シリヤの聖エフレム教訓/第8講話

提供:Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
wikisource:宗教 > シリヤの聖エフレム教訓

第8講話[編集]

<< たいまんなるたましいにつぐ。 >>


たましいや、おとろふるなかれ、かなしむなかれ、つみのおびただしきによりてじこうえけっていさいばんをのぶるなかれ、じこをみちびくなかれ、『しゅわれをそのかんばせよりいなめり』といふなかれ、ことばかみにかなはざるなり、いかにとなればかれみづかなんぢをよびてごとくくいへばなり、いはく『たみわれなになんぢになししや、なにおいなんぢつからしたるか、われにむかひてあかせよ』〔ミヘイ六の三〕。たふれしものおきるあたはざらんや、はたそむはなれしものひきかえすことあたはざらんや。たましいや、しゅのいつくしみのいかなるをきくか。なんぢつみせられしものごとく、くんしょうにわたさるるなかれ。なんぢざいのとぼしきをうれふるなかれ。かいしんするをづるなかれ、いっぽすすみて『ちてちちかん』〔ルカ十五の十八〕といふべし。かれなんぢをうけてめじ、かへつてなんぢかいしんことによろこばん、かれなんぢつ、ただアダムごとづるなかれ、かみめんぜんよりかくるるなかれ。ハリストスなんぢためくぎせられたまへり、しからばあになんぢこばまんや。アアねがはくはこれあらざらん。かれわれらをしへたぐるものたれなるをり、またわれにはかれひとりのほかたすくるものなきをる、ハリストスひとこうなるをる。ゆえにそなへられしものごとたいまんおちいらざらん。ハリストスにはとうずるのようあらじ、われくるしみにつかはすはかれためところあるにあらざるなり。

さりながらなんぢくるしみのおもきをしらんとほつするか。ざいにんかみかんばせよりはるるときは、ぜんせかいもといもそのなきさけびへざらん。けだししるしていへるあり、『やみくらやみなり、くもうんむなり、らっぱさけびなり』〔ソホニヤ一の十五、十六〕。ここにしゅくんよりばつせられて、二年あるいは五年、あるいは十年のるざいはっけんせらるるひとあらんに、なんぢかれにいくばくのなみだあり、いかなるはぢと、いかなるなげきとありとおもふか。さりながらかれにはなほきげんおわりをまつのなぐさめあらん。ゆえざいにんにいかなるきげんさだめらるるをらんとほつするか。かれついほうを二十年あるいは五十年あるいは百年あるいは二百年とさだむるをるか、さりながらかぞとしをもさだめられざるところおいてはいかんぞときかぞふるをんや。アア、アア、きげんのぞみあらざるなり。けだし『ざいにんおどかみいかりはふべからざるなり』。なんぢざいにんをまつところのくるしみことをきく、ゆえおのれをかくのごときのかんなんいたらしむるなかれ、けだしいつおどしなんぢためふべきにあらざればなり。

おのれにおほくのつみゆうするか。かみによばはるをおそるるなかれ。すすめよ、みづからづるなかれ。くぎょうのためにばしょちかし、てよ、ぶったいおのれよりふりおとすべし、ほうとうならふべし、かれはすべてをつひやしつくしたるも、みづからはぢずしてちちにゆけり。れどもちちさいしょつひやしたるとみよりも、そのまよひしことをかなしめり。かくてめんもくにてすすみきたりしものはめんもくともり、はだかにてきたりしものびふくをきせてうけられ、みづかおのれやといにんとしたるものめいれいしゃくらいふくされぬ。せつわわれらにむかふなり。なんぢけなげなることがいかにせいこうしたるをきくか。さりながらちちぜんしんをもりょうかいするか。さらばたましいや、なんぢみづからおそるるなかれ、もんたたくべし。なにとぼしきところあるか。もんつべし、さらばとぼしきところのものをすべてうけん、かみしょにいふがごとし、いはく『ひたすらふがゆえちてかれにあたへん』〔ルカ十一の八〕。ひとびとかみなんぢしりぞけざるなり、さいしょにつひやしたるとみためなんぢめざるなり。けだしかみるところのものにおいてとぼしきことあらざればなり、すべてのひとねんごろきゅうしたまふことしとのいふがごとし、『むることなくおしむことなくしてすべてのひとにあたふるかみねがふべし』〔イアコフ一の五〕。なんぢみなとにあらんか。なみちゅうもくせよ、たいふうにわかおこつてなんぢうみのふかきにうばひらざらんがためなり、そのときなんぢがいたんしていはんとす、『れふかきぬまおぼれてつにところなし、れふかきみづにいりてそのはやせわれながす』〔聖詠六十八の三、四(詩編六十九の三、四)〕。けだしぢごくじつうみふちなり、しゅさいふがごとく、ぎじんざいにんとのあいだおほいなるふちさだめおかるるなり〔ルカ十六の二十六〕。ゆえおのれふちばっするなかれ。ほうとうならふべし、うえせしむるさとをすてよ、ぶたおなじこんなんせいかつむるをのがれよ、まめがらにてやしなはるるをやめよ、これだになんぢあたへられざらん。ゆえにすすみてせちねがへよ、さらばなんぢてんししょくなる「マンナ」をとぼしきなくくらはん。すすみてかみさかえよ、さらばなんぢかんばせらされん。すすめよ、かんみらくえんめよ。えいきゅうときんがためにさしょうとしもちひよ。せいかつながきにおもいわづらふなかれ。かれやすく、えやすし、アダムよりこんにちいたまですべてのときかげごとくにすぎれり。りてみちくのよういをせよ。おのれをわづらはすことなかれ。ふゆちかし、おくかにいそげよ、われらもハリストスおんちょうによりてそのしたはしりすすまん。アミン。