シリヤの聖エフレム教訓/第7講話

提供:Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
wikisource:宗教 > シリヤの聖エフレム教訓

第7講話[編集]

<< かいごおよひつう。 >>


われはまだときのあるあいだに、きとうおいかん。しゅわれおわていきゅうよりすくはんがためなり、またわれはがみよりもぢごくよりもすくひて、やまいかなしみとたんそくのいづくにかきえうせたるかぎせいかつおいわれよろこびをみたしめんがためなり、かしこにはもなく、ふはいもなく、かへつてよろこびとたのしみとゆかいとそのかみあいするものにかみがそなふる』ところこうふくいたるところにあらざるなけん。こうふくをうくるにふるものさいわいなり、いたりてさいわいなり、されどもこれをうばはれたるものふこうなり、びんぜんなり、いかんとなればしゅごとくいへばなり、いはく『ひともしぜんせかいるともおのいのちをうしなはばなんえきあらん』〔マルク八の三十六〕。ゆえねがはくはのむなしきいつはりのわれためあまきものとえざらんことを、えざるえいえんどくはっするうじとはわれのためにくるしきものとならざらんがためなり。らんだなるものや、なんぢおのれハリストスをうけてかれならへよ、なんぢともせいかつするものらをよ、かれおのすくいためにいかにたたかふてじんりょくするか。かれともしびはいかばかりせんめいなるか、かれくちふしなるかみをいかばかりつねにうたひほむるか。ほうしんせずしてくぎょうし、しゃしふけらずしてきんしょくし、しょうだんせずしてあいこくし、ぶとうせずしてきとうよこしまなるうたをうたはずしてれいふうたへ、ふえろうせずしてしょうどくをまなぶところものらにならふべし。みずかめりとなさずしてこころけんそんなるものらにきそふべし、ダワィドともしゅかんしゃせよ、いはく『しゅわれがいやしきときわれきねんせり』〔聖詠百三十五の二十三(詩編百三十六の二十三)〕。しゃしふけらずしてふこうにんたいするをあいせよ、らんいんせずしてかつかわものあらそはずしてへいわあいし、かつあはれみあるものきょうぼうならずしておんじゅうなるものらをあいせよ。あくげんするものともいっかうちるなかれ、いかんとなればあくげんするものかみくにがざればなり〔コリンフ前六の十〕。いたんしゃけっしてしたしむなかれ、かれともくらふなかれ、ともむなかれ、かれみちどうこうしゃとなるなかれ、かれいえにもまたしゅうかいにもるなかれ、いかんとなればかれはすべてなにおいてもきよからざること、パウェルのいふごとくなればなり、『けがれたるものふしんじゃにはいつとしてきよきなし、かれこころりょうしんともにけがされたり』〔ティト一の十五〕。ゆえしあいしゃよ、おのれたましいをまもれ、いたんしゃまじわりをむすぶなかれ、かれしゃかいくわはらざらんがためなり。しゅのいひしごとく、かれにも、またしたがつてかれともものにもこんせいにもらいせいにもつみのゆるしあるなし。けだしおのおのきしものをればなり。つつしめよ、もしくしば、いつじかんといへどもたれともふわこころをいだくなかれ、たれともけっしてふわこころをいだきつつぬるなかれ、おそらくはなんぢをかれこれあいぶんりせしめん、ゆるされざるていざいなんぢちざらんがためなり。くしときおおやけきとうするをやむるなかれ、されどもあたはざるときは、こころにていのれ。しゅじつつなかれ、とくべつばしょあるいはせいどうさがすなかれ、なんぢあるいはにあるか、みちくかひつじぼくするか、いえするか、いづこにありともきとうはいするなかれ。つつしんでふわこころをいだくなかれ、かみきんしゃにくものよりきとうをうけざらん。あおくさむすび、みらいうらなひ、きっきょうぼくし、まもりぶくろをつくり、またのつくりしものをおぶるをいましめよ、これまもりぶくろにあらずしてろうごくなり、よげんしゃイサイヤことをいひて、いはく『ふぎのおきてをさだめ、しへたげことばしるものわざわいなるかな』〔イサイヤ十の一〕。されどもなんぢしんじゃとしておのれにしんりゆうし、せいかつほどこすくいじゅうじかとそれにくぎせられたるしゅとをゆうしてこれくべし、かれおよしじょうしけつにしてせいかつほどこすのじゅうじかあいするものまもらん。かれこうえいよよす。「アミン」。