第四「カフィズマ」

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動

<聖詠経

第二十四聖詠

ダワィドの詠
主よ、爾に我が霊を挙ぐ。
吾が神よ、爾を恃む、我に世々愧なからしめよ、我が敵を我に勝ちて喜ばしむる毋れ。
凡そ爾を恃む者にも愧なからそめ給え、妄りに法を犯す者は願わくは愧を得ん。
主よ、我に爾の道を示し、我に爾の道を訓えよ。
我を爾の真理に導きて、我を訓え給え、蓋爾は我が救いの神なり、我日々に爾を恃めり。
主よ、爾の鴻恩と爾の慈憐とを記憶せよ、蓋是れ永遠よりあるなり。
我が救い若き時の罪と過ちとを記憶する毋れ、主よ、爾の仁慈に依り、爾の慈憐を以て、我を記憶せよ。
主は仁なり、義なり、故に罪人に道を訓え示す、
謙遜の者を義に導き、謙遜の者に己の道を教う。
凡そ主の道は其の約と其の啓示とを守る者に在りて慈憐なり、真実なり。
主よ爾の名に因りて我が罪を許し給え、其の大いなるを以てなり。
誰か主を畏るる人たる、主は之に択ぶべき道を示さん。
彼の霊は福に居り、彼の裔は地を嗣がん。
主の奥義は彼を畏るる者に属し、彼は其の約を以て之に顕わす。
我が目常に主を仰ぐ、其の我が足を網より出すに因る。
我を顧み、我を憐れめ、我獨にして苦しめらるるに因る。
我が心の憂い益々多し、我が苦難より我を引き出せ、
我が困苦、我が労瘁を顧み、我が諸々の罪を赦し給え。
我が敵を見よ、何ぞ多き、彼等が我を怨む恨みは何ぞ甚だしき。
我が霊を護りて我を救い、我が爾に於ける恃みに愧なからしめ給え。
願わくは無疵と義とは我を護らん、我爾を恃めばなり。
神よ、イズライリを其の諸々の憂いより救い給え。

第二十五聖詠

ダワィドの詠
主よ、我を裁き給え。蓋我疵なくして行けり、我主を頼みて揺かざらん。
主よ、我を試み、我を験せ、我が腹と我が心とを溶かし給え。
蓋爾の慈憐は我が目の前に在り、我爾の真実に行けり。
我偽りなる者と偕に坐せざりき、邪なる者と偕に行かざらん。
我悪を謀る党を疾めり、不虔の者と偕に坐せざらん。
主よ、我無罪を以て我が手を盥い、爾の祭壇を周りて、
讃揚の聲を宣べ、爾が悉くの奇迹を伝えん。
主よ、我爾が居る所の室と、爾が光榮の住所の處とを愛せり。
我が霊を罪人と偕に、我が生命を血を流す者と偕に滅ぼす毋れ、
彼等の手に悪業あり、其の右の手は賄賂にて充つ。
唯我瑕なくして行く、主よ、我を救い、我を憐れみ給え。
我が足は直き道に立つ、我諸会の中に主を崇め讃めん。

第二十六聖詠

ダワィドの詠(傅聖膏の前)
主は我が光、我が救いなり、我誰をか恐れん、主は我が生命の防固なり、誰をか懼れん。
若し我の仇我の敵たる悪者は我を攻めて、我が躯を食らわんと欲せば、彼等自ら躓きて倒れん。
軍隊陣を列ねて我に敵すとも、我が心懼れざらん、戦起こりて我を攻むとも、我に尚恃みあり。
我一事を主に願えり、我唯之を求む、即我生涯主の家に居り、主の麗しきを仰ぎ、其の聖殿に升るを得ん、
蓋彼は我が患難の時に於いて、或いは我を其の幕の中に覆い、我を其の住所の秘かなる處に隠し、我を磐の上に挙げん。
其の時我が首は我を環る敵の上に昂らん、我其の幕の中に讃榮の祭を捧げて、主の前に歌い、頌わん。
主よ、我が呼ぶ聲を聞け。我を憐れみ、我に耳を傾け給え。
我が心は爾の言葉を言う、爾等我が顔を尋ねよと、主よ、我爾の顔を尋ねん。
爾の顔を我に隠す毋れ、怒りて爾の僕を退くる毋れ。爾は我を佑くる者たりき、神我が救主よ、我を棄つる毋れ。我を遺こす毋れ。
蓋我が父我が母は我を遺せり、唯主は我を納れん。
主よ、我に爾の途を訓えよ、我が敵の故に我を義の路に導き給え。
我を我が敵に付して其の意に任す毋れ、蓋偽りの証者は起ちて我を攻めて、悪気を吐く。
然れども我信ず、我が主の仁慈を生ける者の地に見るを得んことを。
主を恃め、勇め。爾の心は固くなるべし、主を恃め。

