埃及マカリイ全書/第十九講話

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
wikisource:宗教 > 埃及マカリイ全書

第十九講話[編集]

<< おほいしんしてせいちょうせんとほつする「ハリステアニン」はおのれおよそのぜんふべし、そのところつみよりすくはれて、せいしんてられんためなり。 >>

一、しゅきて、えいせいたまはり、ハリストスだいたくとなり、せいしんてられて、しんむすび、じゅんぜんにしてむべきなく、ハリストスかいめいすをんとほつするものは、まづだいいちしゅかたしんじて、そのかいめいすすめにまったおのれゆだね、すべてにはなるるをもつはじめざるべからず、はすべていかなるゆうけいぶつにもせんゆうせられざらんためなり。またかれしんもつしゅぼうして、しゅめぐみたすけとをつねち、いかなるときにもいちそのもくてきとなして、だんとうもっぱらならんことをようす。そののちかれはそのところつみゆえに、もろもろのぜんこうしゅことごとくのかいめいおこなふにおのれひんことをようするなり。たとへばいかなるひとまへにもへりくだるにおのれひ、おのれをなんびとよりもれつあくなるものおもふて、ひとびとうちたれよりもそんけいあるひしょうさんあるひめいもとめざること、ふくいんきょうにしるせるごとくして、ゆいいつしゅそのかいめいとをつねがんぜんゆうし、こころおんじゅうもつひとかれよろこばれんことをねがふべし、しゅごとし、いはく『われまなべ、われこころおんじゅうにしてけんそんなればなり、なんぢそのたましひあんそくん』〔マトフェイ十一の二十九〕。

二、 これとおなじくできるだけじひなるものとなり。ぜんりょうなるものとなり、じんしんなるものとなり、ぜんなるものとなるにおのれをらすことしゅのいふごとくすべし、いはぜんにしてかつなること『なんぢてんちちれんなるごとくすべし』〔ルカ六の三十六〕。またいふ『なんぢもしわれあいさばいましめまもれ』〔イオアン十四の十五〕、また『ちからつくしてせまもんよりれ』〔ルカ十三の二十四〕。ことしゅけんそんせいかつおんじゅうひとびとまじはりしことをもつかんとなし、これをおくたもちてわすれざるべし、つねしんかつもとめて、とうもっぱつとむべし、これしゅきたりてかれりて、かれことごとくのかいめいおこなふにぜんせしめ、かつこれをかためんがためにして、しゅみづからかれたましひすまひとならんためなり。かくのごとくならば、こんにちにんならざるこころしひところのものは、いつかにんべくして、けんにしておのれぜんらし、つねしゅおくし、だんだいなるあいもつしゅたん。そのときしゅかれかくごとにんぜんなるべんれいとをまたしゅおくするにおのれふると、はんするもおのれこころぜんけんそんおんじゅうあいとにだんみちびき、くするだけまったじんりょくしてこれをみちびくをば、われふ、そのときしゅそのおんけいかれほどこし、せいしんかれにみたして、かれそのてきかれところつみよりすくたまはん。そのときかれはやじんりょくろうもなくしてしゅことごとくのかいめいじつにおこなはん、かくげんすればしゅみづからそのかいめいかれおいおこなひて、かれそのときしんじゅんむすばん。

三、 さりながらしゅものはかくのごとだいいちこころのぞみはんするもおのれぜんひ、つねうたがひなきしんこうもつしゅあはれみつべし、もしたれあいゆうせずんばおのれあいふべく、もしおんじゅうゆうせずんば、おのれおんじゅうふべく、けいにんたいすると、けいせらるるときは、たいりょうなるものとなると、いやしめあるひざんせらるるときは、いからざらんことにおのれふべし、ふあり、いはく『あいものよ、おのれあだかへすなかれ』と〔ロマ十二の十九〕、もしたれれいしんてきとうゆうせずんば、おのれとうふべし。かかるあひおいては、かみひとのかくのごとふんとうし、こころのぞみはんするもじんりょくしておのれせいぎょするをて、ひとしんじつなるれいしんてきとうをあたへ、しんじつなるあいしんじつなるおんじゅう寛大の心と、しんじつなるぜんしんとをあたへん、いちげんにていはばひとれいしんじょうじゅうじつせしめたまはん。

四、 もしたれとうゆうせずして、とうおんちょうゆうせんがためにただいつとうおのれふるも、おんじゅうと、けんそんと、あいと、そのかいめいすにおのれひず、これらのしょとくしんするをおもんばからず、ろうじんりょくとをくはへずんば、そのにんゆうなるのぞみとにしたがひ、そのねがひじゅんじてとうおんちょうあるひいちぶんあたへられ、しんしんあんらくるありといへども、ひんせいおいてはぜんとしてもとごとそんせん。かれおんじゅうゆうせず、なんとなればろうたづねず、おんじゅうなるものとなるにおのれをじゅんせざればなり、けんそんゆうせず、なんとなればこれをもとめずして、これにおのれひざればなり、しゅうじんあいゆうせず、なんとなればとうねがふも、これがためみづからおもんばからずして、じんりょくをあらはさざればなり。ことつとむるにあたりかみたいしてしんぼうゆうせず、なんとなればかれおのれれり、しかれどもおのれにこれをゆうせざるゆえんみとめず、ゆえにしゅけるのかたしんこうと、しゅたいするしんじつぼうとをしゅもとめんがためうれひてろうせざればなり。

