鎌倉丸の艶聞 (四)

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動

本文[編集]

信子のぶこはシヤートルにわづか一週間しゅうかん滯在たいざいせしのみにてをつと廣氏ひろしゝがさま心盡こゝろづくしをもうれしとおもはずただちに鎌倉丸かまくらまるにて歸國きこくのぼりしがそのかへときよろこびのいろちやくせしどき不快ふくわい樣子ようすとはうつかはりしさまなるもそれさへ廣氏ひろしゝにもけず日本にほんかへうれしさのあまりならんとおもひしが其實そのじつ信子のぶこ理由りいうありてなること當時たうじ同地どうち発刊はつかんの「日本人にほんじん」といへる日本人にほんじん執筆しつぴつ外字新聞ぐわいじしんぶんに「事務長じむちやう强姦がうかんす」といふ標題ひうだいもと信子のぶこ武井たけゐ事務長じむちやうとのならべてあやしき風説ふうせつかかげたるがところけむりたゝ道理どうり兩人ふたりあひだにはなにかの情實じやうじつありしはあきらかなり鎌倉丸かまくらまるがシヤートルを出帆しゆつぱんせしは九月下旬げじゆんにしてやが無事ぶじ神戸かうべちやくするやなにかにつけて親切しんせつ介抱いたはるは武井たけゐ事務長じむちやうにて信子のぶこ上陸じやうりくしても東京とうきやうかへらんとはせず神戸かうべ常盤家ときはや旅店りよてん宿やど武井たけゐともに一ぱく橫濵よこはまきたりても伊勢山いせやま新松楼しんまつろうとうじてこれも武井たけゐ宿やどともにしたるはいよい二人ふたりなかさつするにかたからず遥々はるをつと海外かいぐわいたづねんとしたりし信子のぶこはその途中とちうあるものせられてこゝろへんただちに其船そのふねにて歸國きこくしたるなりき信子のぶこ武井たけゐほどなく東京とうきやう京橋區きやうばしく數寄屋町すきやちやう對山舘たいざんくわん宿やどとしあたか夫婦ふうふごと擧動きよだうにて滯在たいざいせしが武井たけゐには其實そのじつ赤坂あかさか妻子さいしもありつま武井たけゐとめといひて某小學校ぼうせうがくかう女敎員ぢよけうゐんつとは十一になりてちゝかへると指折ゆびをかぞへてたのしるに武井たけゐ橫濵よこはまにて一つう書面しよめんいだ事務じむ多忙たぼうため當分たうぶん歸宅きたく出來できずとまをおく自分じぶんはかゝる宿屋やどや信子のぶこたのしみるをつまのとめはすこしもらずただ着船ちやくせんしても會社用くわいしやようため歸宅きたく出來できぬならんと正直しやうぢきしんじゐたるが數日すうじつをつともとより一行李かうりとどきたるをればなかにはよごれやる襯衣しやつ洋服類やうふくるゐりありしがこれ打振うちふるときその衣袋かくしよりばたりとちし二つう手紙てがみあるを何心なにごゝろなくひらきて讀下よみくだせばいとなまめかしき女文字をんなもじにて佐々木さゝき信子のぶこしるしあるにとめをさてはとうたがひのこゝろはじめておこりもしやをつと歸宅きたくせざるもかゝるもの出來できたるためかとつゝしみぶかをんなだけに嫉妬しつとといふほどこゝろおこさねどあまりに無情むじやうなるをつと所爲しよいうらめしくおもたるが武井たけゐはさる秘密ひみつ偶然ぐうぜんつまられしとは心付こゝろづか何氣なにげなきていにて歸宅きたくしたるにぞとめ子はしづかにの手紙ををつとまへしそれとはなしにちゝかへりをちわびもあるによそたのしみにいへわするゝとはあまりになさけなきおこゝろおんじられては流石さすが武井たけゐもギヨツとせしがさあらうていよそおひこの手紙てがみぬし鎌倉丸かまくらまる船客せんかくにてシヤートルより米國べいこくわたりし杉山すぎやま茂丸しげまるといふひと關係者くわんけいしやなるがわれ歸國きこくさい日本にほんおくとどけてよとたくされてともはかえりしものにてけつしてさるあやしき事情じじゃうあるにあらず全くまつた會社くわいしやようしばられて歸宅きたくおそなはりしなりと百はう辯解べんかいせしがなほとめうたがひをよしもなかりき

この著作物は1924年1月1日より前に発行され、かつ著作者の没後(団体著作物にあっては公表後又は創作後)100年以上経過しているため、全ての国や地域でパブリックドメインの状態にあります。