正教要理問答/聖母讃頌の祈祷

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
wikisource:宗教 > カテキズム > 正教要理問答

せいさんしょうの祈祷[編集]

しゃうしんどうていぢょよろこべよ おんちょうたさるるマリヤや主はなんぢともにす なんぢは女のうちにてさんたり なんぢはらさんたり なんぢは我等のたましひすくふのしゅめばなり

問 此祈祷は誰にささぐる祈祷なりや
答 これせいなるしゃうしんじょに捧ぐる祈祷なり
問 此祈祷は何よりられしや
答 『しゃうしんどうていぢょよろこべよ おんちょうたさるるマリヤや主はなんぢともにす なんぢは女のうちにてさんたり』のことばは神のつかひせいどうぢょマリヤすくひぬしはらむことのふくいんしたるそのことばよりられ(ルカ一の二十八)又『なんぢはらさんたり』のことばは聖女エリサベタせいしんかんじてせいどうぢょマリヤしゅくしたることばよりられたり(ルカ一の四十二)しかしそのたことばは教会のせいしふらふかしたるなり
問 『なんぢは女のうちにてさんたり』とのことばは如何なるこころなりや
答 このことばせいどうぢょマリヤが神の母として天下萬民にそんきょうせられ女のうちにてもっとさかえある者なることをあらはすなり(ルカ一の五十八、しへん四十五の十七)
問 せいどうぢょマリヤはらとは誰なるや
答 神の子我等のすくひぬしイイスス ハリストスなり
せいさんしょうの祈祷

常にさいはひにして全くきずなきしゃうしんぢょ我神の母なる爾をさいはひなりととなふるはまことあたれり ヘルビムよりたふとセラヒムに並びなくさかさほやぶらずしてかみことばを生じ実のしゃうしんぢょたるなんぢあが

問 此祈祷を以て我等は誰をさんするや
答 せいなるしゃうしんぢょさんするなり
問 ヘルビム セラヒムとは誰なるや
答 ヘルビム セラヒムとはもっとたつとき神のつかひを云ふしかして神の母なるせいどうぢょマリヤは此神のつかひにもまさりてなほたつときなり
問 かみことばとは誰ぞや
答 かみことばとは神の子イイスス ハリストスなり
問 何故に神の子をことばと名づくるや
答 神の子がことばと(イオアン一の十四)名づけらるるは我等が己のおもひことばにてあらはす如く神の子イイスス ハリストスも父なる神のむねあきらかにけいせられたればなり
○ 我等ができだけかずかず生神女にささぐべき簡略の祈祷あり即ちの如し『至聖なる生神女や我等を救ひ給へ』