通俗正教教話/神律と誡命

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
wikisource:宗教 > カテキズム > 通俗正教教話

(二)神律しんりつ誡命かいめいのこと[編集]

りやうしんかみ十誡じっかい

問 ひとおこなひまするおこなひこれおこなひこれわるおこなひると『おこなひ』と『悪いおこなひ』とをべつして判断はんだんしまするにはなに標準めあてにして判断はんだんするので御座いますか。

答 その判断はんだん標準めあて人々ひとびと各々おのおのこころうちってりまする『りやうしん判断はんだん』と『神様のてになった法律おきて』とにるので御座います。

問 聖書には『りやうしん』の事をいて御座いますか。

答 ロマ書のうちいて御座います。
律法おきてたざる邦人ほうじん性にしたがひて法律おきてことおこなとき法律おきてたずといへどもみづかおのれ律法おきてたるなり、彼等は法律おきてわざそのこころめいせられたるをあらはれ彼等のりやうしん及びたがひあるひむるりょしようするところなり』(ロマ書二の十四、十五このことば一口ひとくちわかやすもうしますればことなので御座います『には神様のおてになった法律おきてでうらぬひとるがしか其様そのやうひとでもこころうち矢張やつぱり神様の法律おきてぜんわきまへて物事ものごとおこなってる、それ其人そのひとこころうちりやうしんものるからなのでる』

問 では其様そのやう立派りっぱりやうしんこころ法律おきて人々ひとびとるのに何為なぜ神様はまた法律おきて人々ひとびとさづけになったので御座いますか。

答 それ人々ひとびとりやうしん指揮さしづしたがはなくなったからむをそくもうけになったので御座います、聖書せいしょもうして御座いまするとほり、『律法おきてなんぞやつみゆえりてもうけられしもの』(ガラテヤ三の十九)なので御座います。

問 それでは其様そのやうな神様の法律おきて何時いつ如何どうして人々ひとびとに神様はおさづけになったので御座いますか。

答 これを神様がさづけになったのはモイセイだいことで御座いまして、エウレイ(ヘブライ)のたみひきひて埃及エジプトのがで神様のお約束やくそくなさったハナアンのむかひまするちうアラビヤのひろうちそびへてりまするシナイのやまおいかみみづかえんうちあらはれてモイセイさづけになりモイセイこれを二つのいしきざんでエウレイみんらせたので御座います。

問 その二つのいしきざまれた神様の法律おきて何様どのやう法律おきてで御座いますか。

答 それは次の様なじつでうおんいましめで御座います。
一 われしゅなんぢかみなりわれほかなんぢかみあるなし。
二 なんぢ自己おのれためなん偶像ぐうざうをもきざべからずまたかみてんものしもものならびしたみづなかものなん形状かたちをもつくべからずこれおがこれつかべからず。
三 なんぢしゅなんぢかみみだりくちとなふるなかれ。
四 安息やすみおぼえてこれ聖潔きよくすべし、むいあいだはたらきてなんぢ一切いっさいげふすべしなぬしゅなんぢかみ安息日あんそくじつ(スボタ)なればそのにはなん業務しごとをもべからず。
五 なんぢ父母ふぼうやまへ、なんぢ生命いのちながからんなり
六 なんぢひところなかれ。
七 姦淫かんいんするなかれ。
八 ぬすなかれ。
九 なんぢそのとなりひとたいして虚構いつはりしようつるなかれ。
十 なんぢその隣人となりいへむさぼなかまたなんぢとなりびとつまおよそのぼくうし驢馬うさぎうまならびすべなんぢ隣人となり所有ものむさぼなかれ。(出埃及記二十の一 - 十七

問 じやう十誡じっかいはイズライルみんに神様がむかしさづけになったおん誡命いましめで御座いまするのに今日こんにちでもわたくしどもまもらなければならぬいましめで御座いませうか。

答 ろんで御座います、このとを誡命いましめむかしイズライルみんとくに神様のおさづけになったものでは御座いますが、この誡命いましめ精神せいしんけつして今日こんにちでもかはってはらないので御座いますからわたくしども今日こんにちこの十誡じっかいまもって義務ぎむるので御座います。

問 我主わがしゅイイスス ハリストス十誡じっかいただしくまもるべきことにいておおしへになったことは御座いませんでせうか。

答 御座いますともしゅかつ一人ひとり少者わかものかってはれましたには『なんぢ生命いのちらんとほつせばいましめまもれ』(馬太十九の十七)として又しゅただ十誡じっかいでうまもばかりではなくすすんででう以外にむかしひとよりももつ立派りっぱに神様のいましめおこなふべきことをめいぜられたので御座いました(馬太五章参照)。