五、 ひとはおのおのこころほつするところはんするも、とうおのれかつめんことをようするごとく、ぼうにも、けんそんにも、あいにも、おんじゅうせいじつおよせいちょくにも、ことごとくのにんたいにも、かつたいきゅうにもおのれふべく、ろくするところごとく、よろこんで〔フェサロニカ前五の十六おのれひんことをようす、またみづからおのれひくうして、おのれもつてまづしきものとなし、およすえなるものすにおのれひ、またえきなるだんいつもなさずしてもくそうし、こころもつてもくちもつてもつねかみぞくするところのことをふにおのれひ、げきせず、さけばざることにおのれふることろくしていふごとくすべし、いはく『およそにがみいきどほりいかりさわぎそしりおよそどくあくともなんぢうちよりらるべし』〔エフェス四の三十一〕、またひんせいおいてはすべてしゅることにおのれをひ、およそとくぎょうぎょうぜんにしてなるせいかつおよこうさいけるのぜんりょうすべてのおんじゅうけんそんと、ほこらず、たかぶらず、じふせずして、たれことしくはざるにおのれをひんことをようするなり。

六、 おほいれんたつなるものとなりて、ハリストスよろこばれんをねがものは、のすべてのものにおのれひんことをようす、しゅときおいかれいかなるねっしんにんとをもつおよそぜんりょうせいちょくれんけんそんあいとにおのれひ、ちからいだしておのれしょうれいするをて、かれおのれまったたまはらんためなり、またしゅみづからこれよりさきかれところつみゆえかれじんりょくすといへどもまもるあたはざるところのすべてをろうじんりょくとなしにまったせいけつしんじつさしめんためなり。そのときとくこうけるすべてのれんしゅうは、かれためてんせいごとくなるべく、つひしゅきたりてかれり、かれしゅりて、しゅみづからかれれいさしめつつ、じこかいめいかれおいすくおこなはしめん。されどもしひとかみよりたまものをうけざるあいだおのれいつとうふるも、これとどうようぜんぶんかかげたるもろもろとくこうおのれひず、しひおこなはしめず、かつらさざるときは、これらのとくこうじゅんぜんかんぜんするなく、じつじょうじゅせしむるあたはざるべし。これにはんしてできるだけおのれをぜんじゅんすることはとうおなじくかんようなり。けだしときとしてかみおんちょうかれねがひこんきゅうとによりて、かれきたることあらん、なんとなればかみぜんにしてれんびんなるにより、かみねがものそのねがところのものをたまはればなり。しかれどもひとまへべたるとくこうゆうせず、おのれをこれにならはさず、かつじゅんせずんば、たとへおんちょうくるあらんも、けしのちこれをうしなひ、こうまんによりてしっついすべく、あるひそのあたへられたるおんちょうおいしんせず、またせいちょうせざらん、なんとなればまったくのにんもつしゅかいめいおこなふにおのれゆだねざればなり。けだしけんそんあいおんじゅうそのしゅかいめいしんためきょしょとなり、あんそくとなるなり。

七、 ゆえにじつかみよろこばして、かみよりてんぞくするしんおんちょうけ、せいしんによりせいちょうして、せいぜんならんことをほつするものは、しゅことごとくのかいめいをおこなふにおのれかつひて、そのはんするも、こころをこれにしたがはしめんことをようす、ふあり、いはく『われなんぢことごとくのめいみとめてみなこれただしとし、ことごとくのいつはりみちにくむ』〔聖詠百十八の百二十八〕。あるものとうおほいしんせざるあいだは、これをつとむるにおのれかつめん、これとどうようもしとくこうをすべてれんしゅうするにおのれかつめんとほつするならば、ぜんなるしゅうかんおのれならはさん、かくのごとくならばだんしゅねがひ、かついのりて、ねがふところのものをけ、かみかんめ、せいしんあづかるものとなるをて、せいしんかれけんそんあいおんじゅうとにあんそくしてかれにあたへたるたまものちょうぜしめ、かつはなひらかしめん。

八、 しんみづからこれらのものをかれたまふて、かれしんじつなるあいしんじつなるおんじゅうとをおしへん、さきかれおのれをこれにひ、これをたづね、これがためしんかつりょしたりしが、つひかれにあたへらるるなり。かくのごとくなればかれかみおいせいちょうせいぜんなるをて、てんこくとなるをたまはらん、なんとなればけんそんなるものけつしておちいらざればなり。すべてのものよりしたものいづこにかおちいるべき。こうまんおほいなるくつじょくなり。しかれどもけんおほいなるたくえつなり、そんけいなり、かつこうなり。ゆえにわれしんはんするといへども、けんそんおんじゅうあいとにおのれかつひ、しんぼうあいとをもつだんかみねがかついのりてそのしんわれこころにつかはしたまはんことをち、かつこれをじゅくせん、しかときしんしんじつとをもつかみいのかつはいすることをん。

九、 さればしんはみづからわれいまじんりょくすといへどもあたはざるしんじつとうおしへ、また寛大の心ぜんりょうとをおしへ、しゅことごとくのかいめいかなしみなく、ふるなうしてじつおこなはしめ、しんみづからごとそのもつわれたしむるところのものをおしたまはん。かくのごとわれひとしゅむねかみしんもつかみことごとくのかいめいおこなひ、しんみづからおのれおいわれせいぜんにし、すべてのかいつみなるけつとよりきよめられたるわれおいそのたつするときは、しんわれたましひなるしんごとく、せいけつにしてかんぜんするところなきものとして、ハリストスにささげん、しからばわれかみかみくにあんそくするをて、かみわれよよかぎりなくやすんじたまはん。こうえいかれこうおんれんあいとにす、けだしにんげんかくのごときそんけいえいとをたまひ、ひとびとてんちちとなるをたまふて、かれおのれけいていづけたまへばなり。こうえいかれよよす。アミン。