埃及マカリイ全書/第三十九講話

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
wikisource:宗教 > 埃及マカリイ全書

第三十九講話[編集]

<< かみわれしんせいなるしょあたへたるはなんためか。 >>

一、 おうあり、そのしょうちょくそのたまものとをあたへんとほつするものぶんしょつかはし、しゅうらしめていはん、『すみやかわれきたりておうたまものわれよりうけんことをつとめよ』と、しかるにもしきたりてこれをうけずんば、ぶんしょむはそのものえきあたへざるのみならず。きたりておうよりえいをうけんことをのぞまざるために、ただちばつせらるるものとならん、かみしょもかくのごとし、おうたるかみぶんしょとしてこれをこくし、ひとびとまへにあらはしたるは、かみかつしんじたるものてんたまものねがふて、これをそのしんせいじつざいよりうけんためなり。けだしろくしていへるあり、『かみせいあづかものとならんためなり』〔ペトル後一の四〕。されどもしひときたらず、ねがはず、けずんば、せいしょをよむも、かれえきするところあらざるべし、かへつててんおうよりいのちたまものをうけんことをのぞまざるために、ばつせらるるものとならん、けだしたまものなくんば、ふしいのちなるハリストスもとるあたはざればなり。かれこうえいよよに。アミン。