第四「カフィズマ」

提供:Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
wikisource:宗教 > 聖書 > 聖詠経


第二十四聖詠[編集]

ダワィドえい

しゅよ、なんぢたましひぐ。

かみよ、なんぢたのむ、われよよはぢなからしめよ、てきわれちてよろこばしむるなかれ。

およなんぢたのものにもはぢなからそめたまへ、みだりほうおかものねがはくははぢん。

しゅよ、われなんぢみちしめし、われなんぢみちをしへよ。

われなんぢしんみちびきて、われをしたまへ、けだしなんぢすくひかみなり、われひびなんぢたのめり。

しゅよ、なんぢめぐみなんぢあはれみとをおくせよ、けだしえいえんよりあるなり。

わかときつみあやまちとをおくするなかれ、しゅよ、なんぢいつくしみり、なんぢあはれみもつて、われおくせよ。

しゅじんなり、なり、ゆえざいにんみちをししめす、

けんそんものみちびき、けんそんものおのれみちをしふ。

一〇 およしゅみちそのやくそのけいとをまもものりてれんなり、しんじつなり。

一一 しゅよ、なんぢりてつみゆるたまへ、そのおほいなるをもつてなり。

一二 たれしゅおそるるひとたる、しゅこれえらぶべきみちしめさん。

一三 かれたましひふくり、かれすゑがん。

一四 しゅおうかれおそるるものぞくし、かれそのやくもつこれあらはす。

一五 つねしゅあふぐ、そのあしあみよりいだすにる。

一六 われかへりみ、われあはれめ、われひとりにしてくるしめらるるにる。

一七 こころうれひますおほし、なんよりわれいだせ、

一八 くるしみつかれかへりみ、もろつみゆるたまへ。

一九 てきよ、なんおほき、かれわれうらうらみなんはなはだしき。

二〇 たましひまもりてわれすくひ、なんぢけるたのみはぢなからしめたまへ。

二一 ねがはくはてんとはわれまもらん、われなんぢたのめばなり。

二二 かみよ、イズライリそのもろうれひよりすくたまへ。


第二十五聖詠[編集]

ダワィドえい

しゅよ、われさばたまへ、けだしわれきずなくしてけり、われしゅたのみてうごかざらん。

しゅよ、われこころみ、われためせ、はらこころとをとかたまへ。

けだしなんぢれんまへり、われなんぢしんじつけり。

われいつはりなるものともせざりき、よこしまなるものともかざらん。

われあくはかくみにくめり、けんものともせざらん。

しゅよ、われざいもつあらひ、なんぢさいだんめぐりて、

ほめあげこゑべ、なんぢことごとくのせきつたへん。

しゅよ、われなんぢところしつと、なんぢこうえいすまひところとをあいせり。

たましひざいにんともに、いのちながものともほろぼなかれ、

一〇 かれあくぎょうあり、そのみぎわいにてつ。

一一 ただわれきずなくしてく、しゅよ、われすくひ、われあはれたまへ。

一二 あしなほみちつ、われしょかいうちしゅあがめん。


第二十六聖詠[編集]

