通俗正教教話/愛の実行

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
wikisource:宗教 > カテキズム > 通俗正教教話
▲愛のこと

(一)愛の実行[編集]

<< しんあいとの関係 >>

問 神様をまことしんじたるクリスチヤニンいかなることをなさねばなりませぬか。

答 それまことあいあらはし、それてきおうするおこなひをなさねばなりませぬ、いくら神様をしんじましてもあいあいてきごふするやうおこなひすこしもさなかったならば、そのしんかうまったんだしんかうなんやくにもたないので御座います、せいしょことやうもうして御座います。
ハリストス イイススりては……ただあいもつおこなしんえきあり』(ガラテヤ五の六)。
ひとみづかしんありとひておこなひなくばなんえきらん、しんかれすくふか……けだしたましひなきからだせるものなるがごとおこなひなきしんまたせるものなり』(イアコフ公書二の十四、二十六)。

問 それではあいあいかなおこなひばかっても神様にたいするしんかうかったならばうで御座いませう。

答 そのときそのおこなひまったうそおこなひになってまうので御座います。なんとなれば神様をしんじないひとおこなひいくらおこなひをなしてもつねに『ひとめらるるめ』とか『えきめ』とか『しやうめ)』とかりこしゆわるぶんこもってりまするのでまことおこなひにならないので御座います、せいしょもうして御座いまするには『しんなければかみよろこばるるあたはず』(エウレイ十一の六)とじつしんかうがなくしておこなおこなひここもうしてりまするとほけつして神様によみせらるるものでは御座いません。

問 それではおこなひはぬあいうで御座いませうか。

答 そのやうおこなひはぬやうあいまことあいでは御座いません、まことあいりまするなればかならそれおこなひあらはるるのはぜんすうで御座います。
しゅイイスス ハリストスひとびとおしへてもうされましたには『いましめたもちてこれまもものすなはわれあいするものなり……ひとわれあいせばことばまもらん』(イオアン十四の二十一、二十三)とせいしとイオアンも『われあいするにことばもつてしあるひしたもつてするすなはちおこなひじつとをもつてすべし』(イオアン一公書三の十八)とおしへてりまする、で御座いまするからわたくしどもつねおこなひもつぶんあいしょうつることをつとめなければなりませぬ。