通俗正教教話/十誡の二区分

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
wikisource:宗教 > カテキズム > 通俗正教教話

(三)十誡じっかいぶん[編集]

(神に対する愛と人に対する愛)

問 モイセイ十誡じっかいふたつにぶんしましてこれ故意わざふたつの石版せきばんきざけましたのはなんためで御座います。

答 それ十誡じっかいうちふくまってりまするおんおしへおのづかわかれて二部分ふたつとなるからなので御座います、すなははじめの四か條は『神に対する愛』をべたものであとの六か條は『人に対する愛』をべたもので御座います、此事このこといては我主わがしゅイイスス ハリストスかつごとおしへられたことが御座います、なんぢこころつくたましひつくくしこころばせつくしてしゅなるなんぢかみあいせよいましめの第一にしておほいなるものなり第二はれにおなじきものすなはなんぢとなりあいすることおのれごとくせよふたついましめにはことごとくの律法りつぱふ言者げんしやかかれり(馬太二十二の三十七 - 四十)。

問 しゅことばうちりまする『となり』ともうしまするのは一体いったいたれことなので御座いますか。

答 『となり』ともうしまするのはなに門口かどぐちならべてんでひとばかりのことではなくすべての人間にんげんしたもので御座います。

問 それでは何為なぜらぬひとまでとなりもうすので御座いますか。

答 一体いったい人間にんげんもうしまするものはれでもかれでもみな一人ひとりの神様によってつくられ一人ひとりアダムからうまたもので御座いますからたがひいに兄弟けいていで御座います、畢竟つまりしゅとなりもうされましたのは『近親ちかづきもの』と意味いみなので御座います、しかおなじ『近親ちかづきもの』のうちにもまたおのづかちかいのとうといのとがりましておなおしへしんおなじ神様をちちとしていただいてりまするものなどは『近親中ちかいものちう近親ちかもの』ともうさねばなりませぬ。

問 十誡じっかいうちに『おのれあいす』べき誡命いましめいのはわけで御座いますか。

答 自己じぶんあいすることべつ誡命いましめがなくとも天性てんせいよつ人々ひとびとおのづかわきまへてりますので其様そのやう誡命いましめまったようなことで御座います、それで御座いますから神様も其様そのやういましめべつさづけにならなかったので御座います『ひといまおのれにくものらずすなはこれやしなこれあたたむ』(エヘス五の二十九)と。

問 神様にたいするあいとなりたいするあいおのれたいするあいとはそれおこなとき順序じゅんじょもつおこないづれさきにしいづれををあとにしなければなりませぬか。

答 それろんもうまでも御座いませぬ神様にたいするあい真先まっさきにしつぎとなりたいするあいおこなおのれたいするあい何時いつでも一番後いちばんあとにしなければなりませぬ、でまたぶんあいするおこなひをなすにしましてもただぶんことばかりをあたまかずしておのれあいするおこなひが神様のとなりためになるやうこころけねばなりませぬ、となりあいするおこなひまたおなじやうにそのおこなひただとなりばかりでなく神様のためにもまたなるやうこころけねばなりませぬ第三の神様をあいするおこなひこれこそ神様のばかりでってわたくしども専心せんしんせんかへりみずかみあいさなければなりませぬ。
ひと其友そのともため生命いのちつるはあいこれよりおほいなるはし』(イオアン十五の十三これぶんとなりたいするあいとが衝突しょうとつ)したあひとなりたいするあいさきにしなければならぬことをおしへたもので御座います、また聖書せいしょうちことばが御座います『ちちあるひははあいすることわれぐるものわれよろしからず、あるひむすめあいすることわれぐるものわれよろしからず』(馬太十の三十七)とこのことばとなりたいするあいかみたいするあいとの軽重けいじゅうしめしたものでかみたいするあいばんさきだって第一にしなければならぬことをおしへたもので御座います。

問 し神様の法律はふりつが以上べました二つの誡命いましめふくまってまうものとしましたならばなんためその誡命いましめを十箇條にけたので御座いますか。

答 それは神様ととなりたいするあいものであるかを一層いっそう明晰あきらかにするためで御座います。

問 それでは十誡じっかいうちべて御座いまする神様にたいするあいもうしまするとことで御座いますか。

答 これ十誡じっかいでういてもうしますれば第一だいいちまことの神様をみとめてこれあがうやまふこと(第一箇條)だいいつはりかみ排斥はいせきしてこれうやまはぬこと(第二箇條)第三だいさんまことかみようところみだりにとなへたりして神様の威厳いづきづつけぬやうくること(第三箇條)だいは神様をあがうやまときわすれずまたおのれはたらくべきときただしくまもること(第四箇條)で御座います。

問 それではとなりたいするあい十誡じっかいかく箇條についつまびらかにあかしますればことになるので御座いますか。

答 第一だいいちには父母ちちはは無論もちろんのこと兄弟けいていまいはじめとしわたくしどももっとしたしいひとうやまあいすること(第五箇條)だいにはひと生命いのちかかやうわるたくらみさぬこと(第六箇條)第三だいさんにはひととくきづつくるやうおこなひつつしむこと(第七箇條)だいにはひともの何物なにものによらずこれいためたりぬすんだりせぬやうこころくること(第八箇條)だいには行為おこなひばかりでなくくちうへでもひとのことを彼此かれこれわるはぬこと(第九箇條)第六だいろくにはくちばかりでなくこころうちでもひとものほしがったりひとそこなやうなことをかんがへたりなどしないこと(第十箇條)で御座います。

問 それでは十誡じっかいうちには自分自身のからだものたいする誡命いましめいので御座いますか。

答 いいえりますこの誡命いましめべつ項目かうもくにはかかげて御座いませぬがしかじっでう誡命いましめうちおのづかふくまってるので御座います。