光榮讃詞 第二十七聖詠

ダワィドの詠
主よ、我爾に呼ぶ、我の防固よ、我が爲に黙す毋れ、恐らくは爾黙さば、我は墓に下る者の如くならん。
我が爾に呼び、我が手を挙げて爾の聖殿に向かう時、我が祷りの聲を聆き納れ給え。
我を悪者及び不義を行う者、即其の隣と和平を語り、其の心に悪を懐く者と偕に滅ぼす毋れ。
彼等の所爲、彼等の悪しき行いに循がいて之に報い、彼等の手の作す所に循がいて之に報い、彼等の受くべき所を以て之に与えよ。
彼等は主の行う所と、主の手の作す所とを顧みざるによりて、主は彼等を敗り、彼等を建てざらん。
主は崇め讃めらる。彼既に我が祷の聲を聆き納れたればなり。
主は我が力、我が盾なり、我が心彼を頼みしに、彼我を佑けたり、我が心は歓べり、我歌を以て彼を讃め揚げん。
主は其の民の力なり、其の膏つけられし者の救いの衛なり。
爾の民を救い、爾の業に福を降し、之を牧し、之を世々に挙げ給え。

第二十八聖詠

ダワィドの詠(幕の瞻禮の終わる時)
神の諸子よ、主に献ぜよ、光榮と尊貴とを主に献ぜよ、
主に其の名の光榮を献ぜよ、主に其の麗しき聖所に伏拝せよ。
主の聲は水の上に在り、光榮の神は轟けり、主は多水の上に在り。
主の聲は強く、主の聲は厳かなり。
主の聲は栢香木を摧き、主はリワンの栢香木を摧きて、
之を犢の如く躍らせ、リワンとシリヲンとを稚き野牛の如く躍らす。
主の聲は火の焔を撃ち出す。
主の聲は曠野を震わせ、主はカデスの曠野を震わす。
主の聲は鹿に子を生ませ、又林を露わす、主の殿の内には其の光榮を伝えざる者なし。
主は洪水の上に坐せり、主は坐して世々に王たらん。
主は其の民に力を賜い、主は其の民に平安の福を降さん。

第二十九聖詠

ダワィドの詠、宮殿を改造せし時の歌。
主よ、我爾を挙げて、我が敵に我に勝ちて喜ぶことを容さざりしに因る。
主我が神よ、我爾に呼びしに、爾我を療せり。
主よ、爾我が霊を地獄より出し、我を生かして、我を墓に降らしめざりき。
主の諸聖人よ、主に歌え、其の聖を記念して讃榮せよ、
蓋其の怒りはまたたきの間にして、其の恵みは一生にあり、暮れに涕泣来たれども、朝には喜び至る。
我安寧の時自ら謂えり、永く撼かざらん。
主よ、爾恵みを以て我が山を堅固にせり、然れども爾顔を隠したれば、我惶れ擾えり。
主よ、其の時我爾に呼び、主に祈りて曰えり、
我墓に降らば、我が血は何の益かあらん、塵豈に爾に讃榮せんや、豈に爾の真実を述べんや、
主よ、聆きて我を憐れみ給え、主よ、我の佑助となり給えと。
爾は我が嘆きを易えて喜びとなし、我が哀しみの衣を解きて、我に楽しみを佩ばしめ給えり、
我が爾を讃榮して黙さざらん爲なり。主我が神よ、我永く爾を讃榮せん。:

