埃及マカリイ全書/第五十講話

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
wikisource:宗教 > 埃及マカリイ全書

第五十講話[編集]

<< かみはそのしょせいじんおいせきおこなふ。 >>

一、 たれてんもんざしたるか、イリヤか、あるひイリヤうちりてあめめいじたまひしかみか。おもふにてんゆうけんしゃとうみづからイリヤたましひして、かみことばかれしたもつあめくだるをきんぜしなるべし、しかるにかれふたたことばはつするや、てんもんひらけてあめれり。モイセイもかくのごとし、つえきしに、つえへびとなりしが、ふたたことばはつするや、へびつえとなれり。かれよりはひりてこれをさんぜしに、かさとなれり。さらにこれにめいぜしに、しらみひきがへるとあらはれたり。さりながらじんせいこれるか。モイセイうみにつげたるに、うみりょうぶんし、かはにつげたるにかはへんぜり。てんのうりょくモイセイこころり、かれもつきゅうちょうおこなひしことけんぜんたるなり。

二、 いかんしてダワィドぶきなしにきょじんたたかふをたりしか。ダワィドいしぞくじんとうぜしは、ダワィドりてかみいしはつし、かみちからみづからかちそうしててきおどろかしたるなり、けだしからだりょくなるダワィドはこれをあたはざりしなり。イイスス ナワィンイエリホンちかづきてしろかこむことなのかなりしも、おのれちからもつてはいかんともするあたはざりき、さりながらかみめいたまひしや、じょうるいはおのづからかんらくせり。またかれやくりしとき、しゅかれげていへり、きてたたかひのぞめと。さりながらイイススこたへていへり、しゅく、なんぢなくんばわれかずと。またたたかひときあたたいようにじかんとどまるをめいじたるはたれなるか、かれいちてんせいなるかあるひかれちからなるか。またモイセイアマリクたたかひしとき、てんかみぐるや、アマリクじゅうりんしたれども、るるや、アマリクかちたりき。

三、 さてなんぢこれをききてそのとほきにかしむるなかれ。これしんじつなるけんしょうたり、またえいたるにより、これをおのれにおうようすべし。なんぢそのみつぎねんとをてんげてしゅくをねがふときは、サタナなんぢねんによりてへんちゅつせらるべし。さればイエリホンじょうるいかみちからによりかいせられしごとく、いまなんぢためみちぜつするあくしゅうじょうるいサタナみやこなんぢてきとはかみちからもつほろぼさるべし。かくのごとかみちからほうかげおいてさへだんじんそんざいして、けんぜんたるせきおこなはしめ、かみおんちょうかれないれり。かつしんげんしゃにもようし、かれしんちゅうおいげんかつかたるにたすけて、ようようのありしときはだいげしめたり。けだしげんしゃつねかたりしにあらずして、かれしんがこれをほつしたるときかたれり、さりながらちからつねかれそんざいせり。

四、 しかれどもりっぽうかげおいてさへせいしんかくのごときりょうもつそそがるるならば、いはんやしんやくおいて、じうじかのちハリストスきたりしのちおいてをや、しんそそがるるとしんもつはしめらるるとはかしこにもりぬ。けだしいふあり、『われしんいっさいひとそそがん』〔イオイリ二の二十八〕。これしゅみづからいひたまひしものとおなじきをいみす、いはく『われなんぢともにしておはりまでるなり』〔マトフェイ二十八の二十〕。『けだしおよもとむるものん』。またいふあり、『しからばなんぢしきものなるもなほたまものそのあたふるをる、いはんてんいまなんぢちちこれもとむるものせいしんあたへざらんや』〔ルカ十一の十、十三〕、しとことばによるに『ちからおいてし、おほくのしょうおいてするなり』〔フェサロニカ前一の五〕といふ。ゆえにてきとうにこれをんにはろうおほいなるじんりょくにんたいかみあいするとをもつてすべくして、ろくしていふごとたましひかんかくが『ぜんあくわきまふるを』〔エウレイ五の十四はやならひたるときらるるなり、すなはちきょうあくこうかいかんけいようこうげきまいふくとについても、またしんはたらきちからとによりしゅじゅたまものしゅじゅさまざまなるたすけとについても、これをわきまふるをならひたるときにらるるなり。けだしないひとけがすにじょうよくもつてするゆうざいなるかさをおのれににんしきすれども、ひとよわきをかため、ちゅうしんよろこびもつたましひあらたにするしんじつせいしんよりするたすけをおのれににんしきせざるものは、かみおんちょうかみへいあんとのしゅじゅようなるせつるのにんしきゆうせず、べんべつのうりょくをうけずしてそんせん。されどまたいっぽうよりればしゅたすけをかうむりて、すでにしんしんよろこびとてんじょうたまものゆうするものも、もしおのれもつはやつみぞくせずとおもふならば、これまんにおちいりて、あくしゅうこうなるをわきまへず、えいよはひせいちょうするとハリストスおいせいぜんするをるとはぜんもつるべきをかいせずして、みづからいざなはるるなり、なんとなればせいなるしんせいなるしんもつてあたへらるるたすけあるときは、これとともしんこうせいちょうして、おほいじょうしんするにいたるべく、すべてあくなるねんちゅうぜんぜんかたむはじめてぜんめついたるべければなり。

五、 ゆえにわれはおのおのたからがきうちみつけたるか、しんこんたるか、おうたるか、おうきんするものとなりてやすんじたるか、あるひなほがいしつおいきんするかをけんきゅうせざるべからざるなり。けだしたましひにはえだおほく、そのふかさもおほいにして、これににゅうせるつみことごとくのしきこころぼくとをはやせんりょうしたればなり。そののちひとおんちょうたづぬるとき、おんちょうひときたりてあるひたましひふたつしきせんりょうするあらん。しかれどもおんちょうもつなぐさめらるるけいけんなるものはそのきたりしおんちょうたましひのすべてのしきせんりょうしてつみこんぜつせられたりとおもふ。さりながらたましひたいはんつみけんちゅうにありて、おんちょうしたにあるものはいちぶんのみなり。しかるにひとあざむかれてこれらず。

六、 なんぢせいじつなるあいによりてしょすべきところのものをおほゆうすれども、れいひとびとたるなんぢすこしばかりのものをもつたんしょあたふるは、なんぢじっこうしてことばしゅけんきゅうし、さらにいよいよしゅおいなるものとなりて、そのこころせいちょくしゅおんちょうしんちからとをもつぞうせんためなり、またまったおそるるなうしておのれすくひとらへ、すべてのこうしんてきことごとくのけいとよりまぬかれて、われしゅイイスス ハリストスしんぱんつまづかざるものおよていざいせられざるものとしてあらはるるをたまはらんためなり。かれこうえいけんぺいちちおよせいかつほどこかれしんともいまいつよよかぎきにす。アミン。