ベン・シラの智慧 第四十二章

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikisource:宗教 > 聖書 > 旧約聖書続篇 > ベン・シラの智慧
  • : この文書ではルビが使用されています。ここでは「ルビ」の形で再現しています。一部の古いブラウザでは、ルビが正しく見えない場合があります。

第四十二章[編集]

1 これらのことにつきてづな、またこれによりてひとつみくな。
2 すなはいとたかきものおきてとそのけいやくとにつきて、けいけんならぬものたいするこうへいなるさばきにつきて、
3 はんりょまたたびびとともはかかぞふることにつきて、ともゐさんよりのおくりものにつきて、
4 はかりおもさのただしさにつきて、かさたせうにつきて、
5 あきうどへだてなきうりかたにつきて、こどもしばしばためなほすることにつきてまたしきしもべわきちてながにつきてづな。
6 しきつまにとりてふういんし。おほところにはなんぢぢよ。
7 なんぢわたすものはなににてもこれをかぞまたはかり、うけわたしにはすべてしゃうしょもちひよ。
8 むちなるひとおろかなるひとわかものきそはなはだしくいたるひとをしふるをづな。これなんぢもよくをしへられてすべてのけるひとまへみとめられんがためなり。

9 むすめちちにとりてひとれぬこころづかひたねなり。そのこころづかひねむりをすらうばふ。わかときには、そのよはひはならんことをおそれ、とつぎては、にくまれんことをおそる。
10 ょとめときには、けがされてち、ちちいへにあらんことをおそれ、をっとときにはあやまちおちいらんことを、とつぎしときにはうまずめにならんことをおそる。
11 かたくななるむすめのためにはきびしきみはりをなせ、おそらくはかれなんぢてきわらひぐさとなり、まちのものわらひとなり、ひとびとあひだしきてられ、ぐんじゅうまへなんぢはづかしめん。

12 いかなるひとをも、そのみめきがためにるな。またをんなたちのあひだすな。
13 ころもよりしみづるごとをんなよりをんなあくでん。
14 をとこあくは、たくみひとをあしらうをんなまたなんぢづべきそしりきたらしむるをんなまさる。


15 われいましゅみわざげ、たることべん。しゅみことばにそのみわざあり。
16 ひかりあたふるばんもつのぞみ、しゅみわざえいくわうにてつ。
17 しゅはそのおどろくべきみわざべんためにせいとたちにちからあたたまはざりき。そのみわざちからあるしゅかたさだためへるものにして、いかなるものもそのえいくわううちてらるるなり。
18 しゅふかところさぐり、またこころさぐり、そのたくみなるはかりごとさとたまふ。いとたかきものはすべてのちしきち、しるしたまふ。
19 しゅぎたるものときたるべきものとをべ、かくれたるもののあしあとあらはたまはん。
20 いかなるおもひかれのがれず、いかなることばかれかくれざるべし。
21 とこしへよりとこしへいまたましゅは、そのちゑちからあるみわざととのたまへり。これにくはふるなにものもなく、これよりけづなにものもなし。しゅひとりぎしをももちたまはざりしなり。
22 しゅのすべてのみわざはいかにのぞましきかな。それはひばなごとらるべし。
23 これらのものはすべてとこしへに、きてのこり、そのあらゆるようのために、ことごとしたがふ。
24 すべてのものはみなふたへにて、ひとつのものはほかのものにたいす。しゅつくたまへるものにまったからざるはなし。
25 ひとつのものはほかきものをつ。しゅえいくわうみたさるるものたれぞ。