善人達のよきこんしゑんしやの悦びの事

提供:Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikisource:宗教 > 吉利支丹文学抄

善人達のよきこんしゑんしやの悅びの事


右すぴりつ◦さんちより與へ給ふ內心の悅びの上に◦今一ツ善人達の樂み給ふ事といふは◦よきこんしゑんしやのしようこなり。是をわきまへよ。でうす の御惠みを以て萬物を養ひ給ひ◦それの極めに至らせ給はん爲に◦いるほどの事を與へ給ふ如く◦人間の上をも達し給はん爲に◦いるべきほどの事をいかではからひ給はずといふ事あらんや。されば人の達するといふは◦あにまの精力の第一となる◦分別とおんたあでの二ツを達するにありと心得よ。分別にはもろもろの學問の下地となる智惠を與へ給ひ◦おんたあでには萬の善の種をまき給へば◦善には親み◦惡をば嫌ふみづからの精德を含むが故に◦善を以ては悅び惡を以ては悲しむ者也。此生付のせいりきの强き事をいはば◦たとひ其身のあしき癖をもて弱る事ありといふとも◦かつて其精力の滅ずるママ事なし。たとへば人の自由は◦惡趣に落て次第に其精弱くなるといへども◦全く滅する事なし。そのしようこは昔*じよぶとまうす善人◦樣々の災難をうけ給ふ時◦じゆうるいけんぞく在々所々にて敵より打亡ぼさるゝといへども◦それつげる一人の臣下はいつも殘りたると見へたり。其如く惡人も今罪を犯す災ひ起り來り◦諸善を亡すといへども◦善惡を辨ふる智惠はうせずして◦失ひたるきちと淺間しくはてたるしんだいつげらする事◦いつも◦こんしゑしやママに殘りとゞまる者也


