埃及マカリイ全書/第四十二講話

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
wikisource:宗教 > 埃及マカリイ全書

第四十二講話[編集]

<< ひとかんぜんにみちびき、あるひはこれをそこなものは、がいぞくするものにあらずして、ないぞくするものなり、すなはちあるひおんちょうしんなり、あるひきょうあくしんなり。 >>

一、 おほいなるまちじょうえんかいによりてきためりゃくしゅしてらさるるならば、そのひろきはまちためなにえきもあらざるべし。ゆえまちようようなるはそのおほいなるとともけんなるじょうえんゆうするにあり、てきのこれにしんにゅうせざらんがためなり。かくのごとしきつうぎょういとえいなるりょくとをもつてかざられたるたましひはこれをおほいなるまちくらぶべし。さりながらこころみはん、かれてきりてらさざらんがためしんちからもつかためられしやいなやと。けだしこのけんてつたるアリストテリあるひプラトンあるひソクラトごときはそのかくじつなるしきにより、これをおほいなるくらぶべし、しかれどもてきためらされたり、なんとなればかれにはかみしんいまさざりしによる。

二、 これにはんしてがくなるひとびとおんちょうあづかるものとなり、じうじかちからもつかためられたるしょうたるあり。しかれどもかれおんちょうをうばはれてほろぶるはふたつゆうによる、あるひかんなんふてたいりょうにんたいせざるにより、あるひつみなるかいらくよろこびたのしみてこれにふけるによるなり。かれゆうわくなしにりょこうふることあたはざるべし。それさんするときは、まづしきものおうこうもひとしくかんぜん、これとおなじくつとめてたがやさずんば、めるものためにもまづしきものためにもびかさんせざらん、しんれいじょうこうおいてもかくのごとし、しゃおよしゃおんちょうもつおうとなるは、にあらず、にんたいゆうかんおほくのしんろうとにる、なんとなれば「ハリステアニン」のせいかつはかくあるべきものなればなり。みつあまきものなればにがあるひどくあるものをいつもおのれにうけざらん、「ハリステアニン」もかくのごとし、すべてぜんなる、あるひあくなる、いかなることにそうぐうするありとも、れんなるものとしてそんすること、しゅのいひたまひしごとくなるべし、いはく『れんなることなんぢちちれんなるごとくなるべし』〔ルカ六の三十六〕。しかれどもひとそこなふものとけがものとはひとないにあることしゅのいひたまごとし、いはく『けだしこころよりづるものあくねんなり』と〔マトフェイ十五の十九〕。けだしひとないにあるものひとけがさん。

三、 ゆえにきょうあくしんないしんちゅうふくらいおうす、これれいあるせんどうしゃすなはちあんこくおほひふるひとにして、すべてかみはしものだつせざるべからざるところのものたり、てんぞくするあたらしきひとすなはちハリストスんがためなり、このゆえがいにあるものはいつひとそこなふあたはずして、そこなふものはただかっぱつにしてゆうせいなる、しんちゅうきょじゅうするあんこくしんなり、ゆえひとはおのおのねんおいたたかはざるべからず、ハリストスそのこころてらさんためなり。かれこうえいよよす。アミン。