鎌倉丸の艶聞 (六)

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動

本文[編集]

勘(かん)三郎(らう)は一日絕へて音信不通(いんしんふつう)となり居(を)りし我家(わがや)へ歸(かへ)り來(きた)りしが前(まへ)とは變(かは)り打(う)ち萎(しほ)れたる樣子(やうす)にて妻(つま)のとめ子(こ)に打(う)ち向(むか)ひ一時(じ)は迷(まよ)いにてつらき仕打(しう)ちのみ爲(な)せし上(うへ)離緣(りえん)せよとまでいひしも今(い)まは夢(ゆめ)も覚(さ)めつく後悔(こうかい)の念(ねん)に堪(た)へずその生活(くらし)に追(お)はれて、この寒空(さむぞら)に外套(ぐわいとう)一(ひ)とつ買(か)へぬ境涯(きやうがい)も皆(みん)な自分(じぶん)から求(もと)めし事(こと)とて誰(た)れを恨(うら)まうやうも無(な)けれどこれよりは斷然(だんぜん)信子(のぶこ)の事(こと)は思(おも)ひ切(き)り今(いま)まで通(どほ)り家(いへ)にも歸(かへ)りべければ若干(いくら)かの貯(たくは)へもあらば外套(ぐわいとう)一枚(まい)買(か)ひたければ貸(か)してくれと哀(あは)れげに云(い)ふにとめ子(こ)も夫(をつと)がこの心(こゝろ)となりしは我(われ)よりも子供(こども)の仕合(しあは)せと心(こゝろ)の喜(よろこ)びに疑(うたが)ひの念(ねん)も起(おこ)さずいふまゝに二十何圓(なんゑん)の金(かね)を取出(とりいだ)せしに勘(かん)三郎(らう)は直(ただ)ちに其金(そのかね)を納(おさ)めて今(いま)より直(す)ぐに買(か)ひに行(ゆ)くといふ性急(せいきふ)にとめ子(こ)も別(べつ)に留(とめ)もせずそれならば久(ひさ)し振(ぶ)りにて子供(こども)も連(つ)れ行(ゆ)き何(なに)か手玩(おもちや)でも買(か)ふてやつて下(っくだ)されといはれ勘(かん)三郎(らう)も辭(いな)まれず小供(こども)を連(つ)れて共(とも)に家(いへ)を立出(たちい)でしが暫(しば)らく立(た)ちて小供(こども)は泣々(なく)我家(わがや)に歸(かへ)り來(きた)れるにぞとめ子(こ)は大(おほい)に怪(あや)しみて何(どう)した事(こと)ぞと問(と)へば途中(とちゅう)にて阿父(おとつ)さんに別(わか)れしといふにさてははぐれたる事(こと)ならんと夫(をつと)の歸(かへ)りを待(ま)てどもつひに歸(かへ)り來(きた)らざりしにぞ初(はじめ)て欺(だま)されしを知(し)り再(ふたゝ)び情(なさけ)なさの悲嘆(ひたん)の涙(なみだ)に暮(く)れたりといふ子(こ)迄(まで)ある妻(つま)を棄(す)て且(か)つ金を欺(あざむ)き取(と)るが如(ごと)き勘(かん)三郎(らう)が卑劣(ひれつ)なる心性(しんせい)はこの一事(じ)を以(もつ)ても察(さつ)せらるべしとめ子(こ)と勘(かん)三郎(らう)との間(なか)は通常(つうじやう)夫婦仲(ふうふなか)にはあらずしてとめ子(こ)の爲(ため)に幾度(いくたび)か其(そ)の窮迫(きうはく)を救(すく)はれし恩(おん)と義理(ぎり)に對(たい)しても普通(ふつう)の情(じやう)を有(いう)するものならば到底(たうてい)かゝる情(なさ)けなさ所爲(しよゐ)を妻(つま)に仕向(しむ)けらるべきにあらず今(いま)夫婦(ふうふ)が抑(そも)の初(はじ)めを記(しる)さんに勘(かん)三郎(らう)といふは慶應義塾(けいおうぎじゆく)出身(しゆつしん)で元姓(もとのせい)は外丸(とまる)といひ上州(じやうしう)舘林(たてばやし)の出生(しゅつせい)なるが明治(めいぢ)二十三年頃(ねんごろ)栃木(ときぎ)英學校(えいがくかう)の敎員(けうゐん)となり居(を)る内親(うちおや)と親(おや)との相談(さうだん)熟(じゆく)してとめ子(こ)を妻(つま)に迎(むか)へしがとめ子(こ)は佐賀藩(さがはん)にて女子師範學校(ぢよしゝはんがくかう)をも卒業(そつげう)して相應(さうおう)の學問(がくもん)もあり實家(じつか)は可成(かなり)の資産(しさん)もありしに嫁(か)せし當時(たうじ)は勘(かん)三郎(らう)は貧困(ひんこん)を窮(きは)め居(ゐ)たるに親元(おやもと)より金を貢(みつ)ぎて財政(ざいせい)の助(たす)けをせし事(こと)少(すく)なからず二十六年(ねん)五月中(ちう)勘(かん)三郎(らう)は東京(たうきやう)へ出(い)で益田(ますだ)英吉(えいきち)氏(し)の周旋(しうせん)にてクヰンスランドの移民(いみん)事業(じげふ)に従事(じうじ)し同地(どうち)に渡航(とかう)して三年(ねん)ばかりも居(を)りしが其間(そのあいだ)は無論(むろん)妻(つま)の許(もと)へは一文(もん)の金(かね)を仕送(しおく)らず却(かへ)つて時々(とき)の衣服(ふく)などをとめ子(こ)より仕送(しおく)り爲(な)し居(を)りし有樣(ありさま)なるもとめ子(こ)は幸(さいは)ひ身(み)に職(しよく)あれば家(いへ)には子供(こども)と夫(をつと)の妹(いもと)とを引受(ひきう)けて自分(じぶん)は高等小學校(こおうとうせうがくかう)敎員(けふいん)となりて生活(くらし)を立(た)て居(を)り勘(かん)三郎(らう)が二十九年中(ねんちう)歸國(きこく)せし時(とき)は二百圓(えん)ばかりの貯金(ちよきん)も出來(でき)ゐたるが勘(かん)三郎(らう)は家(いへ)に歸(かへ)りても其(その)當座(とうざ)は糊口(ここう)の道(みち)を求(もと)めんとは爲(な)さずして遊(あそ)び暮(くら)し且(か)つ酒(さけ)と女(おんな)の二道樂(だうらく)ある事(こと)とて妻(つま)が節儉(せつけん)の末(すえ)貯蓄(ちよちく)せし金(かね)も時(どき)の間(ま)に費消(ひせう)し盡(つく)すに至(いた)れり

この著作物は1924年1月1日より前に発行され、かつ著作者の没後(団体著作物にあっては公表後又は創作後)100年以上経過しているため、全ての国や地域でパブリックドメインの状態にあります。