第五「カフィズマ」

提供:Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
wikisource:宗教 > 聖書 > 聖詠経


第三十二聖詠[編集]

ダワィドえい

じんよ、しゅためよろこべ、さんえいするはしゃかなふ。

しつもつしゅあがめよ、じうげんきんもつかれうたへ、

あらたなるうたかれうたへ、こゑそろへ、よろこんでかれうたへよ。

けだししゅことばせいちょくにして、そのことごとくのしわざしんじつなり。

かれこうしんぱんとをこのみ、しゅれんてり。

てんしゅことばにてつくられ、てんぜんぐんそのくちにてつくられたり。

かれうみみづあつめしこととりでごとく、ふちくらをさめたり。

ぜんしゅおそるべし、およかいものかれまへをののくべし。

けだしかれへばすなはちり、めいずればすなはちあらはれたり。

一〇 しゅほうじんするところはいし、しょみんはかところやぶり、ぼくはくするところやぶる。

一一 ただしゅするところながち、そのこころおもひよよつ。

一二 しゅもつかみとなすたみさいはひなり、しゅえらびておのれしぎょうとなすぞくさいはひなり。

一三 しゅてんよりかんがみてことごとくのひと

一四 そのするところほうよりことごとくのものかへりみる。

一五 かれしゅうじんこころつくり、およかれおこなところかんさつす。

一六 おうたいぐんりてすくはれず、ゆうたいりょくりてまもられず。

一七 うますくひためむなし、そのたいりょくもつたすくるあたはず。

一八 しゅかれおそるるものと、かれあはれみたのものとをかへりみ、

一九 しゅかれたましひよりすくひ、きんときかれやしなはん。

二〇 われたましひしゅたのむ、かれたすけなり、まもりなり、

二一 こころかれためたのしむ、けだしわれそのせいなるたのめり。

二二 しゅよ、われなんぢたのむがごとく、なんぢあはれみわれたまへ。


第三十三聖詠[編集]

ダワィドえいダワィドアワィメレフまへりてようきょうし、かれはれてり、すなはこれつくれり。

われいづれれのときにもしゅげん、かれむるはつねくちり。

たましひしゅもつほこらん、おんじゅうなるものきてたのししまん。

われともしゅたふとめ、ともかれあがめん。

われかつしゅたづねしに、かれわれれて、すべてのあやうきよりわれまぬかれしめたまへり。

げてかれあふものてらされたり、かれおもてはぢけざらん。

まづしきものびしに、しゅれて、これそのことごとくのかんなんよりすくへり。

しゅつかひしゅおそるるものめぐまもりて、かれたすく。

あじはへよ、しゅいかじんなるをん、かれたのひとさいはひなり。

一〇 およしゅせいじんよ、しゅおそ れよ、けだしかれおそるるものとぼしきことなし。

一一 わかししとぼしくしてゑ、ただしゅたづぬるものなんこうふくにもくるなし。

一二 しょうしよ、きたりてわれけ、しゅおそるるおそれをなんぢをしへん。

一三 ひとくるをのぞみ、またながらへてこうふくんことをほつするか、

一四 なんぢしたあくより、なんぢくちいつはりことばよりとどめよ。

一五 あくけてぜんおこなひ、へいたづねてこれしたがへ。

一六 しゅじんかへりみ、そのみみかれぶをく。

一七 ただしゅおもてあくものむかふ、そのよりほろぼさんためなり。

一八 じんぶに、しゅこれき、かれことごとくのうれひよりまぬかれしむ。

一九 しゅこころいためるものちかし、たましひへりくだものすくはん。

二〇 じんにはうれひおほし、しかれどもしゅこれことごとまぬかれしめん。

二一 しゅかれことごとくのほねまもり、そのいつれざらん。

二二 あくざいにんころし、じんにくものほろびん。

二三 しゅそのしょぼくたましひすくひ、かれたのものひとりほろびざらん。

光榮讃詞


第三十四聖詠[編集]

