公教要理教案.3/09-08

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikisource:宗教 > カテキズム

[82]

(八)けうくわうあやまないこと[編集]

     よび

こうけうくわいてんしゅさまをしへつたへるときあやまますか?…なぜあやまないのですか?…イエズス・キリストさまなんとおやくそくになりましたか?…せいれいがおみちびくださいますか?…

[もくてきしし]、けふけうくわうをしへついあやまないことをおはないたします。

     ていし

ぜんせかいしけうたちけうくわういっちたもち、てんしゅさまをしへつたへるときは、あやまないのですね。しかぜんせかいしけうしじうあつまってこうぎぐわいひらいてわけにはきますまい。らばとてかくけうくちりゞゝになってるのに、まいどしょめんでんぽうもっいけんもとめることもできますまい。んなにいうちゃうなことをしてては、とてきふひやしません。うしたらいでせうか。

ぜんけうくわいかしらたるけうくわうあやまることができなければそれいのです。

〇だからイエズス・キリストさませいペトロをけうくわいいしづゑて、『なんぢペトロである、われこのいはほうへわがけうくわいてませう。くてぢごくもんこれつことができますまい』(マ テ オ一六ノ一八)とおっしゃったのです。けうくわいしんかううへわってる。しそのいしずゑたるせいペトロが、しんかうついあやまるとすれば、そのけうくわいすなうへったいへです。たふれずにりますでせうか。

っとたふれてしまひます。

たふれたら、ぢごくもんかされたのでせう。イエズス・キリストさまおやくそくどうなります

[84]

か。

ほごになってしまひます。

んなことがるべきはずではありますまい。つぎにイエズス・キリストさまは、ごしきょぜんばんせいペトロにむかひ、『シモン、シモン、なさい、サタンがむぎごとくにふるひけようと、なんぢらもとめました。しかわたくしなんぢためなんぢしんかうえないやういのりました。なんぢいつたちかへって、なんぢきゃうだいかためなさい』(ル カ二二ノ三一)とおほせられました。せいペトロがつみをかさないやういのられたのではない。たゞしんかうえないやういのられた。よしつみをかやうなことがあっても、いちどたちかへって、きゃうだいたるしけうや、しんじゃたちかためよ、とおっしゃったのである。せいペトロじしんしんかうえたり、あやまったりするならば、んなにしんかうかため、これみちびくことができますでせうか。

とてできません。

つひにイエズス・キリストさまごふくかつごせいペトロにあらはれて、『なんぢわがこひつじぼくせよ、わがひつじぼくせよ』とめいじなさいました。まんいちせいペトロがあやまることできるとするならば、しんじゃあやまりまぐさませるわけになる。それではキリストさまこひつじひつじぼくするとまをされませうか。

[85]

〇そしてせいペトロはいつまでいつまでいきながらへることできやしませんでせう。しかけうくわいをはりまでもつゞかなければならぬ。だからせいペトロにあたへられたとくてんが、たゞせいペトロいちだいとゞまってそのあとつぎたるけうくわうにもつたはらないならばでうなりますでせう?

それこそなににもなりません。

〇だからけうくわうせいペトロとおなじく、をしへついあやまないとくてんいたゞいてなければならぬ。しかおもちがひをしてはけません。けうくわういつでも、なにごとついてもあやまないとわけのものではない。けうくわうあやまあたはぬのは、

一、けうくわうしかくもっをしへるときです。すなはいっこがくしゃとしてゞはなく、せいペトロのさうぞくしゃぜんけうくわいかしらしんじゃそうぼくしゃ、としかくもっをしへときかぎります。

二、しんかうだうとくもんだいついをしへるときたとへばせいぼマリアはげんざいけがれなくやどされたまうた、としんかうもんだい、キリストしんじゃたるものはぜったいりこんすることできないとか、なにがしたしかせいじんである、これそんけいし、そのおとりつぎたのんでもい、とやうだうとくじゃうもんだいついをしへるときです。

三、いっこじんいっかしょためではなく、ぜんけうくわいしんじゃひとしくしんじたり、まもったりすべきことつい

[86]

