます、神様がこころまづしきひと天国てんごくをお約束なさったのはじつそれためなので御座ございます。
幸福さいはひの第二誡命かいめい
<<ものさいはひなり彼等かれらなぐさめんとすればなり>>

問 ここに『もの』ともうして御座ございまするのはなんためひとなので御座ございますか。

答 それは神様のまへつねぶん大罪だいざいをかしてることをおもいだしては心からそのつみあらためてなみだながあるひおのが神様につかふること疎略おろそかなるをかんがしてうれいしづひともうすので御座ございます聖書せいしょ其様そのやうひとすくひることをもうして御座ございますには、『かみためにするうれいくやみなき悔改くわいかいしょうじてすくひせしむ、ただうれいいたす』(コリンフ後書七の十

問 神様が其様そのやうつねおのれつみひてかなしんでひとにお約束なさいました『なぐさめ』とはそれでは何様どのやうな『なぐさめ』で御座ございますか。

答 そのなぐさめふのは『つみゆるし』と『こころへい』で御座ございます。

問 何為なぜそれではつねかなしんでひとむかってことこのお約束をなさったので御座ございませうか。

答 それ此様このやうひとがちあまかなしんで其為そのためつひまった絶望ぜつばうをしてまうやうなことにらないやうため此様このやうなお約束やくそくをおあたへになったので御座ございます。
幸福さいはひの第三誡命かいめい
<<温柔おんじゆうなるものさいはひなり彼等かれらがんとすればなり>>

問 『温柔おんじゆう』とはこともうすので御座ございますか。

答 『温柔おんじゆう』とはこころたいらかにしつねおのれつつしひとうやまひ、みだりにひといかったり物事にげきしたりなどせぬこともうすので御座ございます。

問 それでは基督教徒クリスチアニンまもるべき温柔おんじゆうとは例令たとへおこなひをしたならばよろしいので御座ございますか。

答 づ神様をうらまず、ひととがめず、設令よしやひとのするところおのれこころかなはずともそれいからず、してまた自分のおこなひを人の前でほこる様なことをなさぬ事で御座ございます。

問 神様が温柔おんじゆうものにお約束やくそくなさいました『』とはなにを意味するもので御座ございますか。

答 この』ともうしますることばには二つの意味いみるので御座ございます、ひとつ永遠えいえんかぎりなき神様の国のおめぐみのことで、この種々いろいろなるよろこびさいはひとを意味いみしたもので御座ございます、それ御座ございますからこのことば今一いまいちこまかもうしますれば、『神様をうらまずひととがめずつね温柔おんじゆうなるものこのおいてはこのさいはひよろこびを受け、らいおいては又らい幸福さいはひくることが出来できる』とふことなので御座ございます。
幸福さいはひの第四誡命かいめい
<<かはものさいはひなり彼等かれらくことをんとすればなり>>

問 『かはく』とはなんこと御座ございますか。

答 それあたかひとえた時に食物しょくもつのぞみ、かはいた時にみづしたふ様に人々が神様のよみたまふ『』にあこがれることなので御座ございます、神様のよろこたまとはロマしょ所謂いはゆるイイスス ハリストスしんずるにりてことごとくの信者しんじゃてがらなくして啻々ただただハリストスあがなひによりて神様のたまふ』(ロマ三の二十二 - 二十四参照)ところつみゆるしことなので御座ございます。

問 それでは『かはく』ひとおこなひさねばなりませぬか。

答 それこのんでおこなひながらみづかそのおこなひなるものとせず、ぶんつねに神様の前につみありあやまちあるものおもって一向ひたすらイイスス ハリストスめぐみたより、ぶんつみきよめられてとせらるることちょうえたもの食物しょくもつのぞむ様にしたあえことなので御座ございます。

