シリヤの聖エフレム教訓/第14講話

提供:Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
wikisource:宗教 > シリヤの聖エフレム教訓

第14講話[編集]

<< じゅうじゅん >>


しんじつにしてきょしょくなきじゅうじゅんたるものさいわいなり、いかんとなればかくのごとひとは『いたまでしたがへる』〔フィリプ二の八〕われぜんなるならものなればなり。ゆえじゅうじゅんなるものじつさいわいなり、いかんとなればかれしゅならものにして、しゅあとつぎとなるべければなり。じゅうじゅんなるものしゅうじんあいにてあいす。じゅうじゅんなるものおほいなるかざいおほいなるとみとをん。じゅうじゅんなるものしゅうじんによろこばれ、しゅうじんしょうようせられ、しゅうじんさんせらるるなり。じゅうじゅんなるものはすみやかにのぼるべく、すみやかしんをあらはさん。じゅうじゅんなるものめいぜんにかれこうせざるべく、めいれいをあたへんにかれはこれをへんぜざるべく、けんせきをなさんにかれいからざるなり。かれはもろもろのぜんなるおこないむかつてようす。たんりょためにたやすくせいせられず。もしせめののしるをきかんもこころみだされざるべく、はづかしめためふんげきするにいたらざるべし、かなしみにおいてはよろこび、うれいおいてはかんしゃせん。かれかなたこなたてんじゅうせざるべく、いんよりいんにうつらざるべし。かんかいかれおどろかさざるべく、されたるところにとどまりて、うれいしづまざらん。ちちかろんぜず、けいていをそしらず、しゅうどういんにとどまりてはなれざらん。あんらくくをこのまざるべく、いちためとらわれとならざるべく、くうもつたのしみとせざるべし、せいしとふがごとされたるところにとどまらん〔コリンフ前七の二十〕。さらばじゅうじゅんけっかじつおほし、ゆえにこのとくたるものさいわいなり。