す。

四、しかをしへさだめるときかならしんぜねばならぬ、まもらねばならぬ、とていぎくだし、さいごとりきめをなすときかぎるのです。……わかりましたか。けうくわうんなばあひあやまないとふのですか。

けうくわうけうくわうとして、しんかうだうとくじゃうもんだいにつき、ぜんけうくわいまもるべきをしへとりきめるときかぎって、あやまないのです。

〇よろしい。かゝばあひかぎって、けうくわうはイエズス・キリストさまおやくそくと、せいれいおみちびきとによってあやまないのですね。すればけうくわういっこしんがくしゃとして、なにかのもんだいろんずるときあるひせいぢや、くわがくや、れきしなどくわんするほんあらはときもしくばいっこじんなり、いっかしょなりになにかをめいじたり、まもらしたりするときあやまりいとまをされませうか。

んなときあやまることもできます。

すればけうくわうあやまあたはぬのは、がくもんひろくて、けんきうふかわたってるから、おほくのがくしゃこもんとして、そのいけんもとめてるから、とふのでせうか。

いゝえけうくわうあやまあたはぬのは、イエズス・キリストさまおんやくそくと、せいれいおみちびきとによるので

[87]

あります。

ほこのことせんはっぴゃくしちじふねんワチカンのこうぎくわいおいけっていせられ、しんかうかでうひとつくはへられました。しかそれまでひとまったらなかったあたらしいをしへだ、とおもってはなりません。せいくわいはじめからひとしんじてたのです。しんかうじゃうついなにむつかしいもんだいおこって、ちほうしけうこれかいけつないばあいには、かならずローマにもちだして、けうくわうさいけつあふぐのでした。そしてひとたびけうくわうさいけつくだしてからは、たれしもくびれてこれふくじうしたものであります。せいアウグスチノのごときは、『ローマがくちいた。じけんしうけつした』とさへさけんでられます。

△するとけうくわうあやまないのは、つみをかさないといみぢゃないんですね。

うしてどうして、んないみぢゃけっしてありません。なさい、せいペトロでさへつみをかしました。けうくわうだってつみをかさぬにもかぎりません。まへまをしましたばあひかぎって、あやまない、まちがったことををしない、とまでぎないのです。

けうくわうをしへきてあやまるか。

けうくわうけうくわうしかくもって、しんかうだうとくもんだいき、ぜんけうくわいまもるべき

[88]

をしへさだむるときあやまざるなり。

     せいり

ひとてんごくみちびくには、ぜんせかいしけうあやまないだけでりますか△りません。

なぜたりませんか△ぜんせかいしけうしじうひとつにあつまって、ぎくわいひらわけにはきません。

しょめんでんぽういけんもとめたらいぢゃありませんか△そんないうちゃうなことをしてては、きふひません。

しからばどうすればいのですか△ぜんけうくわいかしらたるけうくわうが、あやまることできないとくてんってれば、それいのです。

〇だからイエズス・キリストさまうしてくださいましたか△せいペトロにそんなとくてんをおあたへになりました。

いつ?△せいペトロをけうくわいいしずゑとおてになったときです。

〇そのときなんおっしゃいましたか△『なんぢいはほである、わたくしはこのいはほうへわがけうくわいてませう。ぢごくもんこれつことができますまい』とおっしゃいました。

いはほうへけうくわいてるとはなんいみですか△ペトロがいはほごとくなって、いつまでもけうくわい

[89]

へてくといみです。

しやせいペトロがをしへついあやまりましたら?△そのときけっしていはほぢゃありません。じごくもんかされたのです。

〇キリストさまおやくそくは?△ほごになってしまひます。

〇キリストさまごしきょぜんばんにもなんとかおっしゃらぬでしたか△せいペトロのしんかうえないやういのった、とおっしゃいました。

〇そんなにいのっていたゞいたせいペトロは、なにねばならぬでしたか△たとへつみをかしても、いちどたちかへって、きゃうだいかためねばならぬのでした。

しかせいペトロじしんしんかうえたり、あやまったりしたらどうでせう?△とてしんかうかためてやることできやしません。

ごふくくわつごにもなんとかおっしゃらぬでしたか△『なんぢわがこひつじぼくせよ、わがひつじぼくせよ』とめいじなさいました。

せいペトロがをしへついあやまるとしたらどうでせう?△それこそひつじぼくするのではなく、これがいするのです。

[90]

