正教要理問答/昼の祈祷文

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
wikisource:宗教 > カテキズム > 正教要理問答

昼の祈祷文[編集]

稽古前の祈祷

ぜんの主や 爾が聖神のおんちょうつかはし我等にたましひの力をたまふて之をかため給へ 我等がさづけらるるのおしへに心をもちますます成長してなんぢわがざうぶつしゅさかえわが親のなぐさけうくわいしゃうこくえきとなるをせしめ給へ

問 我等は此祈祷を以て如何なることを神に願ひ求むるや
答 我等がますますがくげふに進みて神のさかえを願はす者となりふたおやなぐさむる者となり及びけうくわいしゃうこくの利益を為す者とならんことを願ひ求むるなり
問 如何にして我等は神のさかえを願はすことを得るや
答 善をおこなふてなり
問 如何にしてふたおやなぐさむることを得るや
答 ますますがくげふは進みおんじうなるおこなひじうじゅんなるこうようとを以てなり
問 如何にしてけうくわいしゃうこくの利益となるを得るや
答 けうくわいの利益となるは我等がおこたらずせいだうまうく教會のそくを守りせいだうの為にかねを献ずるなどおこなひを以てなり又しゃうこくの利益となるはくわうていちうつくし皇帝の為に祈り皇帝のおほせそむかず同胞とあひあいあひたすくるなどおこなひを以てなり
○ 稽古前の祈祷のかはりに『天の王慰むる者や云々…』の祈祷を唱ふるも亦可なり
けいの祈祷

ざうぶつしゅや爾のおんちょうを我等に賜ふてがくげふに心を用ひさせ給ひしを爾にかんしゃす我等のしゅちゃうふぼけう我等をみちびきて善を知らしむる者にさいはひくだし及び我等に此がくげふぐが為にちからあたへ給へ

問 我等は此祈祷を以て如何なることを神に願ひ求むるや
答 はじめに神が我等のがくげふたすけ給ふことをかんしゃし次に我等に善事を教ふる首長父母教師等にめぐみを降し又我等にがくげふを継ぐが為にちからさうけんあたへ給ふことを願ひ求むるなり

しょくぜんの祈祷[編集]

主やしゅうじんの目は爾をのぞむ爾は時にしたがつて彼等にかてを賜ふ爾のゆたかなる手を開きてもろもろいける者を爾のめぐみかしむ

問 我等は此祈祷を以て如何なることを神に願ひ求むるや
答 神は我等の飲食物に福を降して我等にさうけんを與ふることを願ひ求むるなり
問 主の『手』とは如何なるこころなるや
答 主の手とは我等をめぐみ給ふ神のおもんばかりを示すなり(マトフェイ六の二十七)
問 『もろもろいける者を爾のめぐみかしむ』とは如何なるこころなるや
答 神は我等人間のみならずとりけものむしうをに至るまでいつさいいきものめぐみあたへ給ふことを示すなり
○ 此食前の祈祷の代りに『主経』を唱ふるもまた可なり

ハリストスわが神やなんぢじゃうさいはひを我等にかしめ給ひしを爾にかんしゃす求む爾のてんごくをも我等にせしめ給へ

問 我等は此祈祷を以て如何なることを神に願ひ求むるや
答 神が我等にいんしょくぶつかしめ給ひしことをかんしゃし次にてんごくせしめ給ふことを願ひ求むるなり