鎌倉丸の艶聞 (七)

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動

本文[編集]

夫(をつと)思(おもひ)のとめ子(こ)はかくても猶(なほ)夫(をつと)を恨(うら)むの心(こゝろ)はさら無(な)く妻(つま)としての道(みち)を盡(つく)し居(ゐ)たるが其内(そのうち)勘(かん)三郎(らう)は郵船會社(いうせんぐわいしや)に入(い)り事務長(じむちやう)見習(みならひ)となり威海丸(ゐかいまる)に乗組(のりく)みしを初(はじ)めとして次第(しだい)に用(もち)ゐられて事務長(じむちやう)に昇進(しようしん)するに至(いた)り百圓餘(えんよ)の月給(げつきう)を得(う)るに至(いた)しりが其金(そのかね)も多(おほ))くは家(いへ)には入(い)れずして自分(じぶん)一人(ひとり)にて遣(つか)ひ棄(す)て家(いへ)の暮(くら)しは依然(いぜん)とめ子(こ)が某小學校(ぼうはうがくこう)の敎師(けうし)となりて得(う)る給料(きうれう)にて支(さゝ)へ居(ゐ)る有樣(ありさま)なるがこれさへとめ子(こ)は心(こゝろ)に懸(か)けず夫(おつと)は夫(をつと)家(いへ)は家(いへ)と活計(かつけい)の重荷(おもに)まで身(み)に負(お)ひて盡(つく)す殊勝(けなげ)なる心懸(こゝろがけ)に對(たい)しても勘(かん)三郎(らう)は充分(じうぶん)いたはりやらねばならぬ次第(しだい)に今回(こんくわい)の事(こと)の如(ごと)き所爲(しよゐ)をなして憚(はば)からぬ勘(かん)三郎(らう)が冷血(れいけつ)憎(にく)みても餘(あま)りあれど又(また)その事情(じゝやう)も具(つぶさ)に知(し)り悉(つく)しながら勘(かん)三郎(らう)と不義(ふぎ)の樂(たの)しみを續(つゞ)け居(を)る佐々木(さゝき)信子(のぶこ)の心情(しんじやう)も卑(いや)しむべし聞(き)く所(ところ)に依(よ)れば信子(のぶこ)には何人(なんびと)の種(たね)とも知(し)れぬ一人(ひとり)の子(こ)あり深(ふか)く秘密(ひみつ)に附(ふ)して里子(さとこ)に遣(や)り居(を)れりといふ事(こと)はまだ勘(かん)三郎(らう)も知(し)らざるならん況(ま)して廣氏(ひろしゝ)を夫(をつと)として猶(なほ)その上(うへ)勘(かん)三郎(らう)に迷(まよ)ひてその妻子(さいし)の泣(な)くをも知(し)らぬ顏(かほ)に打過(うちすご)す信子(のぶこ)が品性(ひんせい)の堕落(だらく)は聞(き)くさへも忌(いま)はしき心地(こゝち)す信子(のぶこ)はなほ曾(かつ)て鹿島(かじま)銀行員(ぎんかうゐん)となりて勸誘員(くわんいうゐん)たりし時(どき)は盛装(せいさう)して車(くるま)を八方(ぽう)に乘(の)り廻(ま)はし女流(ぢよりう)の身(み)にあるまじき蓮葉(はすは)なる真似(まね)を爲(な)し心(こゝろ)ある人(ひと)の指彈(つまはぢき)を受(う)けたる事(こと)ありといふさて冷血(れいけつ)なる松井(まつゐ)ママ〕勘(かん)三郎(らう)は目下(もくか)は博愛丸(はくあいまる)に乘(の)りて上海(しやんはい)へ渡航中(とこうちう)なりといふが其(その)出發(しゅつぱつ)に臨(のぞ)みて猶(なほ)此上(このうへ)にも憐(あは)れなる妻子(さいし)を苦(くる)しめんとてや自分(じぶん)に掛(か)け居(を)る保險金(ほけんきん)の受取人(うけとりにん)がとめ子との仲(なか)なる子供(こども)の名義(めいぎ)となり居(を)るを氣(き)にかけていかにもして其(その)名義(めいぎ)をも書替(かきかへ)させんととめ子(こ)に迫(せま)りし事(こと)ありしが其(その)まゝ片付(かたづか)ずして出帆(しゅつぱん)するに至(いた)りしといへば彼(かれ)が遠(とほ)からずして歸國(きこく)する上(うへ)は再(ふたた)びこの鬼々(おに)しき心(こゝろ)を以(もつ)ていかに現在(げんざい)の妻子(さいし)に嘆(なげ)きを掛(か)くる事(こと)ならん憐(あは)れむべきはとめ子(こ)母子(おやこ)といふべし猶(なほ)聞(き)く所(ところ)に依(よ)れば海外(かいぐわい)に在(あ)る廣氏(ひろしゝ)には其(その)親友(しんゆう)の某々(ぼう)手紙(てがみ)を以(もつ)て信子(のぶこ)の近狀(きんじやう)を具(つぶ)さに報(ほう)じ今(いま)の内(うち)に離緣(りえん)せひ方(かた)然(しか)るべからんと忠告(ちうこく)せしが信子(のぶこ)よりいかなる手紙(てがみ)を出(だ)し居(を)るにや容易(ようい)に友(とも)の忠告(ちうこく)を信(しん)ぜず亡(な)き信子(のぶこ)が母(はは)の今際(いまは)の遺言(ゆゐごん)を守(まも)りて飽(あく)まで信子(のぶこ)を妻(つま)と思(おも)ひ込(こ)み居(を)れりといふがそれにつけても信子(のぶこ)の如(ごと)きは色(いろ)を賣(う)る賤女(せんぢよ)にも劣(おと)りし女(をんな)といふべし猶(なほ)この後聞(ごぶん)は聞(き)くがまゝに再(ふたた)び記(しる)す事(こと)として暫(しばら)く彼等(かれら)が行爲(こうゐ)を窺(うかゞ)はん(完(おはり))

この著作物は1924年1月1日より前に発行され、かつ著作者の没後(団体著作物にあっては公表後又は創作後)100年以上経過しているため、全ての国や地域でパブリックドメインの状態にあります。