鎌倉丸の艶聞 (五)

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動

本文[編集]

武井(たけゐ)勘(かん)三郎(らう)は歸宅(きたく)してよりもそはして落着(おちつか)ず大方(おほかた)っは家(いへ)を外(そと)にして信子(のぶこ)の宿(やど)にのみ入浸(いりびた)り居(を)り信子(のぶこ)は又(また)外國(ぐわいこく)より歸(かへ)り來(きた)りし事(こと)さへ何方(いづかた)へも通知(つうち)せざるばかりか渡航(とかう)の際(さい)いろ世話(せわ)を爲(な)せし人々(ひと)にも顏出(かおだ)しせず又(また)歸(かへ)りしを聞傳(きゝつた)へて訪(と)ひ來(く)る人(ひと)にも面會(めんくわい)せず只(ただ)對山舘(たいざんくわん)の一室(しつ)に身(み)を隱(かく)して武井(たけゐ)と快樂(けらく)に耽(ふけ)り居(ゐ)たるが其内(そのうち)信子(のぶこ)は婦人病(ふじんびやう)にて大學病院(だいがくびやうゐん)に入院(にふゐん)せしに武井(たけゐ)は朝(あさ)八時(じ)より夜(よ)の十二時(じ)まで其傍(そのそば)に附(つ)き切(き)りの世話(せわ)介抱(かいほう)は殆’(ほとん)ど至(いた)れり盡(つく)せるものなれど家事向(かじむき)の事(こと)は一切(さい)放擲(ほうてき)して顧(かへり)みずとめ子(こ)は漸(やうや)く信子(のぶこ)との仲(なか)の疑(うたが)ひを堅(かた)くしそれとはなしに夫(をつと)に異見(いけん)せし事(こと)度々(たび)なれど勘(かん)三郎(らう)は其(その)都度(つど)空耳(そらみゝ)走(はし)らして聞入(きゝい)れざるのみかとめ子(こ)に對(たい)する處置(しよち)は次第(しだい)に手荒(てあら)くなり何事(なにごと)にも目角(めかど)立(たて)て叱(しか)りつけつひには手(て)を下(くだ)して打(う)ち叩(たゝ)く事(こと)もあり二言目(ふたことめ)には離緣(りゑん)するなどの事(こと)を口走(くちばし)るに至(いた)れるがとめ子(こ)は子(こ)に惹(ひか)さるゝ女(をんな)の情(じやう)何事(なにごと)にも我慢(がまん)に我慢(がまん)して柳(やなぎ)に風(かぜ)と受(う)け流(なが)しゐたるを勘(かん)三郎(らう)は中々(なか)に齒痒(はがゆ)く思(おも)ひいかにせばとめ子(こ)が愛想(あいそ)盡(つか)して自分(じぶん)より離緣話(りえんばなし)を持出(もちいだ)さんかとその仕向(しむ)けに苦心(くしん)し信子(のぶこ)との關係(くわんけい)も今(いま)は隱(かく)さんともせず現在(げんざい)の妻(つま)の前(まへ)にて其(その)情交(じやうかう)の程(ほど)を公言(こうげん)するに至(いた)りとめ子(こ)を邪魔者(じやまもの)扱(あつか)ひにすれどそれすらとめ子(こ)は堪(こら)へて何(なに)一(ひと)つ口應(くちごた)へせず唯々(はい)と聞居(きゝを)るには張合(はりあひ)拔(ぬ)け却(かへ)つて勘(かん)三郎(らう)の憎(にく)しみは增(ま)すに至(いた)り其後(そのご)は多(おほ)くは家(いへ)へ歸(かへ)りし事(こと)もなく信子(のぶこ)が病氣(びやうき)全快(ぜんくわい)して退院(たいゐん)するを待(ま)ち芝公園(しばこうえん)の靑龍寺(せいりうじ)といふに信子(のぶこ)の名前(なまへ)にて家(いへ)を借(か)りしは昨年(さくねん)十二月中(ちう)の事(こと)なりき其後(そのご)も勘(かん)三郎(らう)は我家(わがや)の家財道具(かざいどうぐ)より夜具(やぐ)布團(ふとん)の類(るゐ)に至(いた)るまで目欲(めぼ)しき品(しな)は殘(のこ)らず運(はこ)び來(きた)りしがとめ子(こ)は夫(をつと)が万(まん)一の改心(かいしん)を氣長(きなが)く待(ま)たんと諦(あきら)めてこれにも拒(こば)みさへ爲(な)さゞりし其(その)心中(しんちう)を察(さつ)すれば憐(あは)れなり妻(つま)がかくまでやさしき心懸(こ々ろが)けも戀(こい)に魅(み)せられし勘(かん)三郎(らう)の鬼心(おにごゝろ)は少(すこ)しも思(おも)ひやりの情(じやう)なくしてそれよりは一切(さい)我家(わがや)には歸(かへ)らず音信不通(いんしんふつう)に打過(うちす)ぎしがとめ子(こ)は幸(さいは)いに我(わ)が手(て)一(ひと)っつにて自活(じくわつ)の道(みち)の立(た)ち居(を)れば母子(おやこ)二人(ふたり)の活計(くらし)を立(た)つるにはさまで困難(こんなん)をも感(かん)ぜず至(いた)ちて節儉(つま)しく暮(くら)し居(を)れば相應(さうおう)の貯蓄(ちよちく)も銀行(ぎんかう)に預け(あづ)けあり情(なさ)けなき夫(をつと)の心(こゝろ)のいつかは和(やは)らぐ時(とき)もあらんと子(こ)を相手(あいて)に心細(こゝろぼそ)く過(すご)す内(うち)勘(かん)三郎(らう)はこれまでの酷(ひど)さ仕向(しむ)けに慊(あきた)らでや叉(また)もや一日臆面(おくめん)なく我家(わがや)に歸(かへ)り來(きた)り妻(つま)を欺(あざむ)きて金(かね)を持出(もちだ)せし一話(わ)あり

この著作物は1924年1月1日より前に発行され、かつ著作者の没後(団体著作物にあっては公表後又は創作後)100年以上経過しているため、全ての国や地域でパブリックドメインの状態にあります。