公教要理教案.3/09-03

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikisource:宗教 > カテキズム

[32]

(三)こうけうくわいかしら[編集]

    よび

 こうけうくわいッてんなものですか……たれてましたか……なんために?……イエズス・キリストさまこうけうくわいをおたてになったと云ふしょうこがありますか……

[もくてきしし]、けふこうけうくわいかしらついておはないたします。

    ていし

〇すべてんなだんたいでも、これしはいしてかしらなければならぬ。さうでせう。いっかにはしゅじんります。いっけんにはけんちじります。いっこくにはていわうなり、だいとうりゃうなりがります。いまこうけうくわいへばぜんせかいまたがり、さんおくまんいじゃうしんじゃいうするおほきなゝゝだんたいです。これをしへて、しはいしてかしらなければ、ぶじをさまりますでせうか。

かしらなければ、とてぶじをさまりません。

しからばこうけうくわいかしらどなたでせう?

△イエズス・キリストさまです。

[33]

よろしい、イエズス・キリストさまのおてになったこうけうくわいですから、そのかしらかならずイエズス・キリストさまであらねばならぬ。せいパウロもまをしましたとほり、イエズス・キリストさまあたまで、しんじゃはそのえだえだあたましはいされるがあたりまへですね。しかこんにちではてんにおのぼりになりました。もうひとめにはおえになりません。でもけうくわいいうけいにんげんからってる。ぜひともえるいうけいかしらなければなりませんが、イエズス・キリストさまんなかしらをおたてになりましたでせうか。

△ハイ、せいペトロをじふにしとうちからえらんで、之をぜんきょうかいかしらとおてになりました。

〇さう、まへにもまをしましたとほり。イエズス・キリストさまあるひせいペトロにむかひ『なんぢはペトロ(いはほ)である、わたくしはこのいはほうへわがけうくわいてませう。またわたくしなんぢてんごくかぎさづけませう。すべてなんぢうへにてつなところてんおいてもつながれ、またすべてなんぢの上にてところは、てんに於いてもかれませうぞ』(マ テ オ一六ノ一八)とおほせになりました。『けうくわいてるいはほ』とはなんいみでせうか。

△そのけうくわいいしずゑすなはかしらいみです。

〇『てんごくかぎさづける』とは?

[34]

てんごくすなはけうくわいじいうしはいしてたいけんこれあづけるのいみです。

〇それからごふくくわつのち、イエズス・キリストさませいペトロに『なんぢわがこひつじぼくせよ、なんぢわがひつじぼくせよ』(ヨ ハ ネ二一ノ一五)とおっしゃいました。こひつじいっぱんしんじゃし、おやひつじはそのしんじゃおやたるしけうしさいいみするのです。さすればいっぱんしんじゃもちろんしけうしさいまでもつかさどってくだけのけんりょくさづかったせいペトロはんなものでせうか。

たしかぜんけうくわいかしらです。

じっさいせいペトロはイエズス・キリストさまごぞんめいちゅうから、しとうへぬきんでました。ふくいんしょしとたちかゝげるときは、いつでもせいペトロをだいいちかぞげてあります。せんせいをしへなにさとにくてんがあるときは、いつでもせいペトロがみんなかはって、そのせつめいもとめてります。おんあるじさまごふくかつごせいペトロにあらはれ、しかのちしとたちにおあらはれになりました。ごしょうてんのち、ユダのあとつぎえらむとだんになって、まっさきにいけんべたのはせいペトロでした。せいれいかうりんあたって、だいいちくちひらいてふくいんひろめたのもせいペトロでした。はじめてきせきおこなったのもせいペトロ、はじめていはうじんでんだういとぐちひらいたのもせいペトロでした。エルザレムでくわいぎがありましたときせいペトロがってそのいけんのべるや、みんなこれ

[35]

さんせいして、いちにんはんたいするものはありませんでした。これらじじつからもっすと、なにあきらかになりますか。

せいペトロはぜんけうくわいかしらで、はじめからみんなみとめられてたことがあきらかになります。

せいペトロがぜんけうくわいかしらえらまれたことはわかりましたね。しかこうけうくわいをはりまでもつゞかねばならぬものでせう。それにもしせいペトロのたくされたけんりょくが、せいペトロいちだいとゞまって、そのあとつぎつたはらないとするならば、どうなりますか。

こうけうくわいいしずゑくなります。

てんごくかぎあづかったものなくなると、たれがそのもんけてれませうか。

たれけてれるものやうになります。

こひつじおやひつじも?

ぼくしゃうしなひます、ちりゞゝバラゞゝになるよりほかはありません。

それではイエズス・キリストさまが、せっかくおんちをしためつくしてまで、おたてになったけうくわいも、どんうんめいおちらねばなりませんでせうか。

たうていそのいのちつゞけてくことができなくなります。

[36]

さんねんあひだもイエズス・キリストさまついとくべつけういくけ、そのみをしへあやまりなくつたへるだけのとくてんさへいたゞいてしとたちにでも、これみちびき、しはいしてためかしらひつえうでありました。してそののちになり、しんじゃかずえてる、けうくわいはいよゝゝとほひろはってんする、そのぼくしゃたるしけうたちは、みをしへあやまりなくつたへるだけのとくてんめいゝゝそなへてないのですから、ぜひともこれみちびき、これしはいしてかしらなければならぬはずぢゃありませんか。さうでせう。してそのかしらたれ?

