通俗正教教話/信経/第二か條

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
wikisource:宗教 > カテキズム > 通俗正教教話

(二)第二か條[編集]

またしんひとつしゅイイススハリストスかみ独生ひとりよろづさきちちよりうまれ、ひかりよりのひかりまことかみよりのまことかみうまれしものにてつくられしにあらず、ちち一体ひとつにして萬物ばんぶつかれつくられしを』

問 『イイススハリストスかみ独生ひとり』とひまするのはなんこと御座ございますか。

答 イイススもうしまするのは『すくひぬし』と意味いみ御座ございましてわたくしどもすくひぬしなるかみじやうにおくだりになりましたときもうげたおまへ御座ございまして、ハリストスとは『あぶらけられたるもの』と意味いみで、むかし言者げんしゃじやうにおくだりになる神様かみさま御子みこあらかじたてまつったおまへ御座ございます、『かみ独生ひとり』ともうしまするのはせい三者さんしゃだいくらい左様さうもうぐるので御座ございます。

問 れではイイススまへだれなづけたもので御座ございますか。

答 ガウリイル神様かみさまのお使つかひなづけたもので御座ございます。

問 何故なぜ神様かみさまだい二位にいでありまするかみイイススもうあげるので御座ございますか。

答 それひとすくふがためこのにおうまれになったからで御座ございます。

問 『あぶらけたるもの』ともうしまするのはなんこと御座ございますか。

答 『あぶらけたるもの』ともうしまするのは、むかしエウレイ(ヘブライ)こくでは皇帝くわうていとか司祭しさいちやうとか言者げんしゃとかもうしまするものそのしょくきまするときにはそのかうべあぶらそそいで神様かみさまおん恩恵めぐみ其人そのひとくだやうにおいのりしたもので御座ございます、れで御座ございまするからハリストスもうしまする名前なまへかみ御子みこばかりにもうげたお名前なまへではいので、むかし皇帝くわうていや、言者げんしゃや、司祭しさいちやうをも左様さうもうしたので御座ございます。

問 何故なぜそれではかみを『あぶらけられしもの』ともうすので御座ございますか。

答 それ神様かみさま御子みこなるイイスス皇帝くわうてい司祭しさいちやう言者げんしゃのなす職分しょくぶんみんなちになっておでになったからで御座ございます。

問 イイススハリストスを『しゅ』とふのはわけなので御座ございますか。

答 イイススハリストスまこと神様かみさまって人間ひとをさめておでになるからで御座ございます。

問 何故なぜイイススハリストスを『かみ独生ひとり』ともうしぐるので御座ございますか。

答 それ神父かみちち本体ほんたいよりうまれたるものイイススハリストスよりほか一人ひとり御座ございませぬのでもうしげただい御座ございます。

問 それでは聖書せいしょうちイイススハリストスかみ独生ひとりもうしてところ御座ございますか。

答 沢山たくさん御座ございます、ここひとふたれいげてませうなれば、新約聖書のイオアン福音ふくいんうちに『ことば(神様の第二位のことで御座います)は肉体にくたいとなりて我々われらうちりたり恩寵おんちょう真実まこととにてられたり、われかれ光栄さかえたりちち独生ひとりごと光栄さかえなり』〔一の十四〕『かみひといまつてあらず、ただ独生ひとりちちふところものかれあらはせり。』〔一の十八此他このほかにも沢山たくさん御座ございます。

問 信経しんけいうちかみよろづさきちちよりうまれ』ともうしますることば意味いみなので御座ございますか。

答 これはかみちちよりうまるるとへば、其生そのうまれないさきにはかみかったであらうなどとやうものないやういたので御座ございまして、畢竟つまりその意味いみもうしますればかみ永遠えいえんかみことは、神父かみちち永遠えいえん神父かみちちであるとおなじで、けっしてときだの、くなるときだのものい、何時いつつねものであると意味いみなので御座ございます。

問 『ひかりよりのひかり』とふのはなんこと御座ございますか。

答 『ひかりよりのひかり』ともうしまするのは、このひかりさまりて、かみちちよりうまるるさまあかしたもので御座ございます、ひかりひかりみなもとからるもので御座ございますが、そのひかりそのひかりみなもととはすこしもことなったところがなく矢張やはりふたともひかりりまするやうに、神父かみさまからうまれまするかみ矢張やはりかみ御座ございまして、このふたつのものべつわかつことの出来できひとつのかみなので御座ございます。

問 『まことかみよりのまことかみ』とふのは意味いみなので御座ございますか。

答 これ矢張やはりかみ神父かみちちふたつともすこしもことなったところのないまことかみるとふことををしへたもので、畢竟つまりかみ神父かみちちおなかみであるとふことをもうしたもので御座ございます。一体いったいこのまことかみよりのまことかみ』ともうしますることば聖書せいしょうちからりましたものでこのことばみなもとイオアン一書いっしょの『かみきたりてわれひかりおよ智慧ちえあたへたり、われまことかみりて、そのまことイイススハリストスらんためなり、すなはまことかみおよ永遠えいえん生命いのちなり』〔五の二十〕とことば御座ございます。

問 信経しんけいうちに、かみうまれしものにて、つくられしにあらず』とことばへて御座ございまするのはわけなので御座ございますか。

答 これアリイ(アリウス)とものかみ矢張やはり神父かみちちつくられたものでるなどとけいなことをもうしたことが御座ございまするので、其説そのせつためへたことば御座ございます。

問 『ちち一体いったいにして萬物ばんぶつかれつくられしを』ともん解釈かいしゃくしたならばよろしう御座ございませうか。

答 『ちち一体いったい』とまへいくもうしましたからぞんじて御座ございませうが、かみ神父かみちちひとつの神体しんたいるとの意味いみ御座ございまして、此事このことついてはイイススハリストスしんも『われちちとはひとつなり』〔イオアン十の三十〕ともうされたことが御座ございます、『萬物ばんぶつかれりてつくられしを』とことばこのかい神様かみさまがおつくりになりまするときかみをしてすべてものをおつくらしめになったこともうしたので御座ございます、此事このこと聖書せいしょに『萬物ばんぶつかれりてつくられたり、およつくられたるものにはひとつかれらずしてつくられしはし』〔イオアン一の三〕ともうして御座ございます。