せいペトロがそのけうくわいいしずゑとなり、きゃうだいかため、こひつじひつじぼくするのは、そのいちだいかぎるのでしたか△いえをはりまでもおよばねばなりません。

〇だってせいペトロがんなにながいきながらへることできますか△あとつぎたるけうくわうによって、そのしめいつゞけてけるのです。

〇するとけうくわうをしへついあやまないのですか△ハイ、せいペトロとおなじくあやまないのです。

んなばあひにでもですか△いえけうくわうけうくわうしかくもって、すなはせいペトロのあとつぎけうくわいかしらしんじゃそうぼくしゃとしてをしへばあひかぎるのです。

んなもんだいついてもですか△ちがひます。たゞしんかうだうとくもんだいついてのみです。

しんかうもんだいとは?△たとへばせいぼマリアがげんざいけがれなくやどされたまうたかどうか、とやうもんだいです。

だうとくもんだいとは?△キリストしんじゃたるものは、ぜったいりこんすることできないとか、なにがしたしかせいじんである、これそんけいし、そのとりつぎたのんでもいとかやうもんだいです。

いっこじんいちにかしょなにかのさしづあたへるときもですか△いえぜんけうくわいしんじゃひとしくしんじたりまもったりすべきことさしづするときです。

[91]

〇そんなにしんずべくまもるべきをしへどうするときあやまないとふのですか△そのをしへさだめるときすなはていぎくだし、さいごとりきめをなすときあやまないのです。

〇するとけうくわういっこしんがくしゃとして、なにかのもんだいろんずるときどうでせう△あやまらぬにもかぎりません。

せいぢや、くわがくや、れきしやにくわんするほんあらはときは?△あやまらぬにもかぎりません

いっこじんなり、いっかしょなりになにかをすゝめたりめいじたりするときは?△あやまらぬにもかぎりません。

〇さすればけうくわうあやまないのはがくしゃだからとわけではないのですね△けうくわうあやまないのは、イエズス・キリストさまおやくそくせいれいおみちびきとによるのです。がくもんしにはくわんけいしません。

けうくわうあやまないとふことは、せんはっぴゃくしちじふねんきまったのぢゃありませんか△ハイ、そのときしんかうかでううちくはへられました。

それまでのひとは、けうくわうあやまるとおもってたのですか△さうぢゃありません。せいくわいはじめからけうくわうをしへついあやまないものとしんじてました。

〇そのしょうこがありますか△しんかうじゃうついなにめんだうもんだいおこったときは、かならけうくわうさいけつあふ

[92]

だものでありました。

それついせいアウグスチノはなんおっしゃいましたか△『ローマがくちいた。じけんしゅうけつした』とおっしゃいました。

〇するとけうくわうあやまないのは、つみをかないといみぢゃないんですね△けっしてそんないみぢゃありません。せいペトロでさへつみをかしたおぼえがあります。

[]

フェネロンとへば、ふつこくでもいうめいだいしけうでしたが、『せいじんたちかくげんちうかい』とだいするほんあらはしました。いてところあやまりがあったので、けうくわうインノセントじふにせいこれしょぶんしました。だいしけうさっそくせっけうだんって、むでうけんに、ぜったいてきに、なんらせいげんかげすらなく、けうくわうしょぶんふくじうすべきむねおほやけにし、くわいじゃうしたゝめて、あまねけうくないしんじゃこれつうちしました。しんじゃだいしけうけんそんかんしんし、いづれもなみだとゞなかったくらゐでした。しかしフェネロンはそれにもまんぞくしませんでした。そのくわんしだいは、にゐてんしこれさいうからさゝげ、あししたにはおほくのいたんしょけてるのでしたが、そのいたんしょうちには『せいじんたちちうかい』のきざんだものがひと

[93]

ありました。