正教要理問答/暮の祈祷文

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
wikisource:宗教 > カテキズム > 正教要理問答

くれの祈祷文[編集]

えいえんの神ばんもつの王我をの時に至らしめ給ひし主や 我今日おこなひことばおもひにて犯せし所のもろもろの罪を赦し我いやしたましひからだと心のもろもろけがれよりきよめ給へ 主や我に又是の夜のねむりへいあんすごして我やぶれしとこより起きぞんめいの日に於てつねなんぢせいなる名にかなひし事を行ひ我をせむゆうけいけいあだかつを得せしめよ 主や我をけがむなしおもひよこしまなるよくより我を救ひ給へ けだしくにちからさかえなんぢ父と子とせいしんす今もいつも世々にアミン

問 我等は此祈祷を以て如何なることを神に願ひ求むるや
答 我等は神にその日を無難にすごさせ給ひしめぐみを感謝しその日に行ひししょざいの赦しを願ひなほその夜をなんすごさせ給ふことを願ひ求むるなりしかして終りに聖三者をさんするのことばを以て結ばれたり
問 おこなひにてをかす罪とは何なりや
答 ぬすみひとごろしなどのたぐひなり
問 ことばにてをかす罪とは何なりや
答 あくこうをなしあるひみだらなるうたを歌ふなどのたぐひなり
問 おもひにてをかす罪とは何なりや
答 ねたみたかぶりなどのたぐひなり
問 からだけがすものとは何なりや
答 こんにくみなどのたぐひなり
問 たましひからだてきとは何を指すや
答 からだてきとは我等をまどはし我等を罪にいざなふもの及び我等の心をまよはしむるものをたましひてきとはすべたましひよく即ちねたみたかぶりなどのたぐひことあくを云ふなり

わが神やなんぢは仁慈にして人をあいするにり我このに於てことばおこなひおもひにてをかせし事をゆるへいあんにしてみだれざるねむりを我にたまひ 我をもろもろわざはひよりおほまもしゅしんつかはし給へ けだし爾は我等のたましひからだしゅしゃたり 我等なんぢ父と子と聖神にさかえす今もいつも世々にアミン

問 我等は此祈祷を以て如何なることを神に願ひ求むるや
答 神は我等の罪をゆるし我等にやすらかなるねむりをあたへ又我等をもろもろわざはひよりまもしゅしんつかはし給ふことを祈るなりしかして此祈祷はせいさんしゃさんするのことばを以て終らるるなり