シリヤの聖エフレム教訓/第9講話

提供:Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
wikisource:宗教 > シリヤの聖エフレム教訓

第9講話[編集]

<< まつごしんぱんおもふ。 >>


われときことおもふてふるひをののけり、かのかなしきしんぱんことらくえんのたのしみのことおもふておどろおそれたり、われちからありしあいだたんそくしてけり、なにゆえなればわれらんほうしんけつなるおもひとにてしょじつおくりたればなり。あゝかなしいかなしりびとわれをめぐらんとするときわれはいかんしてはぢをのがれんや、かれけいけんうわふくするをわれさいわいなりとなしね、れどもわれないしんほうけつとをみちみてて、しんぷくこころみるかみわすれたり。じつかしこはぢあらん、かしこはぢをかうむるものびんぜんなり。

かみや、なんぢこうおんによりてせちなんぢねがふ、われをかのなんぢいからしめたるやぎともひだりつるなかれ、われにつげてなんぢ知らずといふなかれ。さりながらなんぢだいじんによりて、われれんれんとしてえざるなみだたんとをあたへたまへ、こころけんそんならしめて、これをきよめたまへ、なんぢおんちょうせいなるみやとならんがためなり、われつみありてあたらざるものなりといへども、えずなんぢもんたたかん、われはおこたりてなおざりなるものなりといへども、なんぢみちをゆかん。

ゆゑにまだときのあるあいだかみをよろこばすをつとめん、とうせいえいうたふとをもつて、にちかれまえかん、われおわかなしみはがみごくせざるうじとよりすくはんがためなり、われくにおいやまいかなしみもなげきもなく、えいせいて、よろこびをみたさんがためなり。