作者:北条民雄

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
作者索引: ほ 北条 民雄
(1914年9月22日 - 1937年12月5日)
北条 民雄(ほうじょう たみお)は小説家。ハンセン病となり隔離生活を余儀なくされながら、自身の体験に基づく名作『いのちの初夜』などを遺した。本名:七條 晃司(しちじょう・てるじ)。— ウィキペディア日本語版北条民雄」より。
北条 民雄

作品一覧[編集]

小説[編集]

小品・童話[編集]

随筆[編集]

未完成作品[編集]

作品構想の覚え書[編集]



外部リンク[編集]

この著作者の全部又は一部の著作物は、1937年に著作者が亡くなっているため、ウルグアイ・ラウンド協定法の期日(回復期日を参照)の時点で著作権の保護期間が著作者の没後50年以下である国や地域でパブリックドメインの状態にあります。


この著作者の著作物はアメリカ合衆国外で最初に発行され(かつ、その後30日以内にアメリカ合衆国で発行されておらず)、かつ、1978年より前にアメリカ合衆国の著作権の方式に従わずに発行されたか1978年より後に著作権表示なしに発行され、かつウルグアイ・ラウンド協定法の期日(日本国を含むほとんどの国では1996年1月1日)に本国でパブリックドメインになっていたため、アメリカ合衆国においてパブリックドメインの状態にあります。