正教要理問答/朝の祈祷文

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
wikisource:宗教 > カテキズム > 正教要理問答

朝の祈祷文[編集]

ちちせいしんるアミン

問 『ちちせいしん』とは何をすや

答 これせいさんしゃすなり我等は信ず神はただひとつなれどもみつのくらいたもつことをすなわち第一のくらいは父第二のくらいは子第三のくらいは聖神なりこのただひとつにしてみつのくらいなる神にどうとうけんきょうけいらいはい

問 『名にる』とは如何なるこころなるや

答 きょうけいささあるひさかえすとこころなり

問 『アミン』とは如何なるこころなるや

答 じつそのとほれにそうなしと云うこころなり

問 何故にこのきとうのうちへ『アミン』と云うことばくはへられしや

答 我等がそのくちとなふる如くみづかかたく信ずるのこころしめすなり

問 いつ我等はこのきとうとなふべきや

答 此祈祷は常にわざすの前にすべて唱ふべしいかんとなれば我等は常にそのおこなふことかたることをすべせいさんしゃさかえの為にせざるべからざればなり

問 我等は此祈祷文は他の祈祷をとなふる時に当りて如何なるそと上のしるしを行ふべきや

答 おのれの身にじふしるしをなすべし

問 じふしるしいかやうになすべきや

答 じふしるしすには右の手の指すなわおやゆびひとさしゆびなかゆびを伸ばして一つにあはせ他ののこりの二つの指即ちくすりゆびこゆびてのひらの方へかがくしてそのゆびづ最初にひたひへ当てて『父』ととなへ次に胸へ当てて『子』ととなへ其次に右の肩へ当てて『聖神の』ととなをはりに左の肩へ当てて『名に依るアミン』ととなふるなり

問 そのやうに指をあはすはなんしるしなりや

答 づ三つの指をあはすはかみただひとつなれどもみつのくらいたもつことを示すなり又二つの指をてのひらほうかがむるはれ神の子なる我等のすくひぬしイイスス ハリストスは神と人との二性をたもつことを示すなりしかして己の身にじふしるしを為すは是れ我等がじふつけられしイイスス ハリストスを信ずるによりて救はるることを示すなり

問 何故にひたひむねりやうかたにてじふしるしを為すや

答 我等もちえじやうこころきよくするが為なり

○ 祈祷をなすときは必ずそのに十字架のしるしおこなふべし又此十字架のしるしを食物飲物衣服及びそのの物品にもおこなふべしけだし十字架のしるしは神の恩寵をそなふるものなればなり
○ し誰か十字架のしるしを軽々しくおこなあるひは十字架のしるしおこなふことをはづる者は神に対する信仰をあらはさざるものにしてかかる人をば『主もまた其聖徒と共に父の光栄をもてきたる時之をづべし』(マルコ八の三十八)