ダワィドえいせいこうまへ

しゅひかりすくひなり、われたれをかおそれん、しゅいのちかためなり、われたれをかおそれん。

われあだわれてきたるあくしゃわれめて、くらはんとほつせば、かれみづかつまづきてたふれん。

ぐんたいぢんつらねてわれてきすとも、こころおそれざらん、いくさおこりてわれむとも、われなほたのみあり。

われいちしゅねがへり、われただこれもとむ、すなはちわれしょうがいしゅいへり、しゅうるはしきをあふぎ、そのせいでんのぼるをん、

けだしかれかんなんときおいて、あるひわれそのまくうちおほひ、われそのすまひひそかなるところかくし、われいはうへげん。

そのときかうべわれめぐてきうへあがらん、われそのまくうちさんえいまつりささげて、しゅまへうたうたはん。

しゅよ、こゑけ、われあはれみ、われみみかたぶたまへ。

こころなんぢことばふ、なんぢかんばせたづねよと、しゅよ、われなんぢかんばせたづねん。

なんぢかんばせわれかくなかれ、いかりてなんぢぼくしりぞくるなかれ。なんぢわれたすくるものたりき、かみきゅうしゅよ、われつるなかれ、われのこなかれ、

一〇 けだしちちははわれのこせり、ただしゅわれれん。

一一 しゅよ、われなんぢみちをしへよ、てきゆえわれみちみちびたまへ。

一二 われてきわたしてそのまかなかれ、けだしいつはりしょうしゃちてわれめて、あくく。

一三 しかれどもわれしんず、しゅじんけるものるをんことを。

一四 しゅたのめ、いさめ、なんぢこころかたくなるべし、しゅたのめ。

光榮讃詞


第二十七聖詠[編集]

ダワィドえい

しゅよ、われなんぢぶ、われかためよ、ためもだなかれ、おそらくはなんぢもださば、われはかくだものごとくならん。

なんぢび、げてなんぢせいでんむかときいのりこゑたまへ。

われあくしゃおよふぎおこなものすなはちそのとなりへいかたり、そのこころあくいだものともほろぼなかれ。

かれしわざかれしきおこなひしたがひてこれむくい、かれところしたがひてこれむくい、かれくべきところもつこれあたへよ。

かれしゅおこなところと、しゅところとをかへりみざるによりて、しゅかれやぶり、かれてざらん。

しゅあがめらる、かれすでいのりこゑれたればなり。

しゅちからたてなり、こころかれたのみしに、かれわれたすけたり、こころよろこべり、われうたもつかれげん。

しゅそのたみちからなり、そのあぶらつけられしものすくひまもりなり。

なんぢたみすくひ、なんぢぎょうふくくだし、これぼくし、これよよたまへ。


第二十八聖詠[編集]

ダワィドえい。(まくせんれいをはとき

かみしょよ、しゅけんぜよ、こうえいそんとをしゅけんぜよ、

しゅそのこうえいけんぜよ、しゅそのうるはしきせいしょふくはいせよ。

しゅこゑみづうへり、こうえいかみとどろけり、しゅすいうへり。

しゅこゑつよく、しゅこゑおごそかなり。

しゅこゑはくこうぼくくだき、しゅリワンはくこうぼくくだきて、

これこうしごとおどらせ、リワンシリヲンとをわかのうしごとおどらす。

しゅこゑほのほいだす。

しゅこゑひろふるはせ、しゅカデスひろふるはす。

しゅこゑしかませ、またはやしあらはす、しゅでんうちにはそのこうえいつたへざるものなし。

一〇 しゅこうずいうへせり、しゅしてよよおうたらん。

一一 しゅそのたみちからたまひ、しゅそのたみへいあんふくくださん。


第二十九聖詠[編集]

ダワィドえいきゅうでんかいぞうせしときうた

しゅよ、われなんぢたふとあがめん、なんぢわれげて、てきわれちてよろこぶことをゆるさざりしにる。

しゅかみよ、われなんぢびしに、なんぢわれいやせり。

しゅよ、なんぢたましひごくよりいだし、われかして、われはかくだらしめざりき。

しゅしょせいじんよ、しゅうたへ、そのせいねんしてさんえいせよ、

けだしそのいかりまたたきあひだにして、そのめぐみいつせいにあり、くれていきゅうきたれども、あしたにはよろこびいたる。

われあんねいときみづかへり、ながうごかざらん。

しゅよ、なんぢめぐみもつやまけんにせり、しかれどもなんぢかんばせかくしたれば、われおそまどへり。

しゅよ、そのときわれなんぢび、しゅいのりてへり、

一〇 われはかくだらば、なんえきかあらん、ちりなんぢさんえいせんや、なんぢしんじつべんや、

一一 しゅよ、きてわれあはれたまへ、しゅよ、われたすけとなりたまへと。

一二 なんぢなげきへてよろこびとなし、かなしみころもきて、われたのしみばしめたまへり、

一三 たましひなんぢさんえいしてもださざらんためなり。しゅかみよ、われながなんぢさんえいせん。

光榮讃詞


第三十聖詠[編集]

