通俗正教教話/十誡の二区分

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
wikisource:宗教 > カテキズム > 通俗正教教話

(三)じっかいぶん[編集]

(神に対する愛と人に対する愛)

問 モイセイじっかいふたつにぶんしましてこれわざふたつのせきばんきざけましたのはなんためで御座います。

答 それじっかいうちふくまってりまするおんおしへおのづかわかれてふたつとなるからなので御座います、すなははじめの四か條は『神に対する愛』をべたものであとの六か條は『人に対する愛』をべたもので御座います、このこといてはわがしゅイイスス ハリストスかつごとおしへられたことが御座います、なんぢこころつくたましひつくくしこころばせつくしてしゅなるなんぢかみあいせよいましめの第一にしておほいなるものなり第二はれにおなじきものすなはなんぢとなりあいすることおのれごとくせよふたついましめにはことごとくのりつぱふげんしやかかれり(馬太二十二の三十七 - 四十)。

問 しゅことばうちりまする『となり』ともうしまするのはいったいたれことなので御座いますか。

答 『となり』ともうしまするのはなにかどぐちならべてんでひとばかりのことではなくすべてのにんげんしたもので御座います。

問 それではなぜらぬひとまでとなりもうすので御座いますか。

答 いったいにんげんもうしまするものはれでもかれでもみなひとりの神様によってつくられひとりアダムからうまたもので御座いますからたがひいにけいていで御座います、つまりしゅとなりもうされましたのは『ちかづきもの』といみなので御座います、しかおなじ『ちかづきもの』のうちにもまたおのづかちかいのとうといのとがりましておなおしへしんおなじ神様をちちとしていただいてりまするものなどは『ちかいものちうちかもの』ともうさねばなりませぬ。

問 じっかいうちに『おのれあいす』べきいましめいのはわけで御座いますか。

答 じぶんあいすることべついましめがなくともてんせいよつひとびとおのづかわきまへてりますのでそのやういましめまったようなことで御座います、それで御座いますから神様もそのやういましめべつさづけにならなかったので御座います『ひといまおのれにくものらずすなはこれやしなこれあたたむ』(エヘス五の二十九)と。

問 神様にたいするあいとなりたいするあいおのれたいするあいとはそれおこなときじゅんじょもつおこないづれさきにしいづれををあとにしなければなりませぬか。

答 それろんもうまでも御座いませぬ神様にたいするあいまっさきにしつぎとなりたいするあいおこなおのれたいするあいいつでもいちばんあとにしなければなりませぬ、でまたぶんあいするおこなひをなすにしましてもただぶんことばかりをあたまかずしておのれあいするおこなひが神様のとなりためになるやうこころけねばなりませぬ、となりあいするおこなひまたおなじやうにそのおこなひただとなりばかりでなく神様のためにもまたなるやうこころけねばなりませぬ第三の神様をあいするおこなひこれこそ神様のばかりでってわたくしどもせんしんせんかへりみずかみあいさなければなりませぬ。
ひとそのともためいのちつるはあいこれよりおほいなるはし』(イオアン十五の十三これぶんとなりたいするあいとがしょうとつ)したあひとなりたいするあいさきにしなければならぬことをおしへたもので御座います、またせいしょうちことばが御座います『ちちあるひははあいすることわれぐるものわれよろしからず、あるひむすめあいすることわれぐるものわれよろしからず』(馬太十の三十七)とこのことばとなりたいするあいかみたいするあいとのけいじゅうしめしたものでかみたいするあいばんさきだって第一にしなければならぬことをおしへたもので御座います。

問 し神様のはふりつが以上べました二つのいましめふくまってまうものとしましたならばなんためそのいましめを十箇條にけたので御座いますか。

答 それは神様ととなりたいするあいものであるかをいっそうあきらかにするためで御座います。

問 それではじっかいうちべて御座いまする神様にたいするあいもうしまするとことで御座いますか。

答 これじっかいでういてもうしますればだいいちまことの神様をみとめてこれあがうやまふこと(第一箇條)だいいつはりかみはいせきしてこれうやまはぬこと(第二箇條)だいさんまことかみようところみだりにとなへたりして神様のいづきづつけぬやうくること(第三箇條)だいは神様をあがうやまときわすれずまたおのれはたらくべきときただしくまもること(第四箇條)で御座います。

問 それではとなりたいするあいじっかいかく箇條についつまびらかにあかしますればことになるので御座いますか。

答 だいいちにはちちははもちろんのことけいていまいはじめとしわたくしどももっとしたしいひとうやまあいすること(第五箇條)だいにはひといのちかかやうわるたくらみさぬこと(第六箇條)だいさんにはひととくきづつくるやうおこなひつつしむこと(第七箇條)だいにはひとものなにものによらずこれいためたりぬすんだりせぬやうこころくること(第八箇條)だいにはおこなひばかりでなくくちうへでもひとのことをかれこれわるはぬこと(第九箇條)だいろくにはくちばかりでなくこころうちでもひとものほしがったりひとそこなやうなことをかんがへたりなどしないこと(第十箇條)で御座います。

問 それではじっかいうちには自分自身のからだものたいするいましめいので御座いますか。

答 いいえりますこのいましめべつかうもくにはかかげて御座いませぬがしかじっでういましめうちおのづかふくまってるので御座います。