シリヤの聖エフレム教訓/第15講話

提供:Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
wikisource:宗教 > シリヤの聖エフレム教訓

第15講話[編集]

<< しっとそうしんとをもつべからず >>


しっとそうしんとにおちいらざるものさいわいなり、けだしそうしんしっととはたがいあいたるるなり。さればあくしゅうひとつあるものふたつながらともにこれあらん。ゆえあくしゅうにおちいらず、うちひとつにもきずつけられざらんものまことさいわいなり。けだしけいていせいきょうそうものまきともばつせられん。きょうそうするものたれたるものなり、かれにはうらみもあるべく、あだこころもあるべし、にんしんかれをくるしむるなり。さりながらしっとそうしんとなきものをばにんしんかなしませざらん。めいのあらはるるあらんもかれこころはみだされざるなり。たかのぼらんもかれはさわがざらん、いかんとなればしゅうじんとっけんして、しゅうじんおのれよりなおうえにすればなり、ひとおのれあたらざるものとおもひ、しゅうじんよりのちなるものおもふて、しゅうじんひいでたるものみとめ、しゅうじんおのれよりまされるものとなせばなり。しっとせざるものそんけいしいもとめず。よろこものともによろこび、めいあるじこうおのれにせず、しんするものたすけ、ぜんろによりてものたのしみてとうぜんせいかつするものしょうさんせんとす。もしけいていくそのことおこなふをるときは、かれにさまたげずして、かんくんもつかれをはげまさん。もしあんぜんとしてきゅうそくするをるときは、それをもつかれつみとなさず、かえつかれにたすけん。もしけいていあやまちあるをるときは、そしらずして、てきとうなるちゅうげんかれにあたへん。もしいかものるときは、かれこころをみださず、わへいすすめ、あいもつやすんぜしめん。もしかなしものるときは、かろんぜずして、かれともかなしみ、たましいえきあることばもつかれをなぐさめん。もしがくなるもの及びむちなるものるときは、かれおしへて、ゆうえきことむかはしめん。もしふちなるものるときは、にくまずして、かれになおきにいたるべきみちしめさん。もしせいえいうたときねむらんとするをるときは、つとめてかれまさん。これをりゃくげんすればしっとせざるもの及びそうしんをもたざるものは、いかなることおいてもきんしゃちょうろうせざるべく、かへつてしっとせざるものはそのとものすべてのしんとすべてかわらざるぎょうとをよろこばんとす。