かくのごとく◦でうす より眠る事なきおこして◦無言する事なき談義者◦くたびれる事なき師匠を與へ給ふを以て◦深く善德を御大切におぼしめさるゝはからひ◦めうないせうしらせ給ふ者也。是をよくわきまへたる*ゑぴてとといふ學者のいはく◦親は◦子に惡を退き善に勸むる道を敎へんが爲に◦若年の時より師匠の手に渡すごとく◦でうす 人をさくなされし初より面々うまつきによしあしを覺ふる心の精德を◦こんしゑんしやとかうして師匠と渡し給ふ事は◦常に惡を退け善を行へと心をおこし勸むべき爲なりと。されこのこんしゑんしやは◦善人の爲のまもりて◦師匠なるが如く◦惡人の爲には心のせめうつたへてしやくの人となりて◦悅びの中に苦しみをまじゆる者也。されば惡人のこんしゑんしや心にくひつく事は◦けいきよくのさし苦しむるに異ならず。このいばらを知らんと思はゞ◦そのいはあまあり。一ツにはとがおのづから不淨にして無道也。是を指て學者のいはく◦人のおもはくにもかかはらず◦でうす の御照覽なしといふとも◦科の不淨を知るにをひては◦一惡を犯すべからずと。二ツにはとがといふは人のあだなり。すなはちあだを求むる者也。三ツにはとがは惡名をのがれず◦生得◦人は他人に讃められん事を望み◦憎まるゝ事を嫌ふ者なれば◦とがの惡名たゝずして叶はざる事を知るが故に◦身に悲しみをいだかずといふ事なし。或學者のいはく◦萬民に憎まるゝに勝りて余に苦しき事なしと。四ツには一命のぢやう◦最期の悲み◦其きうけつと終りなきげんの恐れ◦皆以て惡人の心をさし苦しむるいばら也。かほど定めなき露の命の◦必死すべき事を思へば◦ゑけれじやすちこに見へたる如く◦其日はわがとがむくひをうけ◦諸惡邪惡の終りなりと知るが故に◦うれひをいだかずといふ事なし。惡人の習ひは◦たとひ少の苦惱を以てもかならず最期來るべき事を思ひ◦心の騷ぎたえざるが故に◦一命を惜む苦しみはなはだしく◦はかなく空しき影に恐れてふるひをのゝく者也。或は國にえきれいをこりて萬民死しはて◦又は雷電地震の難にあひても◦忽ち身の上かと恐るゝ者也。是皆あしきこんしゑんしやの證據也。かくのごとく茂りたる荊棘ママ一ツに群りて・悪人の心をさし苦しむる者也。是に付て*じよぶのきやうに見へたる如く◦あしきこんしゑんしやは常に心をくらひ◦訴ふる叫びの聲やむことなし。又心易く居るといへども◦ひつきやう敵の謀略を恐るゝ者也。誠に惡人はいつもあんの樣に見ゆるといへども◦終に惡しきこんしゑんしやの恐れたゆる事あるべからず。*じよぶのいはく◦闇より光へいづる事を難しと思ふなりと。此心は今住しける惡きこんしゑんしやの闇よりいでて◦無事案堵に移り◦あにまは でうす の御光をうけ奉る淸きこんしゑんしやに住すべき事難しと思ふ者也。ゆへを如何といふに◦惡人の心は常にはくじんをふむが如く◦恐れを懷かずといふことなし。死するとじゆいぞの恐れ心を動かし◦倍すとがきうけつきびしかるべき事を思へば◦をんじきの隙も更に心のくつろぎといふ事なし。たとへば大將の陣頭を守る兵は前後左右を圍むごとく◦惡人は常に騷がしき心の恐れに圍まれずといふ事なし。是皆あしきこんしゑんしやに付て*じよぶの親みのいへることば也。或學者のいはく◦でうす の終りなきおきては◦常に惡人の心にせめかゝると。又ぽろぺるびよといふきやうの廿八に◦Fugit impius, nemine persequente; justus autem quasi leo confidens absque terrore erit. Proverb. 28 惡人は誰も追ざるに逃げ◦善人は獅子王の如く强く猛き者也と。*さんと◦あぐすちいによ是を注し給ひて◦如何に御主◦誠に是御身の御定め也。惡人の亂れたる心はそれすなはち身の苦しみ也とのたまふ也。見よ◦惡人はこんしゑんしやのみに限らず◦常のしんだい皆もてかくのごとし。萬事にらつをみだしながら◦いかであんの思ひに住すべきぞ。手足筋骨のつがひたがふ時は◦其痛みもつともたへがたき者也。又四大それすわり所を離るゝ時は◦いかばかりの騷がしき事をなすと思ふや。又色身の血氣亂れて血の道たがふ時は◦如何ほどの病をか生ずると思ふや。生得人は道理をもととするがゆへに◦道理にしたがつて勤めず亂行不法なるにをひては◦いかでかなやみ亂るゝ事のなからんとは思ふぞ。誠なる哉◦たつとき*じよぶの金言 Quis restitit ei, & pacem habuit. Job. 9 でうす に背き奉りて◦たれあんおもひには住すべきぞと。*さん◦げれごうりよ是を注し給ひて◦でうす の大なる御どくを以て◦萬物をさくなされし如く◦面々其身を巢立んが爲に次第たゞしく定め給へば◦御作者のおきてを背きてそれぞれの次第なきにをひては◦ともに無事を失ふべき者也。でうす の定め給ふ掟にもれて◦いかでか無事を得んと思ふぞ。でうす にしたがひ奉るを以て◦萬事案堵の思ひをなし◦又御法度にたがふ時は◦ことくつがへりてらつ正しからざるが故に◦眞の無事を失ふ者也。是すなはち惡のあんじよと人の元祖の上に見へたり。わたくしの望みを本とし◦でうす を背き奉り◦御法度にしたがはざりしあんじよは◦天上の位をひるがへしていみじき無事を失ふ者也。人も又◦天の御掟を背かざる以前◦善の位に住して其身を無事にたもつといへども◦御掟を背きて後は◦忽ち心亂れ騷ぎて色身ともに戰ふ者也と。是皆*さん◦げれごうりよ注し玉ふ也。*さん◦とますも又◦是にひとしき道理を注し給ふ者也。しからば でうす の御憲法を以て◦現在より惡人に與へ給ふわざはひの一ツといふは◦右にあらはす心中のげん是也。*さんと◦あんほろじよののたまはく◦こんしゑんしやのきずに勝りて何事か苦しき事あらんや。たゞし此苦しみに替るにをひては◦或は失墜◦或は火事◦或は病◦又は如何なる痛みをもても厭ふべき事に非ずやと。*さん◦じどろのいはく◦あしきこんしゑんしやに勝りて苦しき事なし。故に汝常に悲しみを遁れんと思はゞ◦行跡を正しくせよとのたまふ也。又此道理眞實なる證據として◦ひいですの光をうけざるぜんちよの學者までも◦惡人の上にさだまりたる苦慮ありといふ事を知るが故に*せねかのいはく◦人目を凌ぎ惡名を厭ふ事は何事ぞ。只汝がこんしゑんしやよきにをひては◦世界をも證據とせよ◦悪しきこんしゑんしやあるにをひては◦ひとりなりとも心騷ぎくるしむべし。汝善事を爲すにをひては◦たとひ人は知らずといふとも◦汝はそれを知るが故に◦隱すに益なし。あゝかほど明白なる證據をべつじよにする汝は◦さてもびんなる者哉。其故はことわざいはく◦自己のこんしゑんしやは他の千人の證據に同じと。又いはく◦第一罪の報ひといふすなはち罪を犯す事也。汝が罪のおそろしき證人といふは◦すなはち汝が身よりほかになし。他人をば皆逃る事叶ふべし。我身よりはのがる事更に叶ふべからず。其罪すなはち身の苦しみとなれば也と。又*つうりよの曰く◦善惡に付てこんしゑんしやは大强の者なるが故に◦犯さゞれば恐れなし◦犯せば恐れのたゆる事なしと。是常に惡人の凌ぐ苦しみの一ツ也。現世よりはじめて未來までうけ續くげん是なりと。いざいやすといふきやうに◦えうがうたい死する事なきむしといふは◦惡人のこんしゑんしや◦かみつき苦しむるとあるも是也


