通俗正教教話/緒言

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
wikisource:宗教 > カテキズム > 通俗正教教話

通俗正教教話上巻(入門) 加島あきら編

(一)はしがき[編集]

問 神様のおよろこびになるやうひととなり、そしてまたつみためおちぶれりまするわたくしどもたましひあがなひくるには、いったいこといたしましたならばよろしいのでございませうか。

答 それにはさいしょまことの神様のなにものたるかをって、その神様がまことかいをおつくりになったかたり、またわれわれにんげんかしらわたくしどもをさめておでになるかたであるとことかたしんじ、そしてそのしんじんやうおこなひいたしましたならばよろしいのでございます。

問 なぜ神様によろこばれるにはしんじんだいいちひつえうなのでございますか。

答 なぜもうしまして、神様のことと、神様がおのれたよものちからになってくださことしんじなければ、神様によろこばれることをやうとおもつてもできないはなしではりませんか。(エウレイ十一の六

問 れではしんじんばかりればおこなひくってもよろしいのでございますか。

答 いえれはいけませんしんじんばかいくりましても、それつれふやうなおこなひりませんときには、そのしんじんは、いのちんだしんじんございます。(ヤコフ二の二十六

問 ではしんじんこれを教会のことばもうしまするとしんかうもうしますがそのしんかうとはことなのでございますか。

答 しんかうもうしまするものせいしとパエルおほせられましたとほり、ぶんが『のぞところかたみとめ、ざるところかたしやうつること』(エウレイ十一の一)でありました、つまりいままですこしもこといたこともないことかたしんずることで、ちやうわたくしどもきうものじっさいまるまりやうものるとか、つききうおなほしひとつるとかもうしますることただいたばかりでしんじまするやうことなのでございます。

問 がくもんしんかうとはふ関係をってり、べつりますものでございませうか。

答 がくもんあていたしますものおほくはことできますればさはることもできまするかいばんぶついていろいろしらべますることなのでりますが、しんかうあてこれまったちがってることもさはることもできないものただこころうとしんじんすることなのでございます。してがくもんさまざまものごとしらべてはじめてこのものくつってるとしんずるのでりますが、しんかうけっしてそんだるものではございません、ひとうだとおもったならばたれなんもうしませうが、かたってうごかないものでります、でりまするからがくもんただしらべることのできものごとうへばかりのものございますが、しんかうえないことにもちからってるものでございます。

問 なぜ教会のおしへしらべまするにがくもんばかりではいけないのでございますか。

答 それは教会のおしへなかなかおくふかものりまして、いくらひとちえひらけましてもがくもんではとてとてしられるものではりません、それございますからうしてもしんかうければおしへおくふかいことをることができません、じっさいがくもんわかるやうなおしへならばしんずるねうちおしへります、わたくしどもおしへがくもんではとてわかることのできないりっぱりっぱおしへであります、れでりますからげんしゃイサイヤもうされましたとほり『しんかうかったならばさとることはできないのでります。』(イサイヤ七の九

問 それではしんかうとはしうけうことばかりにひつえうなものでりますか。

答 いいえさうではりません、せいキリルはれましたとほり『しんかうただしんじゃばかりにひつえうなものではなく、教会外の人にもひつえうなものでりまして、すべなにごとをなすにしましてもしんかうかったならばなにひとじやうじゆするものではりませんこれたとへてますれば、ひやくしやうをやるにしましても、いたたねきっとえてむすぶとかたしんかうければ、いちにちだってはたはたらけたものではりませんし、ふねってどこかにくにしましても、ぶんってますふねちうなんせんせずかならぶんかうとおもみなとくとかたしんじてますからはじめてあんしんしてれますので、そんしんかうかったには、うしましていつちやうだってうみうへられるものではりません。