通俗正教教話/神様の啓示の事

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
wikisource:宗教 > カテキズム > 通俗正教教話

(二)神様のけいの事[編集]

問 正教せいけうくわいおしへてりまするおしへ何人なんびとつくったおしへ御座ございますか。

答 このおしへひとつくったおしへでは御座ございません、神様御自身が人間ひとにお啓示しめしになったおしへ御座ございます。

問 神様のお啓示しめしもうしますると、一体いったいことなので御座ございますか。

答 神様のお啓示しめしとは神様御自身が、人間にんげんものやうに神様をしんじて、やうに神様をうやまってかねばならぬものるかを人間ひとにおおしへになった、其事そのことかみのお啓示しめしもうすので御座ございます。

問 では其様そのやうな神様のお啓示しめし人間にんげん全体ぜんたいためにお啓示しめしになったので御座ございますか。

答 左様そうです、神様はみんなひとため其様そんなお啓示しめしをなされたので御座ございます、しかみんなひともうしましてもたれかれ悉皆みんな神様から直接じか其様そのやうなおしめしいただわけにはきませんので、神様は其様そんなお啓示しめしをなさるにはそれ相当さうたうひとをおえらびになって、其人そのひと真中まんなかいて人間ひと全体ぜんたいにおつたへになったので御座ございます。

問 何故なぜたれでもかれでも神様からぢかにお啓示しめしいただわけかないので御座ございますか。

答 それ人間ひとにはつみきたなものりますので、おそおほくて神様のまへられませんので御座ございます。

問 では神様から直接ぢかにお啓示しめし頂戴てふだいしたひともうしますと何様どん方々かたがたなので御座ございますか。

答 アダムとかノイとかアウラアムとかモイセイとかもうやうかたで、またおほくの旧約きうやく耶蘇降誕前はりすとすうまれしまへ)の言者げんしゃも神様のお啓示しめしけたので御座ございます、しかし神様のお啓示しめし其様そんかたにお啓示しめしになった事許ことばかりでなく沢山たくさんあるので御座ございますから、そのらないところかみひとりイイスス ハリストスみづかこのにおくだりになってそのらないところをお啓示しめしになり、その啓示しめしその弟子等でしらいただいて、こんそれみなひとつたへたので御座ございます。
此事このことをお使徒でし一人ひとりなるせいパエルがエウレイのひとおくったがみうちもうしてはれまするには『むかししばしばおほく方法はうはふもつて、言者げんしゃりてせんかたりしかみは、すえおいそのイイスス ハリストス)……にりてわれかたれり』(エウレイ一の一、二)と。

問 人間ひとは神様の特別とくべつのお啓示しめしけなければ神様をることは出来できないもので御座ございませうか。

答 いいえ、神様のお啓示しめしけなくっても、なかはなや、種々さまざまうつくしい立派りっぱな、ひとかんがへることの出来できない巧妙かうめうぜんようましたばかりでも神様がまことることはたしかることが出来できるのでります、しかこれもの神様かみうへおいあまちからのないものりますから、神様はひとため特別とくべつのお啓示しめしをおあたへになったのでります。