れいちょううたはしむ。ダワィドえい。(じょうらんとき

しゅよ、なんぢたのむ、われよよはぢなからしめよ、なんぢもつわれまぬかれしめたまへ。

なんぢみみわれかたぶけて、すみやかわれまぬかれしめよ、ためいはほとなり、かくれがとなりて、われすくたまへ、

けだしなんぢいしやまいしがきなり、なんぢりてわれみちびき、われをさたまへ。

ひそかためまうけたるあみよりわれいだたまへ、けだしなんぢわれかためなり。

しん゜をなんぢわたす、しゅしんかみよ、なんぢかつわれすくへり。

われむなしきぐうぞうたふとものにくみ、ただしゅたのむ。

われなんぢあはれみよろこたのしまん、けだしなんぢわざはひかへりみ、たましひうれひり、

われてきわたさず、あしひろところてたり。

一〇 しゅよ、われあはれたまへ、われくるしみればなり、うれひりてれたり、たましひはらまたしかり。

一一 いのちかなしみうちき、としなげきうちきたり、ちからつみりてよわり、ほねれたり。

一二 われしょてきりてとなりにもはづかしめられ、しりびとにははばかられ、われちまたものわれく。

一三 われしゃごとひとこころわすれられたり、われやぶられたるうつはごとし、

一四 けだしわれにんそしりく、かれあひしてわれめ、たましひかんとはかるとき、よもおそれあり。

一五 しゅよ、ただわれなんぢたのむ、われふ、なんぢわれかみなり。

一六 なんぢり、われてきおよわれむるものよりまぬかれしめたまへ。

一七 なんぢひかかんばせなんぢぼくあらはし、なんぢあはれみもつわれすくたまへ。

一八 しゅよ、われなんぢぶにりて、はぢしむるなかれ、ねがはくはどうものはぢかうむりて、ごくちんもくせん。

一九 ねがはくはおごりあなどりとをもつて、じんむかひて、あしきいつはりくちおふしとならん。

二〇 おほいなるかななんぢおんなんぢおそるるものためたくはへ、なんぢたのものために、ひとまへに、そなへたるものや。

二一 なんぢかれひとみだれよりなんぢおもてかげおほひ、かれしたあらそひよりまくうちかくす。

二二 しゅあがめらる、かれおのれたへなるあはれみわれけんなるまちうちあらはしたればなり。

二三 まどへるときわれなんぢよりたれたりとおもへり、しかれどもなんぢびしときなんぢいのりこゑたまへり。

二四 しゅことごくのじんしゅあいせよ、しゅちゅうしんものまもり、ごうまんものにはきびしくむくゆ。

二五 およしゅたのものいさめ、なんぢこころかたくなるべし。


第三十一聖詠[編集]

ダワィドえいきょうくん

ほうゆるされ、つみおほはれたるひとさいはひなり。

しゅつみせず、そのしん゜にいつはりなきひとさいはひなり。

われもだししときしゅうじつさまよひりて、ほねふるびたり、

けだしなんぢちゅうやおもわれくははり、うるほひえしことなつひでりけるがごとし。

しかれどもわれつみなんぢあらはし、ほうかくさざりき、われへり、つみしゅつうこくすと、なんぢすなはつみとがわれよりのぞけり。

これりてもろじんべんときおいなんぢいのらん、そのときたいすいあふれかれおよばざらん。

なんぢわれおほひなり、なんぢわれうれひよりまもり、われすくひよろこびにてめぐらす。

われなんぢをしへん、なんぢくべきみちしめさん、なんぢみちびかん、なんぢかへりみん。

なんぢは、たづなくつばみとをもつくちつかねてなんぢしたがはしむる、むちなるうまうさぎうまとのごとくなるなかれ。

一〇 あくしゃにはうれひおほし、しゅたのものあはれみこれめぐる。

一一 じんよ、しゅためよろこたのしめ、こころなほものよ、みないはへ。

光榮讃詞