§一 善人の樂みとなるよきこんしゑんしやの悅びの事

然るに善人達は◦右にあらはすあしきこんしゑんしやの苦しみを遁れ給ひ◦すなはちすぴりつ◦さんとかのあにまにうへおき給ふ德本の善のあじはひ試み給ふ者也。たとへば◦ぱらいぞ◦てれあるに定めおき給ふ花園は◦すぴりつ◦さんとの御もてあそびなさるゝ御園に等き也。是に付て*さんと◦あぐすちいによ◦ぜねじすといふきやうの注にのたまはく◦善人のよきこんしゑんしやの悅びはそれすなはちぱらいぞなりと。こゝを以て◦諸善備り給ふ善人達を指てゑけれじやとよび給ひ◦同じくがらさといさぎよき心の悅びみちみち給ふゑけれじやを指て◦ぱらいぞとよび給ふ事◦其道理ある儀也。又いはく◦來世にて眞の甘味を尋る汝◦すなはち其を約束し給ふおんあるじおきてを保つにをひては◦現在にて何たる辛苦艱難のうちにありとも◦其甘味を見付べしと思へ。惡より生ずる子に勝りて◦善のの味ひある事をば◦時節をずして試み知るべし。又惡きこんしゑんしやを以て身の樂みを極むるよりも◦よきこんしゑんしやを以て辛勞を凌ぐは◦猶眞の甘味となる悅びのほどを◦試み知るべしと宣ふ也。故によきこんしゑんしやの悅び◦いかばかり深きぞといふ事をわきまへよ。たとへば蜜は生得甘きものなるが故に◦苦き物をも甘くなすごとく◦よきこんしゑんしやの悅びは◦現在の辛苦を甘くして悅びとへんずる者也。又惡は生得無道にして不淨なる物なれば◦惡人の苦しみとなるごとく◦善の美しく淸きを以ては◦善人の悅びとなる者也。是をさしてさるも百十八に Im via testimoniorum tuorum delectatus sum, sicut in omnibus divitijs. Psal. 118 おんあるじの御掟は◦眞實まさに廉直也。金玉よりもあたひ高く蜜よりもなほ甘しと。是おきてを保つをもてよろこびをと知らせ給はんが爲に◦如何に御主◦おきての道は世界にあるほどの實にひとしく◦われよろこぶとのたまふ也。*ぱろへたの御子さらもんも是を述べ給ひて Gaudium jusuto est facere judicium. Prov. 21 善事を爲す事は◦すなはち善人の悅び也と。されば此悅びの由來多しといへども◦分て善の美しくうづたかきよりをこる物なれば◦更に凡慮の及ばざる儀也。是を指て*さんと◦あんぼろじよ◦今生にて善人の果報はよきこんしゑんしやにきはまるなりと宣へり。是則◦我等は一命を無事に榮ふるほど◦善の美しさと光をもつ者也

さればぜんちよの學者さへ◦あしきこんしゑんしやに苦しみある事をわきまへ◦よきこんしゑんしやには悅びありといふ事を知るが故に◦つうりよのいはく◦よく生涯の隙を貴き勤めに使ふ人は大なる悅を得る也。それを行ひすますにをひては◦辛勞の重荷を覺へず◦かへつて輕くなすといへり。*せねかのいはく◦知者は常に悅ぶ者也。是よきこんしゑんしやの水上よりいづる也と。右ぜんちよの學匠は◦後生の德を樂まずといへども◦よきこんしゑんしやの悅びある事をば大に讃めあげけるに◦況や◦現當二世ともに大なる吉事と御返報を定めおき給ふ◦天の快樂をわきまへ奉るきりしたん◦いかでか是を益々樂まざらんや。又こゝに勘辨すべき事あり。たとひよきこんしゑんしやのしようこありといふ共◦貴き恐れをかねずんば有べからず。此貴き恐れあるを以て◦しやうろなる賴母しきを得るが故に◦弱き心をつよらして◦信力も堅固になる者也。此恐れなきあにまは◦眞の道を失ひ◦僞りたる無事高慢のもとゐとなる也。故に◦善人達の樂み給ふよきこんしゑんしやのしようこといふは◦善よりいづる德儀の內の一ツなりと勘辨せよ。是をさして*さん◦ぱうろ Nam gloria nostra haec est, testimonium conscientiae nostrae. 2. Corint. 1 我等が樂しみといふは◦よきこんしゑんしやのしようこなりと宣へり。此心は正直にしていさぎよく◦わが智惠を本とせず。かうせきを正しくするにありと宣ふ儀也

