埃及マカリイ全書/第四十八講話

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
wikisource:宗教 > 埃及マカリイ全書

第四十八講話[編集]

<< かみにおけるかんぜんなるしんこう。 >>

一、 しゅそのもんかんぜんなるしんこうのぼせんとほつして、ふくいんきょうごとくいへり、すくなきことおいちゅうならざるものおほことおいてもちゅうならず、されども『すくなきことおいちゅうなるものおほことおいてもちゅうなり』〔ルカ十六の十〕。すくなきこととはなにふか。またおほこととはなにふか。すくなきこととはこれすなはちこのやくそくにして、しゅしんずるものきゅうせんことをしゅやくたまひしすべてのものをふ、たとへばしょくもつふくおよそのからだあんそくためあるひけんこうためになるもの、およびこれにるいするものにして、このことついてはしゅぼうらいしてまったおもんばかるべからざるをめいじたまひき、なぜなればしゅたすけものしゅはすべてにおいおもんばかたまへばなり。さておほものとはこれすなはちえいえんきゅうなるたまものにして、こはしゅしんずるものにあたへんことをやくしたまひしものなれば、しんじゃだんこれためおもんばかりて、これをしゅねがはざるべからず、なんとなればごとかいめいたまへばなり、いはく『なんぢかみくにそのとをもとめよ、しからばこれものみななんぢくははらん』〔マトフェイ六の三十三〕。さてかくのごとかいめいしたまひしはわれもしすくなきものにねんせずして、らいせいえいえんなるものをおもんばかるならば、すくなきものをもきゅうしたまはんことをやくしたるかみしんずるやいなすくなきざんなるものをもつこころみらるるによる。

二、 もしかみところのものにかんしてけんぜんしんこうたもつならば、そのときひときゅうなるものをしんじて、えいえんこうふくじつたづぬることはめいはくなるべし。けだししんことばふくじゅうするものはいかやうにかみしんじておのれかみたくするか、はたしてかみことばしんじつがっちするか、あるひおのれしょうおのれしんこうじふするにより、ただみづからおのれしんじゃおもふのみなるかをあるひみづからこころみておのれをしんし、あるひしんてきひとびとしんこころみとにすることかんようなり。ひとはおのおのすくなきことおいて、すなはちこのざんのものにおいちゅうなるやいなやみづからこころかつしょうするをるなり。いかこころかつしょうするか。よろしくくべし、なんぢおのれしんじゃづくるはてんこくたまはるによるか、うへよりうまれて、かみとなり、ハリストスどうしゃとなるによるか、ハリストスともえいせいおうとなり、もいはれざるひかりうちにありて、げんにしてかぞふべからざるふくらくうくることかみみづからのごとくならんとするによるか。なんぢかならずいはん『しかり、これがためゆえわれとほざかりておのれしゅたくせり』と。

三、 しからばなんぢおのれこころみよ、じょうおもんばかりとしんたいしょくそのひつようぶつことおよきょしつことかんするおほいなるしんなんぢせんりょうせざるか、またおのれまったおもんばかるなかれとなんぢめいぜられたるそのおのれためなんぢじこちからもつしひもとめざるか、かつおもんばからざるか。けだしもしふしなる、えいえんなる、こうそんじゅうそくするものをくべきをしんずるならば、かみしんなるひとびとにも、じゅうにも、きんちょうにもあたへたまざんなる、ぞくするものにつきては、しゅこれなんぢきゅうすることはいよいよしんずべきにあらずや、けだしこのことまったおもんばかるべからざるをかいめいしていへり、なんぢなにくらあるひなにあるひなにんとおもんばかるなかれ『けだしこれみなほうじんもとむるところなり』と〔マトフェイ六の三十一、三十二〕。されどもしなんぢなほこのことおもんばかりありて、なんぢおのれしゅことばまったたくせずんば、るべしなんぢいまいたるまでえいえんこうふくすなはちてんこくをうくるをしんぜざるのみならず、すくなきものとつるものとにさへなほちゅうならざるをあらはして、ただおのれしんじゃおもふのみなるを。かつそれからだふくよりたっとごとく、たましひからだよりたっとし。ゆえなんぢたましひえいきゅうにしてひとびといやすあたはざるそうすなはちづべきじょうよくいやしハリストスよりくべきをなんぢしんずるか、けだししゅこのきたりたまひしは、ちゅうなるたましひどくいつしんじつしゃとにより、なんじょうよくをいやして、つみなるらいかいきよめんがためなるによる。

四、 なんぢはん『うたがひなくしんず、ゆえにこのことかたたん、ぼうはかくのごとし』と。しからばおのれこころみてさつすべし、にくたいくるしみはときとしてなんぢこのいんゆうして、なんぢかくしんしたるハリストスをばなんぢをいやすあたはざるものごとおもふことあらざるか。なんぢはいまだしんじつとうぜんしんぜず、みづからおのれをただしんじゃおもふのみなるを。しかれどももしなんぢふしなるたましひえいきゅうにしていやすあたはざるそうつみなるやまひとがハリストスもつていやさるるをしんずるならば、からだいちはくじゃくやまひとをもハリストスはいやすのちからあるをかくしんすべく、たすけきんろうとをかろんじて、ひとかれはしかん。けだしたましひをつくりしものからだをもつくりて、ふしなるたましひをいやすものからだをもいちくるしみとやまひとよりいやすべければなり。

五、 さりながらおもふになんぢわれにつげてごとくいはん、『かみからだをいやすがためくさやくぶつとをあたへ、からだやまひためにはたすけをそなへて、よりられたるからだぞくするしゅじゅせいさんぶつもつていやされんやうによくしょしたまへり』と。かくのごとくなることはわれどうなり。さりながらしんしてかくすべし、かみはそのおほいなるげんじんあいじんとにより、たれこれをあたへ、たれためとくべつなるしょうかんすか、ひとはそのあたへられたるかいめいそむき、けんれて、らくえんたのしみよりこのほうちくせられしこと、さながらとりことなりてめいをかうむりしごとく、またさいこうじょうれられしごとくにして、あんこくけんふくじゅうし、じょうよくいざなひによりしんじゃとなりて、さきにはなんしっぺいらざりしにかかはらず、つひにくたいなんしっぺいとにおちいりき。さればかれよりうまれたることごとくの、じんるいかれおなじくなんにおちいりしことはけんぜんたるなり。

六、 ゆえにかみびょうじゃくなるものしんしゃとにけるおのれしょうかんこのことおいてあらはし、だいなるじんにより、つみあるにんげんまったほろびんことをほつたまはざりき。からだじゅつかつこれをりょうするためまたそのひつようつるために、ひとびととすべてがいぞくするものりょうほうほうをあたへて、かれこのほうほうえきようするをゆるしたまへり、なんとなればかれおのれいままったかみにまかすあたはざればなり。しかれどもしゅうよ、なんぢハリストスきたりしものかみとなりて、うへよりかみによりてうまれんとののぞみおこし、げんよくひとよりもさらこうしょうさらおほいなるやくそくすなはちしゅきたることのきょをうけて、ためとほざかりしものしんこうがいねんせいかつことごとくのひとたいしてあたらしきじょうなるものをもとめざるべからざるなり。こうえいちちせいしんよよす。アミン。