正教要理問答/聖三の祈祷

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
wikisource:宗教 > カテキズム > 正教要理問答

せいさんの祈祷[編集]

せいなるかみ せいなるゆう せいなるじゃうせいの者や我等をあはれめよ

(此祈祷は三次唱へらる)

問 これは誰にささぐる祈祷なりや

答 これせいさんじゃささぐる祈祷なりしかして『聖なる神』とはかみちちのことを名づけ『聖なるゆう』とはかみのことを名づけ『聖なるじゃうせいの者』とは聖神を名づくるなり

問 何故に神の子を『ゆう』と名づけられしや

答 いかんとなれば彼によつて神のちからあらはれたればなり故に預言者イサイヤも(イサイヤ九の六)ぜんイオアンも(マトフェイ三の二)く名づけたり

問 何故に聖神を『じゃうせいなる者』と名づけられしや

答 いかんとなれば彼は神としてばんもついのちあたことに我等のたましひかぎりなきいのちあたふればなり

問 此祈祷は何と名づけらるるや

答 せいさんの祈祷と名づけらる又いちめいてんうたと名づけらる

問 何故にせいさんの祈祷と名づけらるるや

答 いかんとなれば此祈祷において『せいなる』と云ふことばたびかへさるればなり

問 何故に此祈祷をてんうたと名づけらるるや

答 此祈祷のく名づけらるるはあるとき天において神のつかひうたひたるさんうたよりられしにるなり

問 いついかにしてそのことありしや

答 つたひて言ふ第五世紀においくわうていヘオドシイ及びしゅけうプロクルの時ギリシヤの国におそろしきおほしんありてじんことごとつぶれ人々皆なんかうぐわいけてしんちんせいの祈祷をしっこうせられしが此時ふしぎにもぐんしゅうの中にまざり居たる一人のこどもにわかに見えざるの手をもつて天にげられたり之を見たるぐんしゅうおどろきて天をみつめ居りしがしばらくにして再びまたぐんしゅうの中にくだりたり人々はこどもそばむらがあつまりて如何なることにであひしかをたづねしにこどもは天においかみつかひむれが『せいなるかみ聖なるゆう』と歌ひつつ神を讃美するを聞けりとげたりこれよりして人々は此てんの歌に『我等をあはれみ給へ』と云へることばくはいくたびくりかへして此祈祷をとなへたりしが其後しんたちましづまりたりと