しかるに此內心の悅びの大なる事は◦昔今の善人達の上に多く見へたり。如何程の難儀◦如何程の辛勞をか凌ぎ給ひ◦苦痛逼迫のうちに在ませども◦其善心に立歸り給へば◦明らかなるこんしゑんしやの無事を見付◦忽ち悅びを懷き給ひ◦信力堅固の心をおこし給ふ者也。其故は只此一儀あるにをひては◦余は皆さもあらばあれ◦世界の損得ともに益なしとわきまへ給ふ故也。右こんしゑんしやのしようこ明かなる事は◦現在にをひて知る事難しといへども◦曙日に先立て輝く時は四方朗になる如く◦こんしゑんしやのあきらかなる光を以てあにまをてらし◦現在より其悅びを生ずる者也。*さん◦きりぞすとも是をのべ給ひて◦よきこんしゑんしやは何たる悲み來るといふとも◦深き淵におつるほのこの如く◦やがてきゆると宣ふ也


脚注[編集]

巻末附録「第三 欧語抄」より

○あぐすちによ〔さんと〕 Agostinho 人名
○あにま Anima 「たましひ」 霊魂
○あんじよ Anjo 「天人」 天神
○あんぼろじよ Ambrosio, S. 人名
○いざいやす Isaias 人名
○ゑけれじや Ecclesia 教会
○ゑけれじやすちこ Eclesiástico 集会書
○ゑぴてと Epitetto, Epictetus 人名
○おんたあで Vontade 「憎み愛するに傾く(あにまの)精」
○がらさ graça 聖寵
○きりしたん Christão 基督教人
○きりぞうすとも〔さん〕 Chrysostomo, S. 人名
○げれごうりよ ぱつぱ〔さん〕 Gregorio Papa S.
○こんしゑんしや Consciência 良心
○さらもん Salomon 人名
○さるも Salmo 聖詩
○じどろ〔さん〕 Jsidoro, S. 人名
○じよぶ Job, S. 人名
○じゆいぞ Juizo 「御糺明」審判
○すぴりつさんち、すぴりつさんと Spiritus Sanctus, Espiritu Santo, Espirito Santo 聖神
○せねか Seneca 人名
○ぜねじす Genesis 創世記
○ぜんちよ Gentio 異教徒
○つうりよ Cicero つうりよ
○とます Thomas, S. 人名
○ぱうろ Paolo, S. 
○ぱらいぞ Paraiso 天国
○ぱらいぞ てれある Paraiso Terral 「でうすあだんをおき給ひし悦び充満のところ」 地上楽園
○ぽろへた〔ぽろへいた〕 Propheta 豫言者
○ひいです Fides 「でうすの御教をまことに信じ奉る善」
○ぽろへるびよ Proverbio 箴言

巻末附録「第四 聖書引用文句索引」より

155頁 11行以下 百 15章以下
156頁 3行以下 百 15章22節
157頁 1行以下 箴 28章1節
157頁 12行以下 百 9章4節
160頁 9行以下 賽 66章24節
162頁 9行以下 詩18章10,11節(19章9,10節)。拉丁文は次に入るべきなり
162頁 12行以下 詩118章14節(119章14節)
163頁 1行以下 箴21章15節
164頁 9行以下 哥後1章12節

出典[編集]

吉利支丹文学抄 国立国会図書館 デジタルコレクション
この文書は翻訳文であり、原文から独立した著作物としての地位を有します。翻訳文のためのライセンスは、この版のみに適用されます。
原文:

この作品は1927年1月1日より前に発行され、かつ著作者の没後(団体著作物にあっては公表後又は創作後)100年以上経過しているため、全ての国や地域でパブリックドメインの状態にあります。

 
翻訳文:

この作品は1927年1月1日より前に発行され、かつ著作者の没後(団体著作物にあっては公表後又は創作後)100年以上経過しているため、全ての国や地域でパブリックドメインの状態にあります。