正教要理問答/聖三者讃美の祈祷

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
wikisource:宗教 > カテキズム > 正教要理問答

聖三者讃美の祈祷[編集]

くわうえいは父と子と聖神にす今もいつよよにアミン

問 此祈祷は誰にささぐる祈祷なりや

答 これせいさんしゃさんするの祈祷なり

聖三者に捧ぐる祈祷[編集]

せいさんしゃや我等をあはれめよ主や我等の罪をいさぎよくせよしゅさいや我等のあやまちゆるせ聖なる者やのぞみて我等の病をいやたまことごとなんぢの名に

問 これは誰にささぐる祈祷なりや

答 せいさんしゃささぐる祈祷なり

問 我等は此祈祷において如何なることをせいさんしゃに願ひ求むるや

答 我等はさいしょに聖三者のさんそうたいに祈祷をささのち聖三者のべつべつくらいに祈祷をささぐるなりしかして其願ひ求むる所はおのおのことなるといへどもつまり皆罪の赦さるることを願ひ求めるのことばなり

問 然らば如何なることばが聖三者そうたいを指し又如何なることばが聖三者をべつべつに指すや

答 『至聖三者』とは即ち聖三者の三位そうたいを指し『主』とは聖三者の第一なるかみちちを指し『主宰』とは聖三者の第二なるかみを指し『聖なる者』とは聖三者の第三なるせいしんを指すなりしかして『ことごとなんぢの名にる』と云ふのことばは再び聖三者の三位そうたいかかもつて神はさんなれどもひとつなることを示すなり