△ローマのけうくわうさま

なぜ、ローマのけうくわうさままをしますか。

△イタリーこくのローマにましますからです。

う、せいペトロはローマへき、そこけうざをおさだめになりました。けうくわうさまはそのあとつぎですから、ローマけうくわうまをすのですね。いっぱんにパパ(ちゝ)とか、せいふとかんでます。へいぜいはくしょくふくをおしになります。こゝろゆきごとまっきれいであらねばならぬことをしめすのです。たゞいまけうくわうさまおなは?

△ピオじふいっせい

[37]

せいペトロからなんだいめですか……りませんか。にひゃくろくじふろくだいめです。(このうちにはせんきょされてもなくくなられたおかたもあるので、ふつうろくじふいちだいとなってる)けうくわうさまになれば、おなへるならはしがあります。ピオじふいっせいまをしますのは、ピオとおなったけうくわうさまうちに、じふいちにんめいみです。わかりましたね……

〇イエズス・キリストのさだたまひたるかしらたれなるか。

△イエズス・キリストがじふにしとうちよりえらたまひたるペトロおよびそのさうぞくしゃは、ぜんけうくわいかしらなり。

〇ペトロのさうぞくしゃたれなるか。

△ローマのけうくわうなり。

     せいり

んなだんたいでも、ぶじをさまるにはなにひつえうですか△これしはいしてかしらひつえうです。

〇するとこうけうくわいにもかしらますか△ハイ、イエズス・キリストさまこうけうくわいかしらです。

〇だってイエズス・キリストさまひとめにおえになりますか△おえになりませんから、べつ

[38]

いうけいかしらなければなりません。

〇そのかしらたれですか△イエズス・キリストさまじふにしとうちからおえらみになったせいペトロです。

◯イエズス・キリストさませいペトロをおえらみになるときなんおっしゃいましたか△せいペトロをけうくわいいしずゑて、てんごくあけたてするかぎさづける、とおっしゃいました。

いしずゑてるとはなんいみですか△かしらになすといみです。

てんごくかぎさづけるとは?△けうくわいじいうしはいしてたいけんさづけるのいみです。てんごくとはけうくわいのことであります。

ごふくくわつごにも、イエズス・キリストさませいペトロになんとかおっしゃらぬでしたか△ハイ、せいペトロにこひつじおやひつじぼくせよ、とおっしゃいました。

こひつじとはなにしますか△いっぱんしんじゃします。

おやひつじとは?△そのしんじゃおやたるしけうしさいあたります。

せいペトロはけうくわいかしららしくはたらきましたか△ハイ、イエズス・キリストさまごぞんめいちゅうから、しじゅうしとたちきにってなにごともやってります。

ごしょうてんごにはどうでした?△ごしょうてんごにも、みんなきにってくわつどうしたのは、せいペトロ

[39]

で、しとたちこれしたがってくのみでありました。

どうしてうなったのでせう?△はじめからぜんけうくわいかしらみとめられてらっしゃったからです。

せいペトロのたくされなかったけんりょくは、たゞせいペトロいちだいとゞまったのでせうか△いなうでしたらけうくわいくづれてしまひます。

なぜ?△いしずゑくなり、てんごくもんあけたてするものなくなるからです。

こひつじおやひつじどうなりますか△ぼくしゃうしなって、ちりゞゝになってしまひます。

しからばせいペトロのあとつぎどなたでせう△ローマのけうくわうさまです。

なぜ、ローマのけうくわうさませいペトロのあとつぎですか△せいペトロはローマへき、そこけうざをおさだめになったからです。

けうくわうさまのことをいっぱんなんまをしますか△パパとか、せいふとかまをします。パパもやはりちちいみです。

つねんなふくをおめしになりますか△しろふくをおめしになります。こころゆきやうであらねばならぬことをしめすのです。

いまけうくわうさまなんまをしますか△ピオじふいっせいまをします。せいペトロからにひゃくろくじゅうろくだいめです。

わたしたちけうくわうさまためなにをせねばなりませんか△けうくわうさまふかたっとうやまひ、これためてんしゅさましゅくふくいのらねばなりません。

[じつれい]

 せいペトロはきげんしじふねんころ、エルザレムをり、きたかたシリアのみやこアンチオキアへゆきここけうざえました。それからかくちじゅんくわいしてをしへき、つひていこくみやこローマにのりこんで、ふくいんのべつたへしました。のちクロヂウスていがユデアじんのこらずおっぱらったときせいペトロもいちおうローマをおたちのきになりましたが、きげんろくじふさんねんごろふたゝびローマへかへり、ろくじふしちねん、ネロていはくがいとらへられ、さかばりつけかゝってじゅんけうなさいました。そのじゅんけうはワチカンとをかうへで、ゐがいいまなほそのワチカンのせいペトロだいせいだううちはうむってあります。