正教要理問答/税吏の祈祷

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
wikisource:宗教 > カテキズム > 正教要理問答

みつぎとりたう[編集]

神や我ざいにんあはれたま

問 これは誰のいのりなりや

答 これみつぎとりいのりなり

問 みつぎとりとは誰ぞや

答 みつぎとりとはぜいとりつるやくにんのことなり

問 我等は此いのりを以て神に如何なることを願ひ求むるや

答 我等は此いのりを以て神が我等つみびとあはれみ我等の罪をゆるし我等を其罪のばつよりのがし給ふことを願ひ求むるなり

問 此いのりは如何なるあひとなふべきや

答 此いのりは常に罪を行ひたるあひとなふべしし罪を行ひたることあるときはただちに其罪をこうくわいして此祈祷をとなふべし

○ 救主のかつて此世にりし頃ユデヤはロマの属国となりロマ人はユデヤ人より税を取り立てたり此税を取立つる役人を指して税吏とへり税吏はおもに残忍酷薄の人々にて無情なる圧制のふるまいして貧者をくるしめたり之によりてユデヤ人は税吏を見ることへびさそりの如く社会の大罪人として席を共にする者もあらざりきしかるに或る一人の税吏はつひに己の大罪を認めて痛く己の罪をい頭をれ胸をおして此いのりとなへたり(|ルカ十八の十至十四