問 『かはものに』神様の約束やくそくなさいました『くこと』とはなにくことなので御座ございますか。

答 それたましひたましひ食物しょくもつることなので御座ございます、一体いったいこのことばたましひえたひとたとへてもうしましたこたば御座ございまして、食物しょくもつえたもの食物しょくもつりますればじやう安心あんしんいたしまするとどうに、また身体からだせいくので御座ございます、それおなじく神様のかはいてひとそのたならばふべからざる安心あんしん喜悦よろこびとをかんずるばかりでなく一層いっさうすすんで神様によろこばるる様なおこなひやうとげんしてるので御座ございます、ここもうして御座ございまする『くことをる』とは其様そのやう安心あんしんよろこびとげんとをることなので御座ございます、しか畢竟ひつきやうするに其様そのやうよろこびただ一時的のものでけつして充分じゅうぶんなものでは御座ございませぬから、神様はろんかはひと』に其様そのやうこのよろこびどうまたらい完全かんぜんよろこびをもあはせておあたへになることをお約束やくそくなさってるので御座ございます。
幸福さいはひの第五誡命かいめい
<<矜恤あはれみあるものさいはひなり彼等かれら矜恤あはれみんとすればなり>>

問 ここもうして御座ございまする『矜恤あはれみ』とはこと御座ございますか。

答 それ鳥渡ちよつと一言いちげんあかすことは中々なかなか困難こんなん御座ございます。たんに『矜恤あはれみ』ともうしましてもそのはんせい金口きんこうイオアンもうしてりまするとほり、まことに『ひろかぎりなきもの』(馬太第十五講話)で御座ございまするからこれくはしくべまするにはうしても『矜恤あはれみ』を『物質しなものうへ慈善あはれみ』と『こころうへ慈善あはれみ』とにけてかなければなりませぬ。

問 それでは『物質しなものうへ慈善あはれみ』ともうしまするとことしてもうしまするので御座ございますか。

答 それ飢餓うえせまってもの食物たべものあたへたり、かはきになやんでものみづませたり、ものひとものめぐんだり、つみ監獄かんごくつながれてものなぐさめてやったり、病人をそれしたしくかんして出来できだけやまひ全快ぜんくわいちからつくしてったり、旅人たびびと親切しんせつとりあつかって出来できだけ便べんあたへてやったり、まづしくしてんだもの世話せわをして葬式とむらひすませてやったり、かく何事なにごとにまれ、くるしんでものかなししんでもの充分じゅうぶん扶助たすけあたへることなので御座ございます。

問 それでは『こころうへ慈善あはれみ』ともうしますると何様どのやうなことなので御座ございますか。

答 これ種々いろいろりますが、ここふたべてませうならば、悪人あくにん邪道じゃだうから反正はんせいせしめて人間にんげんにしたり、愚昧おろかにしてつねまよってもの真理まことみちまことおしへさづけたり、友人ともだち知人しりびとまたにんあぶなところ種々いろいろはかりごとめぐらしてやって其人そのひとがいからのがれしめてったり、ひとためつねおもってひとさいはひかみねがったり、鬱々うつうつとしてたのしまぬものなぐさめてったり、ひと侮辱あなどりゆるしてったりなどすること御座ございます。

問 それでは法律はふりつって罪人ざいにんばつすることはこのいましめそむいてはらないので御座ございませうか。

答 いいえけつしてそむいてはらないので御座ございますうかして罪人ざいにんあらためさせやうとかあるひつみなきたみ保護ほごしやうとかこころもつ刑罰けいばつおこなふのはすこしもこのいましめそむかないので御座ございます。

問 神様が『矜恤あはれみ』をおこなものにお約束やくそくなさいました『矜恤あはれみ』とはふ『矜恤あはれみ』なので御座ございますか。

答 それひと死後しご神様からこのおこなったおこなひ審判さばきけまするときに神様からたまはおん矜恤あはれみのことで、つねに『矜恤あはれみ』をほどこしてひと其時そのときこそ神様の矜恤あはれみ永遠えいえんさだめらるべき神罰しんばつからのがるるので御座ございます。
幸福さいはひの第六誡命かいめい
<<こころきよものさいはひなり彼等かれらかみんとすればなり>>