ダワィドえい

しゅよ、われあらそものあらそひ、われたたかものたたかたまへ。

たてよろひとをり、ちてわれたすけ、

つるぎきて、われものみちさへぎり、たましひむかひて、われなんぢすくひなりとへ。

たましひもとむるものは、ねがはくははぢはづかしめけん、われがいせんとはかものは、ねがはくはしりぞけられてはづかしめられん、

ねがはくはかれふうぜんちりごとくなり、しゅつかひかれはらはん、

ねがはくはかれみちくらくしてすべらかになり、しゅつかひかれはん、

けだしかれゆゑなくしてひそかためそのあみなるおとしあなもうけ、ゆゑなくしてこれたましひためうがてり。

ねがはくはほろびにはかかれいたり、そのひそかためもうけしあみかれおほひ、かれみづかこれおちいりてほろびん。

ただたましひしゅためよろこび、そのほどこせるすくひためたのしまん。

一〇 ことごとくのほねはん、しゅよ、たれなんぢよわものつよものよりすくひ、まづしきものとぼしきものかすむるものよりすくものたる。

一一 ふぎなるしょうしゃちてわれめ、らざることわれなじふ。

一二 かれあくもつぜんむくい、たましひどくものす。

一三 かれめるときわれあさものいみもつたましひひくくし、われとうふところかへれり。

一四 われかれちしこと、ともきょうだいごとし、われうれひてき、かうべれしこと、ははするがごとし。

一五 ただわれつまづきたれば、かれよろこびてあつまり、ののしものあつまりてわれめたり、われなんゆえんらず、われそしりてめざりき、

一六 いつはりなるあざけりびとともわれむかひてはがみせり。

一七 しゅよ、なんぢこれることいづれときいたるか、たましひかれあくよりのがれしめ、われひとりなるものししよりのがれしめたまへ。

一八 われなんぢだいかいうちさんえいし、なんぢしゅうみんあひださんようせん、

一九 ふぎにしてわれあだするものわれちてよろこばず、とがなくしてわれにくものたがひめくばせせざらんためなり。

二〇 けだしかれところへいあらず、すなはじょうへいこのものむかいひいつはりはかりごとまうく。

二一 そのくちひらきてわれむかひていはく、よしよしすでたり。

二二 しゅよ、なんぢすでもだなかれ、しゅよ、われはなるるなかれ。

二三 かみしゅよ、ちて、めてためさばきおこなひ、うつたへをさめよ。

二四 しゅかみよ、なんぢりてわれさばたまへ、かれをしてわれちてよろこばしむるなかれ、

二五 そのこころうちに、よしよしわれのぞみごとしとはしむるなかれ、それをしてわれすでこれめりとはしむるなかれ。

二六 およわざはひよろこものは、ねがはくははぢはづかしめけん、われむかひてたかぶるものは、ねがはくははぢあなどりとをかうむらん。

二七 とせらるるをのぞものは、ねがはくはよろこたのしみてつねはん、そのぼくへいあんのぞしゅたふとめらるべし。

二八 したなんぢつたへ、ひびなんぢげん。


第三十五聖詠[編集]

れいちょううたはしむ。しゅぼくダワィドえい

あくしゃほうこころうちふ、そのまへかみおそるるおそれなし、

けだしかれみづかおのれもくぜんへつらひて、そのほうにくまんとして、これただすにたり、

そのくちことばじつにしていつはりなり、かれさとりてぜんおこなふをのぞまず、

かれそのとこりてほうはかり、みづかぜんみちちて、あくにくまず。

しゅよ、なんぢれんてんいたり、なんぢしんじつくもいたる。

なんぢかみやまごとく、なんぢさばきおほいなるふちごとし。しゅよ、なんぢひとけものとをまもる。

かみよ、なんぢあはれみなんたふとき、ひとなんぢつばさかげやすんじ、

なんぢいへあぶらく、なんぢかれなんぢあまながれよりましむ、

一〇 けだしいのちみなもとなんぢり、われなんぢひかりおいひかりる。

一一 なんぢあはれみなんぢものに、なんぢこころなほものつねたまへ。

一二 ねがはくはおごりあしわれまず、ざいにんわれはざらん。

一三 ほうおこなものかしこたふれ、おとされてあたはず。

光榮讃詞


第三十六聖詠[編集]

ダワィドえい

あくしゃねたなかれ、ほうおこなものそねなかれ、

けだしかれくさごとはやられ、あをくさごとしぼまん。

しゅたのみてぜんおこなへ、みてしんじつまもれ。

しゅもつなぐさめせ、かれなんぢこころのぞみかなへん。

なんぢみちしゅたくしてかれたのめ、かれさん、

なんぢひかりごとく、なんぢただしきまひるごとあらはさん。

しゅしたがひてかれたのめ、そのみちたついつはりなるひとねたなかれ。

いかりめ、うらみてよ、ねたみてあくなかれ、

けだしあくものたれん、ただしゅたのものがん。

一〇 ひさしからずしてあくしゃなきせん、なんぢそのところればるなし。

一一 ただおんじゅうなるものぎ、へいあんおほきをたのしまん。

一二 あくしゃはかりてじんめ、これむかひてはがみす、

一三 しかれどもしゅこれわらふ、そのいたるをればなり。

一四 あくしゃつるぎき、ゆみりて、とぼしきものまづしきものとをたふし、なほみちものさんとほつす、

一五 そのつるぎかへりてそのこころつらぬき、そのゆみられん。

一六 じんしょゆうすくなきはおほくのあくしゃとみまさる、

一七 けだしあくしゃひぢられん、ただじんしゅこれたすく。

一八 しゅきずなきものる、かれぎょうながそんせん、

一九 かれかんなんときはぢかうむらず、きんくことをん、

二〇 ただあくしゃほろび、しゅてきこひつじあぶらごとえ、けむりうちえん。

二一 あくしゃりてつぐのはず、じんあはれみてあたふ、

二二 けだししゅこうふくせられしものぎ、かれのろはれしものたれん。

二三 しゅじんあしかため、そのみちよろこぶ、

二四 かれつまづけどもたふれず、しゅそのりてこれたすくればなり。

二五 われいとけなきよりいまゆるにいたるまで、いまじんてられ、そのすゑしょくふをざりき、

二六 かれまいにちあはれみほどこし、またあたふ、かれすゑふくけん。

二七 あくけてぜんおこなへ、しからばながきん、

二八 けだししゅあいし、そのせいしゃてず、かれながまもられん、ただほうものたふされ、あくしゃすゑたれん。

二九 じんぎ、ながこれらん。

三〇 じんくちえいひ、そのしたかたる。

三一 そのかみほうそのこころり、そのあしうごかざらん。

三二 あくしゃじんうかがひ、これころさんとほつす、

三三 ただしゅかれそのわたさず、かれさばきくるときかれつみするをゆるさざらん。

三四 しゅたのみ、そのみちまもれ、しからばかれなんぢげて、なんぢがしめん、あくしゃたるるときなんぢこれん。

三五 われかつあくしゃだいにして、はびこることふかしげりたるごときをたり、

三六 しかれどもかれぎて、よ、なきせり、われこれたづねてず。

三七 きずなきものかんがみ、じんよ、けだしくのごとひとゆくすゑへいあんなり、

三八 ただほうものみなたれ、あくしゃゆくすゑほろびん。

三九 じんすくひしゅよりす、そのうれひときおいしゅそのかためなり、

四〇 しゅかれたすかれのがさん、かれあくしゃよりのがかれすくはん、かれしゅたのめばなり。

光榮讃詞