正教要理問答/主の祈祷

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
wikisource:宗教 > カテキズム > 正教要理問答

しゅの祈祷[編集]

天にいます我等の父や ねがはくなんぢせいとせられ なんぢの国はきたり なんぢむねは天におこなはるる如く地にもおこなはれん 我がにちようかてを今日我等にあたへ給へ 我等におひめある者を我等ゆるすが如く我等のおひめゆるし給へ 我等をいざなひみちびかず なほ我等をきょうあくより救ひ給へ けだしくにちからさかえなんぢよよすアミン

問 これは何の祈祷と名づけらるるや

答 しゅの祈祷と名づけらる

問 何故にしゅの祈祷と名づけらるるや

答 我等のしゅイイスス ハリストスその使徒に教へ示され使徒よりまた我等につたへられたる祈祷なればなり

問 此祈祷との祈祷とは如何なるべつあるや

答 此祈祷はの祈祷のほんにしてもっとたいせつなる祈祷なり故にせいだうこうたうにはいくたびふくさるるなり

問 しゅの祈祷はいくつわかたるるや

答 せつわかたる即ちよびことばと七つのねがひさんびとなり

問 さいしょよびことばは何ととなへらるるや

答 『天にいます我等の父や』

問 『天にいます』とは如何なるこころなりや

答 神は天にのみいますにあらずいづこにもいますなりしかし天は神のさかえもっとあらはるる処なるが故にく教へられたり又このことばを以て我等はちからき此世の父に願ひ求むるにあらずして大なるちからたもち給ふ天の父に願ひ求むるのこころを示すなり故に我等は此祈祷をす時にあたり此世のことのおもひわづらひをててそのちえこころもっぱら神に向くること肝要なり

問 我等がひとりにて祈る時はわれらの父と云はずしてわれの父と云ふもさまたげなきや

答 たとひひとりにて祈る時といへどもやはわれらの父ととなふべきなりいかんとなれば神はばんみんの父にして我等は皆兄弟なり故に己の為に願ひ求むる処のことはまたにんの為にも願ひ求めざるべからず

問 何故に神を『父』と名づくるや

答 我等が神にけるのかかわりしもべしゅじんけるかかわりの如くただおそれをののきてつかふるにあらずして子供がそのなつかしきおやけるが如くその心に願ふ所は何事もうちけて少しもへだてなくいたりしたしきかかわりあひだがらなることを示すなり

問 次に第一のねがひは如何に唱へらるるや

答 『なんぢせいとせられ』

問 このことばを以て我等は神に如何なることを願ひ求むるや

答 我等がことばおこなひしゃうがいとを以て神のさかえあらはすことを助け給ふを願ひ求むるなり

問 第二のねがひは如何に唱へらるるや

答 『なんぢの国はきたり』

問 このことばを以て我等は如何なることを神に願ひ求むるや

答 神は我等をはいし又我等がてんごくるのみちびきを為し給ふことを願ひ求むるなり

問 神の国とは如何なる処なりや

答 神の国とは我等しんじゃの間にうらみあらそひもなく互に相愛していたりおだやかなるありさまを指して云ふなり

問 第三のねがひは如何に唱へらるるや

答 『なんぢむねは天におこなはるる如く地にもおこなはれん』

問 このことばを以て我等は如何なることを神に願ひ求むるや

答 我等は己の願ひ求むることの神のむねかなふやかなはざるやを知らざればいっさいを天においばんもつしはいする神のむねまかすべきを云ふなりた一つには天において神のつかいが神のむねおこなふが如くそのやうに我等もまた神のむねおこなひ得ることを願ひ求むるなり

問 第四のねがひは如何に唱へらるるや

答 『我がにちようかてを今日我等にあたへ給へ』

問 このことばを以て我等は如何なることを神に願ひ求むるや

答 このことばを以て我等はからだたましひの為にいりようなるものを願ひ求むるなり

問 およからだたましひの為には如何なるものがいりようなるや

答 からだの為にはしょくぢうなりたましひの為にはしゅせいたいイオアン六の五十五)とそのみつ及び神のことばなり

問 何故にそのだけかてを求むることを教へられしや

答 我等はのちのちのことをあまりおもわづらふことなく神は我等が己をおもんばかるよりもなほひときは我等をおもんばかることを信じてのちのちのことはだ神のむねまかすべきを教ふるなり(マトフェイ六の二十五)

問 第五のねがひは如何に唱へらるるや

答 『我等におひめある者を我等ゆるすが如く我等のおひめゆるし給へ』

問 このことばを以て我等は如何なることを神に願ひ求むるや

答 我等が己に対しておこなひしにんの罪をゆるすが如く神もまた我等の罪をゆるし給ふことを願ひ求むるなり

問 何故に罪をおひめと名づくるや

答 我等は神のむねを守りおこなふべきものなるに之をおこなはざるはれ即ち神におひめを受けしと同じなればなり

問 し我等がにんの罪をゆるさざれば神もまた我等の罪をゆるし給はざるや

答 しかり神も我等の罪をゆるし給はずれば我等が神に己の罪をゆるしを願ふときはその心のうちに他人をうらむことなくすべての人とやはらぎて祈るべきなり(マトフェイ五の二十三至二十四六の十四至十五)

問 第六のねがひは如何に唱へらるるや

答 『我等をいざなひみちびかず』

問 このことばを以て我等は如何なることを神に願ひ求むるや

答 我等を罪にいざなもろもろあひより我等をのがしてかたく善に立たしむることを願ひ求むるなり

問 第七のねがひは如何に唱へらるるや

答 『なほ我等をきょうあくより救ひたまへ』

問 このことばを以て我等は如何なることを神に願ひ求むるや

答 我等を此世のかうさいなんことあくあしきたくらみよりのがさしむることを願ひ求むるなり(ペトルぜんしょ五の八)

問 終りのさんは如何に唱へらるるや

答 『けだし国とちからさかえなんぢに世々に帰す』

問 国とちからさかえとは如何なるこころなりや

答 国とは神のはいせらるるすべてのかいを云ひちからとは其世界を支配する神のちからを云ひさかえとは其世界にあらはるる神のさかえを云ふなり

問 何故に此祈祷の終りにさんことばを加へらるるや

答 我等が神に祈祷する時はそのねがひと共に必ず神をさんすべきことを示すなり