正教要理問答/守護神使に捧ぐる祈祷

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
wikisource:宗教 > カテキズム > 正教要理問答

しゅしんに捧ぐる祈祷[編集]

ハリストスしんわが聖なるしゅしゃわがたましひからだを守る者や われ今日をかせし罪をことごとゆるわれわがあだもろもろはかりごとよりすくいささかも罪を以て神のいかりまねくことなからしめ給へ なほ我罪なるあたらざるぼくの為に祈りて我をせいさんしゃわがしゅイイスス ハリストスの母と諸聖人のめぐみあはれみを受くるにたゆる者とならしめ給へアミン

問 これは誰に捧ぐる祈祷なりや
答 しゅごしんささぐる祈祷なり
問 此祈祷を以て我等は如何なることを神に願ひ求むるや
答 我等をつみあくよりすくいだまた我等にかはりて神に祈らんことを願ひ求むるなり
問 しゅごしんとは誰のことぞ
答 しゅごしんとはかたちなきれいにして我等がせんれいを受けし時よりいつしゃうがいあひだ我等につきひて我等のたましひを罪よりすくひ我等のからだわざはひよりふせばんおいて我等をたすまもる者を云ふ故に此祈祷のうちにもたましひからだしゅしゃと名づくるなり