埃及マカリイ全書/第四十九講話

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
wikisource:宗教 > 埃及マカリイ全書

第四十九講話[編集]

<< ひともしふくらくあづかるをずんば、かいらくするじゅうぶんゆうあらず。 >>

一、 もしたれしゅのためにじこぞくするものをて、このち、かいらくざいさんちちははとをし、みづからおのれじうじかくぎして、たびびととなり、まづしうしていちぶつゆうせざるものとなれども、あんねいへてしんせいなるあんをおのれにず、いちらくへてせいしんじょうたのしみをおのれこころかんぜず、くさるべきふくへてしんせいなるひかりふくないひとず、さきにくたいしんへててんぞくするものとのしんおのれこころうたがひなくにんしきせず、このゆるよろこびにへてしんよろこびとてんおんちょうなぐさめとをおのれないゆうするあらずして、ろくするところごとく『しゅさかえのあらはるるとき』〔聖詠十六の十五しんせいなるまんぞくこころにうけずんば、いちげんにてこれをはば、ざんらくへて、のぞところきゅうなるたのしみをいまなほおのれこころずんば、かれあぢうしなひししほたり、かれことごとくのじんるいよりもさらあはれむべきものにして、ここにあるものをもうばはれ、しんせいなるものをもたのしまずして、そのないひとしんようによりてしんせいなるおうにんしきせざらん。

二、 ひととほざかるはしとへるごとく、そのたましひかいとにおもひもつじゅうせんためなり、けだしいへり『われすまひてんにあり』〔フィリッピ三の二十〕、またいへり、『にくにありておこなへども、にくしたがひてたたかはず』〔コリンフ後十の三〕。ゆえにこのしたるものは、いまなほしんたすけにより、おもひもつにうつり、かしこきょじゅうして、れいかいこうふくをよろこびたのしみ、ないひとおいてはしんによりうまるるのきんようなるをかたしんぜざるべからざるなり、しゅのいひしごとし、いはく『われしんぜしものよりいのちうつれり』〔イオアン五の二十四〕。けだしけんぜんたるほかあり、またけんぜんたるいのちほかいのちあり。せいしょにいへり、『たのしみほしいままにするものくるともせるなり』〔テモフェイ前五の六〕、またいへり、『しゃそのしゃほうむるをまかせよ』〔ルカ九の六十〕、『しゅなんぢぐるはしゃあらず、われけるものなんぢあがむ』〔聖詠百十三の二十五、二十六〕。

三、 たいよううへのぼるならば、そのことごとくのこうせんうへにあらん、されどかれにしにあるときは、そのいへしりぞきてそのことごとくのこうせんうしろしゅうちゅうせん、かくのごとうへよりしんもつこうせいせられざるたましひそのねんはすべてうへにありて、そのおもひきょうかいおよぶのみなれど、もしてんよりうまれてしんによるのしんをうくるをたまはるときは、そのことごとくのねんいつしゅうちゅうして、これをおのれにりゅうしつつ、しゅづくりにあらざるてんじゅうしょたつし、そのすべてのねんしんせいなるたいりて、てんぞくするきよせいなるものとならん、なんとなればたましひあくくんすなはちしんあんこくなるごくしゃだつして、きよしんせいなるねんをうくればなり、けだしかみひとしんせいなるせいあづかるものたまふなり。

四、 ゆえにすべてうきこととほざかり、ねっしんとうつとむるならば、このろうすみやかあんしんたさるるをみとむべく、しょうなるゆうしゅうろうとはだいよろこびとなぐさめとにみちみたさるるをにんしきせん。いはんなんぢからだたましひひっせいあひだまいまいこくかくのごときぜんのためにつひやさるるならば、これをなにとかいはん。ああもいはれざるかみじんしんなるかなかみほうしゅうなしにおのれしんじゃたまひ、しゅあひだひとかみぎょうしゃとなり、かみひとからだりて、しゅなるすまひを、すなはちひとおのれにゆうするなり。かみひときょじゅうためてんとをつくりしごとく、おのれきょじゅうためひとからだたましひとをつくりしは、そのたいちゅうみてこれにやすんずること、そのいへごとくして、そのぞうによりてつくりしあいなるたましひなるしんとしてゆうせんためなり、しとはいへり、『けだしわれなんぢいつおっとへいていせり、きよしょぢょとしてハリストスささげんためなり』〔コリンフ後十一の二〕、またいへり、『われかれいへたるなり』〔エウレイ三の六〕。それおっとべんれいしてもろもろのこうふくそのいへあつめん、かくのごとしゅそのいへに、すなはちたましひからだとにてんぞくするしんとみあつめ、かつまん。しゃそのもつてするもそうめいなるものそのそうめいもつてするも、しんちゅうきびさとることあたはず、あるひたましひいかなるものたるをふことあたはざりき、たましひけるのかいかくたるにんしきとはただせいしんたすけによりてひらかるべく、かつもとらるるなり。さりながらときおいそのいかなるをけんきゅうし、こうし、かつかいすべく、しかしてくべし、しゅかみなれどもたましひかみあらず、かれしゅなれどもたましひぼくなり、かれぞうぶつしゅなれども、たましひじゅぞうぶつなり、かれぞうせいしゃなれども、たましひぞうせいぶつなり。かれせいたましひせいとになんつうゆうなるものもあるなうして、ただげんなる、もいはれざる、およさとるあたはざるあいにより、かつそのぜんしんによりて、かれぞうせいぶつに、そうめいなるじゅぞうぶつに、みづからえらびたるそんけいすべきおのれぎょうらんことをみんぜり、これせいしょにいふごとく、『われつくりしものしょじつとならんためなり』〔イアコフ一の十八〕。われかれとなり、しんとなり、かれじこきょじゅうとなり、かれじこきよしんとならんためなり。

五、 けだしわれかくのごときこうふくをそなへられ、かくのごときやくそくをあたへられて、かくのごとしゅおんけいわれにこれあるにより、よ、えいせいいそぎて、しゅよろこばるることにおのれまったささぐるをおこたらざるべく、またせんえんせざるべし。ゆえにしゅがんせん、そのしんせいなるちからもつわれづべきじょうよくあんごくよりすくひ、そのじこぞうためまたそのぞうせいのためにあがなひをなし、これにこうめいかいふくして、たましひけんぜんけつじょうなるものとなさんためなり、かくのごとくしてわれちちせいしんよよさんようして、しんしんをうけん。アミン。