光榮讃詞 第三十聖詠

伶長に歌わしむ、ダワィドの詠(擾亂の時)
主よ、爾を恃む、我に世々に愧なからしめよ、爾の義を以て我を免れしめ給え。
爾の耳を傾けて、速やかに我を免れしめよ、我が爲に磐石となり、隠れ家となりて、我を救い給え、
蓋爾は我が石山、我が石垣なり、爾の名に依りて我を導き、我を治め給え。
竊に我が爲に設けたる網より我を引き出し給え、爾は我が固なり。
我が神を爾の手に託す、主真理の神よ、爾嘗て我を救えり。
我虚しき偶像を尊む者を憎み、唯主を恃む。
早稲爾の憐れみを歓び楽まん、蓋爾は我が禍を顧み、我が霊の憂いを知り、
我を敵の手に付たさず、我が足を廣き處に立てたり。
主よ、我を憐れみ給え、我困狭に居ればなり、我が目は憂いに縁りて枯れたり、我が霊も我が腹も亦然り。
我が生命は悲しみの中に盡き、我が年は嘆きの中に盡きたり、我が力は罪に依りて弱り、我が骨は枯れたり。
我は諸敵に因りて隣にも辱しめられ、知人には忌み憚られ、我を衢に見る者は我を避く。
我は死者の如く人の心に忘れられたり、我は壞られたる器の如し。
蓋我は多人の誹りを聞く、彼等が相議して我を攻め、我が霊を抜かんと計るとき、四方に惶あり。
主よ、唯我爾を恃む、我謂う、爾は我の神なり。
我が日は爾の手に在り、我を我が敵の手及び我を攻むる者より免がれしめ給え。
爾の光る顔を爾の僕に顕わし、爾の憐れみを以て我を救い給え。
主よ、我爾に呼ぶに由りて、羞を得しむる毋れ、願わくは無道の者は羞を蒙りて、地獄に沈黙せん。
願わくは傲りと侮りとを以て、義人に向かいて、悪しきを言う偽りの口は唖とならん。
大いなる哉爾の恩、爾を畏るる者の爲に蓄え、爾を恃む者の爲に、人の子の前に、備えたる者や。
爾は彼等を人の亂れより爾が面の陰に庇い、彼等を舌の争いより幕の中に隠す。
主は崇め讃めらる、彼は己の妙なる憐れみを我に堅固なる城邑の中に顕わしたればなり。
我が惑える時、我爾の目より絶たれたりと思えり、然れども我が爾に呼びし時、爾は我が祈りの聲を聴き給えり。
主の悉くの義人は主を愛せよ、主は忠信の者の信を護り、傲慢の者には厳しく報ゆ。
凡そ主を頼む者は勇め、爾等の心は固くなるべし。

第三十一聖詠

ダワィドの詠。教訓。
不法を赦され、罪を蔽われたる人は福なり。
主が罪を帰せず、その神に偽りなき人は福なり。
我黙しし時、我が終日の呻吟に因りて、我が骨古びたり、
蓋爾の手は昼夜重く我に加わり、我が潤沢の消えしこと夏の旱に於けるが如し。
然れども我我が罪を爾に顕わし、我が不法を隠さざりき、我謂へり、我が罪を主に痛告すと、爾乃ち我が罪の咎を我より除けり。
此に縁りて諸々の義人は便宜の時に於いて爾に祷らん、其の時大水の溢れは彼に及ばざらん。
爾は我の蔽いなり、爾は我を憂いより護り、我を救いの喜びにて環らす。
我爾を教えん、爾に行くべき路を示さん、爾を導かん、我が目爾を顧みん。
爾等は、手綱と轡とを以て口を束ねて爾に従わしむる、無知なる馬と驢馬との如くなる毋れ。
悪者には憂い多し、主を恃む者は憐れみ之を環る。
義人よ、主の爲に喜び楽しめ、心の直き者よ、皆祝え

光榮讃詞