埃及マカリイ全書/第四十一講話

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
wikisource:宗教 > 埃及マカリイ全書

第四十一講話[編集]

<< おんちょうにもまたあくしゅうにもぜんぜんせいちょうするたましひおくそこはなはふかし。 >>

一、 たましひちょうなるうつはおほいなるふかみそんざいすることろくしていへるごとし、いはその淵と心とこころみんと〔シラフ四十二の十八〕。ひとかいめいそむきていかりこうむりしのちつみひとをとらへて、おのれぞくとなし、とうてつしてしんえんなるにがふちごとく、みづからないりて、たましひぼくそのいとふかおくそこいたまでせんりょうしたりき。かくのごとくなればたましひとこれにこんこうしたるつみおほくのようありてふかところざしたるおほいなるくらぶべし。かくのごとたましひりたるつみそのぼくいとふかおくしょいたまでせんりょうしてかんしゅうとなりへいとなり、ようよりかくじんせいちょうし、ようせいせられてひとあくおしへんとす。

二、 ゆえにしんせいなるおんちょうようかくじんしんこうじゅんじ、たましひいんして、たましひうへよりたすけをうくるときも、おんちょうたましひなほただいつおほふのみなり。さればなんびとたましひまったしょうめいせられたりとおもふなかれ、そのないにはあくしゅうためおほいなるぼくなほそんするありて、ひとにはたらくおんちょうゆうするのおほいなるろうじんりょくひとためようようなり。ゆえにしゅんかんひときよめてかんぜんなるものとなすをしんせいなるおんちょうぜんぜんたましひほうもんするをはじむるは、ひとゆうなるいしなにおいてもあくしゃしたしまず、おのれおんちょうまったゆだねて、かみたいするまったあいまもるやいなやをこころみんがためなり。かくのごとくなればたましひときおほくのねんしょあひだれんたつなるものとなり、なにもつてもおんちょういからしめず、またうれひしめずしてぜんぜんおのれのためにたすけん。しからばおんちょうまたみづからたましひおいぼくせんりょうし、たましひねんれんたつしておんちょうゆうするものとなるにじゅんじ、そのいとふかしきねんいたまではなつべくして、たましひまったこのちゅうはやおうたるところてんおんちょうもつかこまるるにいたらん。

三、 しかれどもひとおほいなるけんそんをまもらずんば、おのれサタナし、すでにあたへられたるしんせいなるおんちょうぎてたいにせらるべくして、そのときかれじこあらはれん、なんとなればかれたいにしてまづしくなればなり。ゆえにかみおんちょうまさるるものはおほいなるけんそんちゅうしんしょうとにり、おのれもついちぶつたざるまづしきものとして、ごとおもはんことかんようなり、いはく『おのれにゆうするものはすべてぞくするものにして、にんわれにあたへたるなり、さればほつするときはわれよりとらん』と。かくのごとかみひとびとまへおのれへりくだものそのあたへられたるおんちょうをまもるをん、ふあり『みづからひくうするものたかうせられん』〔マトフェイ二十三の十二〕。ひとかみせんしゃとなりてみづからおのればつすべし、またちゅうなるものとなりておのれあたらざるものおもふべし。かくのごとたましひかみよろこばしてハリストスもつかされん。かれこうえいけんぺいよよす。アミン。