問 『こころきよもの』とは如何いかなるひともうすので御座ございますか。

答 それえずこころいましめてこころうちおこじやう思念おもひり神様をたのんでこころつねれいにしてひとなので御座ございます。

問 神様がこころきよものにお約束やくそくなさいましたほうの『かみる』とことことなので御座ございますか。

答 『かみる』とふことはかみかたはらかれるとふこととおなじことなので御座ございます、屡々しばしばまへにももうしましたとほり神様はわたくしどもただひとつのぞみ御座ございますからわたくしどもにしてその希望のぞみなる神様のそばかれ、神様と直接ぢきぢきまみゆることが出来できたならばわたくしどもれよりさいはひなことはいので御座ございます、『かみる』とふことは一言ひとこともうしますれば『さいはひる』とふことで御座ございます。
幸福さいはひの第七誡命かいめい
<<へいおこなものさいはひなり彼等かれらかみづけられんとすればなり>>

問 ここもうして御座ございまする『へいおこなもの』とは何様どのやうひとのことで御座ございますか。

答 それ他人ひと交際つきあふにつね友愛いうあいもつ交際つきあひ、ひとあらそひ原因もととなるやうなことこころけてきはめてくる様にし、其様そのやうけても他人ひととのあひだ不和なかたがひ出来できましたならば其時そのときぶんしょくはづかしまた他人ひとがいおよぼぼさぬかぎりは他人ひとゆづってひとぼくする様な、ひと御座ございますにんどうあらそひなかはいってその仲直なかなほりにじんりょくするひとまたへいおこなふ』ひと御座ございます。

問 神様が『へいおこなもの』にあたへる約束やくそくをなさいました『かみづけられんとす』とのほうふことを意味するので御座ございますか。

答 そのことばじつへいおこなものどくおほいなることとそのほうはれぬほど立派りっぱなものでることをしめしたもので御座ございます。
神様はじつへいおこなひとを、わたくしどもつみあがなひためこのにおくだりになったその独子ひとりごおんなぞらへになり、『神の子』と御名みなをさへ其者そのものさづけになったので御座ございます、此事このことっても『へいおこなもの』が如何いかほどだいなる幸福さいはひけるとふことは大抵たいていさつせられるので御座ございます。
幸福さいはひの第八誡命かいめい
<<ため窘逐きんちくせらるるものさいはひなり天国てんごく彼等かれらものなればなり>>

問 『ため窘逐きんちくせらるるもの』とはひとことなので御座ございますか。

答 それまことみちためには如何いかなる困難なんぎふともそれしのび、すこしもそのこころざしえぬ様な忍耐にんたいつよひともうすので御座ございます。

問 それでは神様は其様そのやうな『ため窘逐きんちくせらるるもの』に褒美むくひ約束やくそくなさったので御座ございますか。

答 『天国てんごく』で御座ございます、神様がかれに『天国てんごく』を御約束なさいましたのはかれこのおいためあらゆるくるしみしのびましたのでそれおぎなため充分じゅうぶんなる幸福さいはひあたへやうと思召ぼしめしなので御座ございます。
幸福さいはひの第九誡命かいめい
<<ひとわれためなんぢののし窘逐きんちくなんぢこといつはりてもろもろしきことばはんときなんぢさいはひなりよろこたのしめよてんにはなんぢむくひおほければなり>>

問 ここもうして御座ございまする『われため窘逐きんちくせらるる』とはたれためなので御座ございますか。

答 それかみためしゅハリストスめ、しゅおしへためもろもろ迫害くるしめふことで御座ございます、其様そのやう迫害くるしめって、つひいのちおとしたひとのことを教会では命者めいしゃもうしましてじんうちかぞへてじやう尊敬そんけいいたすので御座ございます。

問 しゅ其様そのやうものにお約束やくそくなさいました『てんけるむくひ』とはむくひ御座ございますか。

答 それ特別とくべつ安楽あんらく幸福さいはひとで御座ございます。