正教要理問答/小引

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
wikisource:宗教 > カテキズム > 正教要理問答

しょういん[編集]

問 神に祈るとはいかなることぞ

答 神に祈るとはかみとくあがそのおんしゃまたそのたすけねがもとむることをふなり

問 我等はいかようにして祈るべきや

答 我等は時として心の中のみにて祈ることありしかれども我等にんげんは皆たましいからだよりなりつものなるがゆえたいがいそとのしかたを用ひて祈るを常とすたとへおのが身にじふしるしし又はひざかがあるひは時として深く神をうやまおそるるの心をあらはすが為め又は深く神の前に己をひげするが為にしてはいするなどたぐひなり

問 如何なる時又如何なる処にて祈るべきや

答 如何なる時にもまた如何なる処にても祈るべきなり

問 しかれども如何なる時ことさらに祈るべきや

答 ことに朝ねむりよりきたる時に祈るべしそは神が我等をちゅうまもたまひしそのめぐみしゃするが為め又そののうち神のしゅくふくねがふが為なり

次にかみたすけねがふが為めにそのわざを始むる前に祈るべし

又神のめぐみしゃするが為に其日のわざを終りたる後にも祈るべし

ひるめしきつする前には神のしゅくふくを願ひひるめしきつし終りたる後には神のめぐみかんしゃすべし(勿論朝夕の食前食後にも)

夜に入りてはいぬる前に祈るべしそは神が一日中我等をまもり給ひしめぐみかんしゃするがまたそのまもり給ふことを願ふが為なり

問 我等は祈る時にあたり神の名をとなふるほかに他の名をとなふることありや

答 我等は祈る時にあたり神の名をとなふるほかせいけつなるどうていじょ神の母マリヤとしょてん及びしょせいじんの名をとな

問 し我等右のさだめしたがひて祈るときははたしそのいのりは神によろこれらるるや

答 はたししかりと云ふを得ずし神をおそるるの心をいだかずただ口のみを以て祈るときはただに神のめぐみあづからざるのみならずかへつて神のいかりるるのみなり